Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

自分らしい住まいを手に入れるために <建て替え編1>

まずは建て替えのプロセスを把握して 〝やるべきこと〟と〝頼むこと〟を理解する

住まいをそろそろ建て替えたいが、どんなプロセスで進むのかがわからない。
そのために、なかなか建て替えをする決心がつかないというケースが意外に多い。
ここではまず、そのプロセスを把握して心の準備に役立てよう。

_O4H8791ok.jpg

住まいへの要望を整理して住宅メーカーと二人三脚を

現在住んでいる住宅を建て替えるには、住宅を新たに購入するだけの資金が必要になることから、一大決心となるはずだ。また、さまざまな事情から、建て替えをしたいと考えてはいても、実際にはどんなプロセスで、どれだけの時間がかかるのかなど、その具体的な流れがわからずに不安になることも多いだろう。

建て替えのプロセスを大きく分けると、情報収集、商談、仕様の打ち合わせ、工事といった流れになる。ここで大切なのは、自分たちでやるべきことと、住宅メーカーという専門家が担当することをしっかりと理解することだろう。

_O4H8799ok.jpg

自分たちでやるべきことのポイントは、まずは建て替え後の住宅について明確なイメージを持つことである。そのためには、現在の住宅に対する不満や、建て替え後の住宅に求めるものを整理する。また展示場を見学したり、雑誌やインターネットなどから情報を収集するなどしながら、徐々にイメージを固めていく。同時に、無理なく調達できる資金について、おおまかな概算予算を組み立てることも、自身がやるべきことのひとつとなる。

_O4H8821ok.jpg

そして住宅メーカーを選定後は、専門家としてのアドバイスを積極的に活用する。敷地調査やマスタープランの提案、それに対する見積など、納得がいくまでしっかりと相談するのが肝要だ。
住宅メーカーとの契約後は、さらに二人三脚で進めていくことになる。マスタープランをもとに、予算とのすり合わせをしながら、仕様などの細部を打ち合わせ る。実際の工事がはじまってからも、場合によっては仕様変更が必要になることもあるため、適宜相談しながら進めていく。

_O4H9594ok.jpg

建て替えは、すでに土地があるだけで、一軒の家を自分たちでつくるエネルギーが必要になる。信頼のできる住宅メーカーとタッグを組んで、納得できる建て替えをしたいものである。

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP