Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

美しく収納するインテリア雑貨

お気に入りの小物や、暮らしに必要なものをおしゃれに飾る「見せる収納」。収納雑貨をうまく取り入れれば、お部屋はすっきり、センスアップします。

快適に暮らすための「収納」

「収納」というと、一般的には「見せない」イメージをもちますが、コレクションや小物、よく使うものを、インテリアの一部のようにして飾る「見せる収納」という方法があります。すっきりとした室内で、空間の美しさに配慮した「見せる収納」を追求していくと、快適に暮らすためのスタイルが見えてきます。

部屋をすっきりさせるために

すっきりとした部屋づくりをするためには、上手な片付けがポイントになります。
家族が集まるリビングでは、必要のないものは自分の部屋に持ち帰ることを習慣にして、置くものを最小限にとどめます。
普段必要なものは、きちんと「置く場所」をつくることです。新聞や雑誌は、マガジンラックなどを利用して、置く場所をつくると分かりやすくなります。そして、古くなった新聞や雑誌はこまめに整理します。

収納雑貨を上手に取り入れる

また、サニタリースペースや玄関などでも、ものの位置を決め、必ずもとに戻すようにすると、お部屋はいつも片付いた状態になります。必要なものが分かり、置く場所をつくったら、それをセンスよく収納することがポイントになります。その演出をしてくれるのが、インテリア性のある「収納雑貨」です。
収納雑貨を選ぶ場合は、部屋の広さや家族の生活動線、置く場所などを考慮して選びます。

例えば、テレビのリモコンは、操作するソファの近くに置き場所をつくるのが合理的です。サイドテーブルをソファの横に置いて、リモコンを乗せれば、手が届きやすく、戻すのも簡単です。片付ける場所を示すサインにもなりますし、片付ける行為を習慣化させることにもつながります。また収納雑貨は、機能性に加え、デザイン性の高いものを選びたいものです。

玄関には、すらっとした形のコートハンガーを置いてみてはいかがでしょう。帰宅後、コートを掛ける場所として、コートが掛かっていない時でも、素敵なオブジェとして、訪れる人に好印象を与えることでしょう。キッチンなどの機能性が優先される空間でゴミ箱なども「見せる」ことを意識して、デザイン性に優れた、すっきりしたものを選んで置いてみてはいかがでしょうか。部屋がきれいになれば、片付けるのも楽しくなるという相乗効果も期待できます。

インテリア性の高い収納雑貨は、すっきりした空間に置くことで、「見せる収納」を実現します。お気に入りの収納雑貨を取り入れて、お部屋のセンスアップに役立ててみませんか。

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP