Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

家族の誰もが自然に家事に参加できる工夫で楽しく暮らす住まい

[福島県 Sさま邸]

広いアイランド型キッチンとウォークインクロゼット

Sさま邸は、ご夫妻と小学6年生から生後2カ月までのお子さま5人が暮らしている。7人の大家族が住むには十分な広さのあるSさま邸だが、お子さまが多いだけに家事をいかにスムーズにこなせる住まいにするか、それが新築時のひとつのテーマだったという。

そこでまずキッチン。中央に作業台のあるオープンなアイランド型キッチンは、とにかく広く、収納もたっぷりある。しかもシンク、IHクッキングヒーター、食洗機がそれぞれ2台ずつ備えられている。シンクや食洗機は、食器用と鍋やフライパン用に分けて、大量に発生する洗い物を処理しやすくするためだ。また一方のシンクや食洗機の片付けが間に合わない場合でも、もう一方で作業ができるのもメリットとなっている。中央の作業台には収納もあり、ここを中心に家族みんなで食事の準備をするという。

またユニークなのが、ウォークインクロゼットの位置である。ウォークインクロゼットは、ふつうなら寝室の隣にあることが多い。ところがSさま邸の場合は、1階の洗濯機置き場のすぐそばにある。洗濯が終わると、浴室乾燥機や廊下、洗面所などに干し、乾いたらそれらをウォークインクロゼットにどんどん収納していく。洗濯機、干し場、収納がまとまった場所に集中していることから、短い距離の移動だけでたくさんの洗濯物が処理できるというわけだ。

さらに、実際に暮らしてみて便利だと感じているのが、駐車場から出入りができる勝手口だという。ここはキッチンやパントリーと直結しているため、車から荷物の移動がスムーズで、収納もすぐにできる。家族の出入りは、この勝手口が中心になっているという。もちろん、メイン玄関にも広いシューズクロゼットが備えられてあり、靴だけではなく、よく利用するコートなども掛けられるようになっている。

広いSさま邸も、家事が必要な場所に効率よく作業ができる工夫を施すことで、移動や時間を短縮することができている。また、育児や家事に積極的なご主人をはじめ、お子さまたちもよくお手伝いをする。Sさま邸は、家族が自然に家事参加できる住まいといえる。

住まいの建て方・買い方「分譲住宅編」

分譲住宅なら、自分の目で確認でき、すぐに暮らせます。

実際に建っている家を購入して、そのまま住める分譲住宅。間取りをはじめ、インテリアや廊下の幅、庭やガレージ、隣家との距離、陽当たりまで、自分で見て触れて体感できるため、納得したうえで購入できます。引渡し完了後は、すぐに入居できるため、工期の遅れや仮住まいの家賃なども心配いりません。販売価格は土地と建物の合計額なので、総額が一目瞭然。予算に合わせて住まいを選べます。

メリット1
住まいを自分の目で確認できる!
メリット2
購入後すぐに住むことができる!
メリット3
住まいの総予算が明確!

自分らしく、将来も安心して暮らせる住まいを選びましょう。

【ポイント1】家族のライフスタイルで選ぼう。

分譲住宅は、部屋の広さや間取り、設備、コンセントの数にいたるまで、一棟一棟ごとに異なるもの。家族構成や自分たちのライフスタイルから、いちばん暮らしやすい家を選ぶことが大切です。子育て世代のご家族なら、子どもの知性や感性を育む工夫や親子の絆を深める提案があるか、などもポイントです。

【ポイント2】採光・通風の工夫を確かめよう。

風の流れや日差しまで考えて設計されているかも大切。風の入口を低く、出口は高くする「温度差換気」や冬の日差しは招き入れ、夏の直射日光は遮る「軒の出」のデザインなどをチェックしてみましょう。自然と共生する家なら夏涼しく、冬暖かく暮らせ、エアコンなどの光熱費も抑えられます。

【ポイント3】基礎や構造を自分の目で確認しよう。

分譲住宅は完成した建物を確認してから購入できる反面、建築過程を確認できません。基礎や構造体、断熱や白アリの対策など、外からでは見ることのできない部分は、同じ施工会社が建築中の別の建物でチェックしておくと安心です。すでにご入居の方に、住み心地などを聞ける見学会も参考になります。

【ポイント4】メンテナンスや保証をチェックしよう。

ずっと住み続ける家だからこそ、サポート体制は重要なポイント。基礎や床、屋根といった構造体への長期保証制度や維持管理制度はもちろんのこと、定期点検をきちんと実施しているか、地震や災害など万一のときの対応はどうか、といったアフターサービス・メンテナンスもしっかりとチェックしておきましょう。

【ポイント5】性能や品質が信頼できるか見極めよう。

住まいの性能を見極める「住宅性能表示制度」も目安の一つとなります。住宅会社ごとに異なる性能を"共通の基準"で判断。耐震性や耐火性をはじめ、劣化対策や省エネルギー対策など、さまざまな項目を等級や数値で表示します。公正な第三者機関が客観的に評価するため、より安心のできる住まい選びができます。

家族で楽しむバレンタインデー

バレンタインデーはキリスト教の聖人、バレンタインの記念日です。日本では女性が男性にチョコレートを贈って思いを伝えるという習慣となっています。それは1958年(昭和33年)新宿のデパートでチョコレート会社が女性から男性にチョコレートを贈るキャンペーンを行ったのが始まりで、主な買い物客が女性であることや、当時アメリカのウーマン・リブ運動の影響を受け、女性が恋愛の主導権を握ろうというムードがあったからとされています。バレンタインデーは愛する人に"愛しています"と伝える日、大切なのは素直な思いを伝えることですね。

神々の食べ物から家族みんなの元気の素へ

チョコレートの起源は古く、古代メキシコのアステカの王様が、不老長寿のためにカカオ豆をすりつぶして飲んでいたのが始まりだとか。以来、秘薬として珍重されたチョコレートにはがんや動脈硬化など、さまざまな病気の原因といわれる活性酸素の働きをおさえる物質「ポリフェノール」が赤ワインや緑茶よりもはるかに多く含まれています。また、大腸がんの予防にも有効といわれる食物繊維が豊富で、疲労回復やストレス緩和の効果も見られるなど、健康へのさまざまな効果が認められています。

このような美味しくて健康増進効果も期待できるチョコレート。バレンタインデーを機会に手作りチョコレートにチャレンジしてみましょう。

たっぷりの愛情を込めて、ご家族で甘いひとときを

美味しく作るコツは、たっぷりの愛情を込めること。ココアパウダーやナッツをまぶすなど、簡単なことであれば子供達も喜んで手伝ってくれるはずです。そしてカカオ分の多いクーベルチュールチョコレートや生クリームなど、使う素材はできるだけ高品質な物を選ぶことがもう一つのコツです。

さらに、楽しく食べる工夫として、フルーツや飲み物を用意して組み合わせましょう。切り分けてお皿にのせたチョコレートのお菓子には、イチゴ、キウイ、オレンジ、フランボワーズなど甘酸っぱく彩りもあざやかなフルーツを添えると、味、見栄えともにグレードアップします。

飲み物は、濃い目にいれたコーヒーがよく合いますが、ときにはワインやシャンパンと一緒に楽しむのもおすすめです。子供達には、クーベルチュールチョコレートを湯せんで溶かして、温めた牛乳と混ぜ合わせた、ホットチョコレートを用意してあげてはいかがでしょうか。市販のココアとはひと味違う濃厚な味わいになります。

子供の頃から本物の味にふれることは、「食」を通じて心身を育む『食育』の観点からも大切なことです。


この冬、愛情たっぷりの手作りチョコレートを囲んで、ご家族そろって甘く楽しいひとときを過ごしてみてはいかがでしょうか。

お気に入りに囲まれたい だから好きなものは自分でつくる チャーミングな家

[熊本県 Tさま邸]

ディテールにこだわったあたたかい空間づくり

ごくシンプルな外観ながら、ディテールに目をやると、なにやら独自のこだわりを感じさせるのがTさま邸である。

塗りムラを活かした外壁、玄関へ続く階段脇のサインボード、芝生の向こうに見える小さな白い塀や扉。屋外だけでも、あちこちにそのこだわりを見つけることができる。もちろん、屋内にもそうした楽しいディテールがいっぱいだ。

1階はキッチン、ダイニング、リビングが連続する広い空間。でもどこかが違うと目を凝らすと、なるほど屋内の壁も塗り壁風クロスが張られ、床もまた木目風クロスで覆われている。柱や梁にも木の風合いを取り入れ、空間をあたたかいものにしている。

デザインプランを牽引したのは奥さま。最初のイメージはアメリカのTVドラマ「大草原の小さな家」だったという。塗り壁や木の風合いにこだわるのは、そうしたカントリー調のナチュラルな味わいが好きだから。そしてもうひとつ「お気に入りに囲まれて暮らしたい」というのが願いだった。

とはいえ、必ずしも「お気に入り」が簡単に手に入るわけではない。そこで、得意の手づくりインテリアが活躍する。たとえば、キッチンとダイニングを仕切る壁の可愛らしい棚やCDを置く棚、パソコンデスクなど、数えるときりがない。ここまでくると、手づくりは立派な趣味のひとつだ。もちろん、外のサインボードなども奥さまの作品。ちなみにパソコンデスクはご主人との合作だ。

Tさま邸は、そうした手づくりインテリアが壁や床と調和して、ここだけのチャーミングな空間になっているのが特徴だろう。

絵を描いたり、雑誌を見せたり、あの手この手でこだわりを提示し、そのたびに根気よくプランを練り直す。そんなコラボレーションが容易に想像できる家づくり。Tさまのこだわりを実現するにふさわしい職人も家づくりに参加してもらったという。

妥協せずに、とことん自分流を貫いたことがTさま邸のポイントだ。お気に入りの中で過ごす、家族とのあたたかい時間。そんな素敵な時間が見えるような空間に、またひとつ異なる趣味の家を見たようである。

子どもの本音を引き出すために「聞き上手」な親になろう! (1)

AERA with Kids ☓ ミサワホーム

子どもの話をしっかりと聞いているつもりでも、きちんとコミュニケーションがとれていないと感じることはありませんか?子どもは本来的に自分の話を聞いて欲しいと思っています。その願いが叶わないことが繰り返されると、いつしか本音で話すことをあきらめてしまいがち。今回は子どもの本音を引き出す「聞き上手」になるためのお話です。

かみ合わないコミュニケーションの一因は?

自分の話をあまり聞いてくれないと感じることが繰り返されると、子どもは不満がたまり、本音で話すことをあきらめるようになります。不満の表れには個人差がありますが、親に反発する、黙り込む、なかには親が求める答えを予想して話を合わせるといった子どももいます。そこには、お互いに話す気も聞く気もあるのに、今ひとつかみ合わない、親子のコミュニケーションがあるのではないでしょうか。

意外に自分じゃ気づかない「聞き下手」タイプチェック!

当てはまる項目にチェックを入れてみましょう。もっとも多いチェックシートがあなたの「聞き下手」タイプです。

Check Sheet 1
  • 「いつ?」「誰と?」などと話の細部を必ず聞く
  • 子どもが学校で何をしているかは何でも知りたい
  • 「要はこういうこと?」と話を先取りすることが多い
  • 子どもが相手でも、話に矛盾があれば指摘したくなる
  • 子どもが何か隠しごとをしているのではないかと、つい疑ってしまう
Check Sheet 2
  • 昔から「話が面白いね」とよく言われる
  • 友だちと話すときは、たいてい自分のほうが多くしゃべっている
  • 相手の話が長いとイライラする
  • 思いついたことがあると、その場ですぐ話さないと気が済まない
  • 「独り言が多い」と言われたことがある
Check Sheet 3
  • 物事は常に論理的に考えたい
  • 世の中の善悪は、親が教えなくてはならない
  • 子どもの行儀が悪いときは、人前でも関係なく叱る
  • 人に相談されたら、具体的な解決策をアドバイスする
  • 話の白黒をはっきりさせたい
Check Sheet 4
  • 見ていなくてもテレビをつけていることがよくある
  • 複雑な相談を持ちかけられると、つい話をそらしたくなる
  • 「人それぞれ」「いろいろだから」とよく口にする
  • 子どもに「ちゃんと私(ぼく)の話を聞いてる?」と聞かれることが多い
  • 食事中でも受信メールがあればチェックする
Check Sheet 5
  • 「ちょっと待って」が口グセ
  • 子どもが話していても、家事に追われて聞けないことが多い
  • せっかちだと言われることがある
  • もっと自分の時間が欲しいと思う
  • 家事も育児も仕事も、完璧にこなしたい

印刷用チェックシートはこちら(pdf 形式)

次回のコラムでは「聞き下手」タイプ別傾向と対策をお送りします。

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP