Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

子どもの本音を引き出すために「聞き上手」な親になろう! (2)

AERA with Kids ☓ ミサワホーム

親子のコミュニケーションでは、子どもが「話す側」、親が「聞く側」が多いはず。子どもの話を聞くときに、毎日同じ台詞を繰り返していませんか?気がつくといつも同じ返事をしていませんか?また根掘り葉掘り聞きすぎたり、つい聞き流してしまったりといったことはありませんか?

話を聞くときのクセがすれ違いの一因に

自分では気づかなくても、人によって聞くときのクセがあり、それがかみ合わないコミュニケーションの一因にもなっています。まずは自分を見つめ直し、子どもと本音を話すことができる豊かな会話を心がけたいものです。

「聞き下手」タイプ別傾向と対策

前回のチェックシートでもっとも多く当てはまったのが、あなたの典型的なタイプ。ほかにも複数のチェックが入ったタイプがあれば、その傾向もありますので要注意。
「警察官」タイプになっているとしたら、親子の会話に「赤信号」がともっているようです

1が多い人は 気づくと詰問口調 警察官 タイプ
  • 話の細部を正確に知りたいあまりに、普通に聞いているつもりでも、詰問するような口調になりやすいようです。知らず知らずのうちに自分の価値観を押しつけてしまい、子どもの話す意欲を削いでしまうことも。
  • このタイプは親のユーモアが不足しがち。意識して明るい言葉を使ってみましょう。
2が多い人は 聞いているつもりで語っている 語り部 タイプ
  • 聞き役では物足りず、ついつい自分中心に話してしまうタイプ。会話が盛り上がっているときはいいのですが、子どもの話をさえぎってしまわないよう注意が必要です。
  • どうせ語るなら、自分の周りの出来事より、子どもの気持ちに共感して「うれしい」「残念」など感情を表現するようにしましょう。
3が多い人は 子どもの話を一刀両断 裁判官 タイプ
  • 常に冷静沈着。わが子の話であっても、できるだけ客観的に聞く姿勢を持つタイプ。ささいないたずらも社会通念上の善悪で評価しがちで、子どもにはちょっと息苦しい思いをさせているかもしれません。
  • ときには自分の判断基準をおいて、子どもに「自分はこう思うけど、あなたはどう?」と聞いてみるのもいいでしょう。
4が多い人は 何だかいつも上の空 トンネル タイプ
  • 何ごとにもたんぱくな性格で、悪気なく当たり障りのない受け答えをしてしまいがち。子どもの話にもあまり興味を持てず、「ちゃんと聞いてるの?」と言われやすいタイプです。
  • 友だちとゆっくり話す時間を設け、相づちを打ったり、じっくり人の話を聞いたりする練習をしてみませんか。
5が多い人は そもそも聞ける状態にない おおわらわ タイプ
  • 単純に時間がなくて、上手に話を聞くことができないタイプ。何か作業をしながらの会話がかみ合わないコミュニケーションを生んでいます。なんでも完璧にこなそうとする人に多いタイプです
  • たまには外食にするとか、家事代行を頼んでみるなど、人の助けを借りることを厭わず、子どもと向き合う時間をつくりましょう。

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP