Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

住まいの建て方・買い方「土地から購入編」

敷地もプランも自由に選べ、オーダーメイドの住まいづくりができます。

自分の好きなように自由に家をつくれるのが、土地を購入してから家を建てる最大のメリット。郊外の閑静な住宅地や便利な都市部など、住みたいエリアや関心のあるエリアのなかから理想の土地を探せます。建物も間取りや外観デザインを検討して、オーダーメイド感覚で住まいづくりができます。

メリット1
自分の家を最初から手がけられる!
メリット2
施工時期やプランも自由に計画できる!
メリット3
オーダーメイドの住まいづくりができる!

土地探しをはじめる前に、進め方や注意点を知っておきましょう。

【ポイント1】希望する建物を考えながら土地の良し悪しを判断しよう。

土地には建物のプランニングや費用に影響を与えるさまざまな要素があります。一見、条件が良さそうな土地でも希望通りの建物が建てられなかったり、逆に条件が悪そうに見えてもプランニング次第で満足できる暮らしが実現することもあります。土地選びの際には土地だけで良し悪しを判断しないことが大切です。

【ポイント2】土地と建物は一緒に計画しよう。

土地から購入の場合、土地と建物の契約は別々になりますが、ローンはまとめて組むのが基本。「土地+建物」で計画しておかないと住宅ローンが組めない場合がありますので、建物の計画も合わせて進めておきましょう。住まいづくりにかかる総額や支払い方法の情報も入手できるため、全体の計画が明確になります。

【ポイント3】建物条件が付いているか確認しよう。

不動産広告などで目にする「建築条件付き」。この場合は、売主あるいは売主が指定した建築会社に家の工事を発注しなければなりません。一般的に土地の売買契約から3ヶ月以内に工事請負契約を結ぶ条件となる場合が多いようです。家のプランは原則として自由なので、希望にかなった住まいづくりが可能です。

【ポイント4】仲介手数料っていくらかかるの?

多くの場合、土地取引の際には仲介手数料がかかります。手数料は宅地建物取引業法で「土地代金の3%+6万円+消費税」が上限と定められています。不動産広告などでは「媒介(仲介)」と記載されているので確認しておきましょう。なお、売主から土地を直接購入する場合などは仲介手数料がかからないこともあります。

【ポイント5】購入を決める前に建物の専門家に相談しよう。

気に入った土地が見つかったら、購入前に建物の専門家に相談してみましょう。建物を建てるうえでの問題点を把握でき、そのうえで物件購入の意思決定をすることができます。住宅メーカーなら、住まいづくりの希望をかなえる土地の見極め、建物のプランニング、資金計画までトータルに任せることができて安心です。

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP