Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

住まいの建て方・買い方「土地から購入編」

敷地もプランも自由に選べ、オーダーメイドの住まいづくりができます。

自分の好きなように自由に家をつくれるのが、土地を購入してから家を建てる最大のメリット。郊外の閑静な住宅地や便利な都市部など、住みたいエリアや関心のあるエリアのなかから理想の土地を探せます。建物も間取りや外観デザインを検討して、オーダーメイド感覚で住まいづくりができます。

メリット1
自分の家を最初から手がけられる!
メリット2
施工時期やプランも自由に計画できる!
メリット3
オーダーメイドの住まいづくりができる!

土地探しをはじめる前に、進め方や注意点を知っておきましょう。

【ポイント1】希望する建物を考えながら土地の良し悪しを判断しよう。

土地には建物のプランニングや費用に影響を与えるさまざまな要素があります。一見、条件が良さそうな土地でも希望通りの建物が建てられなかったり、逆に条件が悪そうに見えてもプランニング次第で満足できる暮らしが実現することもあります。土地選びの際には土地だけで良し悪しを判断しないことが大切です。

【ポイント2】土地と建物は一緒に計画しよう。

土地から購入の場合、土地と建物の契約は別々になりますが、ローンはまとめて組むのが基本。「土地+建物」で計画しておかないと住宅ローンが組めない場合がありますので、建物の計画も合わせて進めておきましょう。住まいづくりにかかる総額や支払い方法の情報も入手できるため、全体の計画が明確になります。

【ポイント3】建物条件が付いているか確認しよう。

不動産広告などで目にする「建築条件付き」。この場合は、売主あるいは売主が指定した建築会社に家の工事を発注しなければなりません。一般的に土地の売買契約から3ヶ月以内に工事請負契約を結ぶ条件となる場合が多いようです。家のプランは原則として自由なので、希望にかなった住まいづくりが可能です。

【ポイント4】仲介手数料っていくらかかるの?

多くの場合、土地取引の際には仲介手数料がかかります。手数料は宅地建物取引業法で「土地代金の3%+6万円+消費税」が上限と定められています。不動産広告などでは「媒介(仲介)」と記載されているので確認しておきましょう。なお、売主から土地を直接購入する場合などは仲介手数料がかからないこともあります。

【ポイント5】購入を決める前に建物の専門家に相談しよう。

気に入った土地が見つかったら、購入前に建物の専門家に相談してみましょう。建物を建てるうえでの問題点を把握でき、そのうえで物件購入の意思決定をすることができます。住宅メーカーなら、住まいづくりの希望をかなえる土地の見極め、建物のプランニング、資金計画までトータルに任せることができて安心です。

厄を払って開運祈願!お正月詣りに行こう

古くから、年の初めや人生の転換期には、神社やお寺にお参りする風習が継承されてきました。新しい年も、健康で豊かに暮らせるよう身を清め、たくさんの福を招き入れたいものです。

新しい1年への祈りを込めて、「厄」の考え方を知ろう。

平安時代には、すでに日本に伝わっていた中国の陰陽道に由来する考え方に、「厄年」と言われるものがあります。これは、災いが降りかかりやすい年とされ、その期間は身の周りのことに、例年以上に気を配り、身を慎むように、と古くからいわれてきました。

一般的に、厄年は男性と女性とで異なり、数え年で数えるのが習わしです。数え年とは、生まれたばかりを1歳とし、それ以後、1月1日を迎えるごとに1歳ずつ増やしてゆく年齢の数え方です。それぞれ、本厄の前年を前厄、本厄の翌年が後厄といい、その3年間は普段の暮らしや健康に、より一層の気配りが大切だといわれ、それぞれの年初に、厄除け・厄払いを受けるといいといわれています。

厄年の中でも、とくに男性の42歳と女性の33歳は、大厄と呼ばれ、最も注意が必要だといわれています。男女ともに、大きな変化が起こりやすい年齢であることから、心身ともに変化を受けやすいときだといわれています。

みなさんもご自身やご家族について、思い当たる節があれば、これを機にメディカルチェックを受けるなど、身体に気を遣うことも厄年の意義の一つかもしれません。また、お寺や神社で厄除け祈願を行うことで、大難が小難、小難が無難に、さらには、厄が転じて福となるともいいます。

こうした先人からの言い伝えを心に留めながら、厄年ではなくても幸せに暮らせるよう、新年の開運祈願に出かけてみてはいかがでしょうか。

img_20121220_2_02.jpg

開運招福 3つの作法

1. 厄除け・厄祓い

【内容】

災いをもたらす罪や穢れを祓うため、身を清め、お祓いを受けます。
普段着よりもスーツなどの正装で清潔にしておきます。

【時期】

お正月や旧正月など、その年の始めや誕生日など。
初詣と一緒に済ませても構いません。

【場所】

厄除けで有名なお寺や神社。
生まれた場所から近い神社。
今住んでいる場所から近い神社など。

2. 厄落とし

【内容】

大事なもの(賽銭やお餅等)をわざと落とす。
ご馳走をふるまい、他人に得をさせて自分が損をする、災厄を自らつくりだし、厄を減らす(落とす)。

【時期】

厄除け・厄払いのお参りをしたとき。

【場所】

お寺や神社でお金などを落とす(賽銭として)。
ご馳走をふるまうときは、自宅が良いでしょう。

3. お守りを持つ

【内容】

神社でお守りやお札を買い、普段から持ち歩いたり、飾る。
長いものや、うろこ模様のもの、七色のものを身に付けると、身代わりになってくれる。

【時期】

厄年の一年間。

【お守り代わりとなるもの】

男性 ... ネクタイ、ベルト、財布(うろこ模様)など
女性 ... 帯、財布、ネックレスなど

ホワイト&ゴールドを基調にぬくもりのある空間を実現

[愛知県稲沢市 Mさま邸]

名古屋市郊外の幹線道路沿いに、ひときわ目を引く真っ白な家がMさま邸です。

新築を考えていた際、ご夫妻が特に興味をもったのがハイブリッド住宅の外観でした。ニューセラミックの外壁は、彫りの深いテクスチャーが特徴で、白さのなかに独特の表情をつくり出しています。また、鉄骨ラーメン構造のユニット工法は耐震性・断熱性・遮音性に優れ、柱や梁がないためデザインの自由度が高いことも、ハイブリッド住宅を選んだ理由でした。

Mさま邸は外観だけではなく、室内も徹底的に白にこだわっています。玄関の扉を開けると、真っ白な光沢のある床や壁面に飾られたシルバーの美しいミラーが迎えてくれます。1階のダイニングキッチンにはやわらかな色合いの無垢材が敷き詰められ、空間全体を温かい印象にしています。

リビングはアイボリーのタイル敷き。ユニット工法ならではの大開口設計を活かし、大きな窓と吹き抜けの高い天井がリビングをより明るく広く見せています。しかも庭はリビングの床と同じ高さに白いタイルと芝生が配置されているため、リビングと連続した一体感が生まれています。

加えてご主人がこだわったのが、白に対するアクセントカラーでした。とかく白は清楚な美しさをつくり出すものの、多用すると少し冷たい印象になりかねません。そこで、要所要所に効かせているのがゴールド系のカラーです。

たとえば、リビングには真鍮色のファブリックに包まれた落ち着きのあるソファが置かれ、ダイニングには光沢のあるシックなゴールドに張り替えたチェアをセット。さらにダイニングとリビングの床の仕切りなども、細いゴールドのパーツで縁取りされています。照明器具にもゴールドを基調としたものが使われ、空間全体がより温かな印象となっています。

以前の住まいはモノトーンのモダンなスタイルだったことから、新しい家ではそうした無機質なイメージではなく、むしろ自然でぬくもりのある空間にしたいとの願いがありました。

「自分たちのこだわりを丁寧に聞いていただけました。レイアウトはもちろん、使用するパーツの一つひとつに至るまで、何度も打ち合わせを重ねた結果、納得のいく住まいができたことに心から満足しています」とご夫妻。

ご家族の賑わいと寛ぎが伝わってくる素敵なMさま邸でした。

どんなふうに付き合う?子どものプライバシー(2)

AERA with Kids ☓ ミサワホーム

子どもを「まるごと」観察するのが大切

親子の信頼関係においては、情報公開は大事なことです。できればそれをフェアに行うことが望ましく、事前に「心配なときは持ち物をときどき見るからね」と伝えるなど、最低限のルールを設けるのもいいかもしれません。

そのうえで、子どもがなにかを隠すなら、なぜ隠すのかを考える必要があります。隠し事は悩み事のサインのひとつではありますが、持ち物からだけでそれを探るのではなく、生活態度や体調も含め、子どもを「まるごと」観察することからサインをキャッチすることが大切です。

朝なかなか起きてこない、食欲がない、勉強が手につかない、家族に対して反抗的になるなど、子どもをまるごと見守ることで、サインを見逃さないようにすることが重要なのです。

そして多くの親御さんが、工夫をしながら声をかけていることも、アンケートの結果からわかりました。「最近食欲がないようだけど、なにかあった?」「勉強に身が入らないのは、どうしたのかしら?」と声をかける以外にも、「子どもと二人きりで話す」あるいは「あえて深刻そうに言わない」など、子どもの気持ちを考えながら話しています。あくまでもフェアに、子どもと対等な立場で言葉をかけることが大事だということがわかります。

子どもたちに聞きました!

東京都内の2つの小学校で4年生から6年生に聞きました。
インタビュー内容は子どもの状況に応じて配慮して構成しています。
『AERA with Kids』より

Q. 親に絶対に見られたくないものは?
●交換日記。先に「見るよ」って言われてもイヤ(6年女児)
●80点位上とれなかったときのテスト(5年女児)

Q. チェックされたときはどんな気持ち?
●なんか疑われているのがいや(5年女児)
●冗談じゃないって思った(5年女児)
●ヤダ。秘密のものが入っている場所を触られるのはイヤだ(5年女児)

Q. 親に見られないために工夫してる?
●携帯はチェックされるから、見られてイヤなメールはあまりしない(5年女児)
●携帯を見られるから、秘密の事を書くと消去しなきゃいけないから大変。あの子嫌いだな〜とか、お母さんへの怒りのメールとか(5年男児)

Q. イヤという気持ちを親に伝えた?
●言わない。めんどくさいし、長い話になる(5年女児)
●「メール見るのやめてよ」って言ったら、「携帯はアンタのものじゃないのよ」って言われた。「言えないようなこと、メールに書くんじゃないわよ」って(5年女児)
●「見ないで」って言っても、夜中とか勝手に見られてる(5年男児)
●お母さんに「友だちからの手紙を見るのをやめて」と言ったら、「落ちてるのがいけないんです」だって(5年女児)

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP