Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

住宅展示場を見学するポイントは?

住宅展示場には、各住宅メーカーの建物が並び、目移りしてしまうことも多いかもしれません。何をどう見たらいいのか迷うことも多いはず。今回は見学のポイントについてご紹介します。

建てたい住まいをイメージしておく

住宅展示場では、各住宅メーカーの建物のほとんどが現在もっとも力を入れている住宅ですから、最新の設備が備わり、素敵なインテリアで彩られた空間がそこにはあります。
また、展示場の住宅は、ある意味「理想」的な空間をつくっています。間取りしかり、設備しかり、そしてインテリアしかり。見た住宅がそのまま建てられるということは少ないかもしれません。

そうした理想をより現実的な目で見るためには、家族で「建てたい家のイメージ」をある程度明確にしておくことが大切です。そのためには、将来も含めてのライフスタイルについて、しっかりと把握しておかなくてはなりません。
また、現在の住まいに対しての不満部分について洗い出すことも必要です。手狭なのか、使い勝手が悪いのか、あるいは二世帯住宅を考えているのか。それらを考えたうえで、建てたい家をイメージする。加えて、家族の誰が、何を必要とし、どんな暮らしがしたいのか、家族それぞれの思いを反映させたイメージをもつことも重要となります。

同時に、「いつ、どのぐらいの予算で建てるのか」ということについても話し合っておきたいものです。「なんとなく」建てようかなと漠然とした気持ちで展示場へ行くと、ついつい気持ちが大きくなってしまったり、営業担当者のセールストークにのせられてしまったり・・・。
まずは自分たちの建てたい家に対し、中身、時期、予算などを頭に入れながら見学することが大切なポイントといえます。

目には見えない構造や性能を要チェック

では、実際の住宅展示場では何をポイントに見学したらいいのでしょう。ある調査によると、来場者の7割が1日に見て回れる限界は3件程度と答えているそうです。見学には、時間も体力も使うということなのでしょう。
それだけに、建てたい家をイメージすることがより大切になってきます。なぜなら、そのイメージが見るべきポイントを絞り込んでくれるからです。

外観のデザインなのか、間取りなのか、家事動線なのか、あるいは素材の質感や色なのか。住宅メーカーのなかには、間取りや設備機器、インテリアなどを通して、ライフスタイルそのものを提案しているケースもありますから、その場合には、それが自分たちに合っているかどうかもポイントになるでしょう。
そしてぜひチェックしてほしいのが、目には見えない住まいの構造や性能です。東日本大震災以降、災害に強い家を求める人が急増しています。各住宅メーカーはこぞって耐震性や耐久性をうたっていますが、それぞれのメーカーで対応が異なります。しっかりと説明を聞き、家族全員が納得できる構造や性能を選びましょう。そうすれば、自ずと住宅メーカーも絞られてくるはずです。

営業担当者とのいい出会いを!

「希望通りの住まいができた」「住まいづくりが楽しかった」と語る人のほとんどが、住宅メーカーの営業担当者との良い出会いがあったからと言います。そして出会いの場が住宅展示場なのです。
一方的に自社のメリットだけを話す営業担当者ではなく、お客様がどんな暮らしを望み、住まいにどのような機能や性能を求めているのか、建てる側の思いをしっかりと聞き、それを受け止めてくれる担当者がベストでしょう。当然ながら、お互い人間ですから、相性というものがあります。仮に一方的な話をしても、なんとなく気が合いそうと感じることもあるはずです。
その意味で、住宅展示場は相性のよい営業担当者と出会うことを期待しながら、質問をしたり、雑談を交わしたり、コミュニケーションを積極的にとることも大切です。

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP