Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

住まいの建て方・買い方「まち選び編」

家を選ぶことは、まちを選ぶこと。
環境や景観がすぐれた、価値の高まるまちを選びましょう。

【ポイント1】いいまちは、トータルデザイン。

美しいまち並みを見ると幸せな気分になるもの。統一性のある建物や外構のデザインは大切なポイント。自然の地形や植生をいかしたり、シンボルツリーや植栽を取り入れると、まち全体が緑あふれる環境に。敷地の区画割りや建物配置の工夫で、隣どうしが快適に暮らせるように配慮されたまちもあります。

【ポイント2】いいまちは、地球にやさしい。

「微気候デザイン」を取り入れたまちなら、四季を通じて心地よく暮らせます。微気候とは、住まいとその周辺に限った局地的な気候のこと。街路の植栽を計画的に行うことなどで、日射や通風、気温などをコントロールできます。地域によって異なる風の流れにも配慮されているかなどを確認しましょう。

【ポイント3】いいまちは、コミュニティが育つ。

安心して暮らせるまちかどうかは重要なポイントです。ご近所づきあいのあるまちなら不審者をすぐに見分けられ、高い防犯効果を期待できます。コミュニティを育む集会所や広場をはじめ、フットパス(歩行者専用の小道)、ボンエルフ(車の速度を抑える工夫)といった安全面への工夫もチェックしましょう。

【ポイント4】いいまちは、味わいが深まる。

住み始めたときはきれいでも、住み続けるとともに時代遅れになったり、見栄えが悪くなったりするようでは困ります。10年先、20年先まで考えて植栽計画がされているか、建物の外壁やデザインに風格を増す工夫があるか、など歳月とともにエイジングするように考えられているまちが理想的です。

【ポイント5】いいまちは、資産価値が高まる。

暮らす人が愛着をもてるまちは、住む人とともに成長していきます。そこには新たな価値が生まれ、魅力もアップ。暮らすことが誇りになるまち、誰もが住みたくなるまちなら、将来の資産価値も高まります。グッドデザイン賞やまち並み賞など会社の実績も参考にしながら、本当に価値あるまちを選びましょう。

寒い季節にはホットドリンクを楽しむ

寒い季節には欠かせない温かい飲み物。体ばかりか心までも温もりを与えてくれます。
美味しく、健康や美容にも効果のあるホットドリンクについてご紹介します。

"温かい"は健康の素

美味しいだけでなく、体を内側から温めてくれるホットドリンクは、血行を良くし細胞に十分な栄養・酸素・水分をゆき渡らせ、免疫力も高めてくれる効果があります。どんな種類がどんな効果をもたらしてくれるのか、ご紹介しましょう。

風邪の予防にはしょうが湯を飲むとよいと言われています。風邪予防の第一歩は、体を温めて栄養をとること。しょうがの辛み成分は血行を良くし、体を温めて発汗を促してくれます。栄養分の消化吸収も良くなります。しょうが湯は飲みづらいという方には、甘いミルクティーにしょうがを入れた「ジンジャーチャイ」がおすすめです。子どもたちも喜んで飲んでくれることでしょう。また牛乳には安眠効果もあります。

ちょっと疲れたかな、と思ったら「レモネード」はいかがでしょうか。レモンに含まれるクエン酸はエネルギー代謝を活発化させ、疲労を回復させてくれます。蜂蜜の甘みは体をリフレッシュさせてくれます。

気分を和らげてくれる代表的なホットドリンクに、「ハーブティー」があります。香りにはアロマテラピー効果があり、ブレンドすることでさまざまな香りと味を楽しめます。

美肌ドリンクとでも呼びたいホットドリンクのひとつに「マシュマロココア」があります。ココアに含まれるポリフェノールは、活性酸素の働きを抑え美肌づくりにも効果があるといわれています。またゼラチンや卵白から作られるマシュマロにも美肌効果のあるコラーゲンが多く含まれています。コクのある甘さを楽しめ、美容や健康にもよい飲み物です。

美白に効果を持つビタミンCがたっぷりのホットドリンクに「ローズヒップティー」があります。ビタミンCはレモン果汁の約20倍あり、コラーゲンの生成を助ける働きもあります。そのほかビタミンAやE、カルシウム、鉄分なども豊富に含まれています。ノン・カフェインなのでお休み前の一杯にもおすすめです。
ご家族の健康、そして美容のために、ホットドリンクを楽しんでみませんか。お好きなホットドリンクをお気に入りのカップに入れて冬のひと時を過ごす、寒い日に心まで温まるちょっと幸せな時間です。

微気候デザインを採り入れた 明るく心地のよい都市型住宅

[東京都足立区 Iさま邸]

住宅街に位置するIさま邸は、キューブ状の外観が印象的です。白い外壁に、正方形をモチーフにしたサイズの異なる窓がランダムに配置されているのも、外観に素敵なアクセントを添えています。

都内の住宅街のなかでコンパクトな敷地に建つIさま邸は、居住空間をより広く、明るく、心地よいものにするために、さまざまな工夫が凝らされていました。3階建てのIさま邸は、1階はご夫妻の寝室や水回り、2階にリビングやダイニングといったパブリックスペース、3階が子ども部屋という空間構成。なかでもリビングとダイニングが印象的でした。リビングの扉を開けると、まっ先に目に飛び込んでくるのがキッチン。

白くて広いワークトップ、その奥にあるシックなツートンカラーのビルトイン収納は、まるでインテリアのように美しく、Iさま邸のこだわりのひとつとなっています。正方形をモチーフにした収納は、奥さまが収納するものをすべてリストアップし、そのサイズや種類を考慮したうえでつくられたオリジナル。ワークトップに隣接してダイニングテーブルが設置され、効率のよい家事動線も実現しています。

南側に面したリビングには、開口部の配置に工夫が施されています。南側の大きな開口部のほかに、吹き抜けの上にはトップライトを設置。さらに階段空間との間にも大きな窓をつくることで、ここからも光が入ってくる仕かけです。 そのためリビングは、多方向からの光が空間全体に程よく注がれ、いつでも心地よい明るさを確保しています。
同時に、開口部やトップライトを開けると、風がダイニングやリビングを通って上方へと抜けていき、気温の高い時期でも冷房を使用せずに心地よく過ごすことができるといいます。

これは、自然の力を巧みに利用した「微気候デザイン」を採り入れたもの。光と風の通り道をつくることで、自然エネルギーだけでもより快適になるという好例でしょう。また、もうひとつ印象的なのが、階段です。ここも吹き抜けになっているため圧迫感がなく、リビングと外側に面した大きな窓があることで、明るさも十分に確保されています。

特にリビング側の窓は、階段からリビングの様子が見え、逆にキッチン側からも階段を利用する姿が見えるため、ご家族がそれぞれに気配を感じることができると好評です。ほかにも、2階の床に敷き詰められた無垢のかりん材、白い塗り壁、キッチン以外にも豊富にある収納、3階の明るく開放感のある子ども部屋など、Iさまご夫妻のこだわりが随所に生きています。
コンパクトな敷地ながら、広さと明るさを十分確保したIさま邸は、これからの都市型住宅のひとつのお手本になるのではないでしょうか。

 

子どもの本音を引き出すために「聞き上手」な親になろう! (2)

AERA with Kids ☓ ミサワホーム

親子のコミュニケーションでは、子どもが「話す側」、親が「聞く側」が多いはず。子どもの話を聞くときに、毎日同じ台詞を繰り返していませんか?気がつくといつも同じ返事をしていませんか?また根掘り葉掘り聞きすぎたり、つい聞き流してしまったりといったことはありませんか?

話を聞くときのクセがすれ違いの一因に

自分では気づかなくても、人によって聞くときのクセがあり、それがかみ合わないコミュニケーションの一因にもなっています。まずは自分を見つめ直し、子どもと本音を話すことができる豊かな会話を心がけたいものです。

「聞き下手」タイプ別傾向と対策

前回のチェックシートでもっとも多く当てはまったのが、あなたの典型的なタイプ。ほかにも複数のチェックが入ったタイプがあれば、その傾向もありますので要注意。
「警察官」タイプになっているとしたら、親子の会話に「赤信号」がともっているようです

1が多い人は 気づくと詰問口調 警察官 タイプ
  • 話の細部を正確に知りたいあまりに、普通に聞いているつもりでも、詰問するような口調になりやすいようです。知らず知らずのうちに自分の価値観を押しつけてしまい、子どもの話す意欲を削いでしまうことも。
  • このタイプは親のユーモアが不足しがち。意識して明るい言葉を使ってみましょう。
2が多い人は 聞いているつもりで語っている 語り部 タイプ
  • 聞き役では物足りず、ついつい自分中心に話してしまうタイプ。会話が盛り上がっているときはいいのですが、子どもの話をさえぎってしまわないよう注意が必要です。
  • どうせ語るなら、自分の周りの出来事より、子どもの気持ちに共感して「うれしい」「残念」など感情を表現するようにしましょう。
3が多い人は 子どもの話を一刀両断 裁判官 タイプ
  • 常に冷静沈着。わが子の話であっても、できるだけ客観的に聞く姿勢を持つタイプ。ささいないたずらも社会通念上の善悪で評価しがちで、子どもにはちょっと息苦しい思いをさせているかもしれません。
  • ときには自分の判断基準をおいて、子どもに「自分はこう思うけど、あなたはどう?」と聞いてみるのもいいでしょう。
4が多い人は 何だかいつも上の空 トンネル タイプ
  • 何ごとにもたんぱくな性格で、悪気なく当たり障りのない受け答えをしてしまいがち。子どもの話にもあまり興味を持てず、「ちゃんと聞いてるの?」と言われやすいタイプです。
  • 友だちとゆっくり話す時間を設け、相づちを打ったり、じっくり人の話を聞いたりする練習をしてみませんか。
5が多い人は そもそも聞ける状態にない おおわらわ タイプ
  • 単純に時間がなくて、上手に話を聞くことができないタイプ。何か作業をしながらの会話がかみ合わないコミュニケーションを生んでいます。なんでも完璧にこなそうとする人に多いタイプです
  • たまには外食にするとか、家事代行を頼んでみるなど、人の助けを借りることを厭わず、子どもと向き合う時間をつくりましょう。

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP