Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

住まいの建て方・買い方「分譲住宅編」

分譲住宅なら、自分の目で確認でき、すぐに暮らせます。

実際に建っている家を購入して、そのまま住める分譲住宅。間取りをはじめ、インテリアや廊下の幅、庭やガレージ、隣家との距離、陽当たりまで、自分で見て触れて体感できるため、納得したうえで購入できます。引渡し完了後は、すぐに入居できるため、工期の遅れや仮住まいの家賃なども心配いりません。販売価格は土地と建物の合計額なので、総額が一目瞭然。予算に合わせて住まいを選べます。

メリット1
住まいを自分の目で確認できる!
メリット2
購入後すぐに住むことができる!
メリット3
住まいの総予算が明確!

自分らしく、将来も安心して暮らせる住まいを選びましょう。

【ポイント1】家族のライフスタイルで選ぼう。

分譲住宅は、部屋の広さや間取り、設備、コンセントの数にいたるまで、一棟一棟ごとに異なるもの。家族構成や自分たちのライフスタイルから、いちばん暮らしやすい家を選ぶことが大切です。子育て世代のご家族なら、子どもの知性や感性を育む工夫や親子の絆を深める提案があるか、などもポイントです。

【ポイント2】採光・通風の工夫を確かめよう。

風の流れや日差しまで考えて設計されているかも大切。風の入口を低く、出口は高くする「温度差換気」や冬の日差しは招き入れ、夏の直射日光は遮る「軒の出」のデザインなどをチェックしてみましょう。自然と共生する家なら夏涼しく、冬暖かく暮らせ、エアコンなどの光熱費も抑えられます。

【ポイント3】基礎や構造を自分の目で確認しよう。

分譲住宅は完成した建物を確認してから購入できる反面、建築過程を確認できません。基礎や構造体、断熱や白アリの対策など、外からでは見ることのできない部分は、同じ施工会社が建築中の別の建物でチェックしておくと安心です。すでにご入居の方に、住み心地などを聞ける見学会も参考になります。

【ポイント4】メンテナンスや保証をチェックしよう。

ずっと住み続ける家だからこそ、サポート体制は重要なポイント。基礎や床、屋根といった構造体への長期保証制度や維持管理制度はもちろんのこと、定期点検をきちんと実施しているか、地震や災害など万一のときの対応はどうか、といったアフターサービス・メンテナンスもしっかりとチェックしておきましょう。

【ポイント5】性能や品質が信頼できるか見極めよう。

住まいの性能を見極める「住宅性能表示制度」も目安の一つとなります。住宅会社ごとに異なる性能を"共通の基準"で判断。耐震性や耐火性をはじめ、劣化対策や省エネルギー対策など、さまざまな項目を等級や数値で表示します。公正な第三者機関が客観的に評価するため、より安心のできる住まい選びができます。

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP