Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

塾と両立できる?習い事のお悩み大調査!

AERA with Kids ☓ ミサワホーム

子どものためにと思って始めさせた習い事なのに、親子や夫婦のケンカの原因になったり、送迎などの時間に追われたり、人間関係でイライラさせられたり。そんな習い事にまつわる悩みについて、インターネットによる親御さん500人の調査から、その実態や解決策を考えてみます。

子どもの希望とは言うけれど

多くの小学生が経験する習い事。選択肢も多種多様だからこそ、親の教育観が反映されがちです。
アンケートでは習い始めた理由についても自由回答で聞いていますが、多かったのは「本人が行きたいと言ったから」というものでした。また、「姉(兄)がやっているのを見てやりたいと言った」「友だちに誘われたから」という理由も目立ちます。「親が体験レッスンなどに連れていったら、やりたいと言ってきた」という声も多く、比較的気軽に、ちょっとした興味から始めていることがわかります。

問題は、せっかく習わせている以上、勉強以外の教養や得意分野を身につけさせたい、才能を開花させたい、本当は自分がやりたかった夢を子どもに託したい......という親の希望がたくさん入り込んでいることにありそうです。そして、子どもの気持ちと親の希望のズレから、さまざまな悩みが噴出してくるようです。
そのズレをどう考えるのか、そもそも習い事とは何なのか。いくつかのケースとそれに対する『AERA with Kids』の編集部の感想をご紹介します。

インターネットによる親御さん500人の「習い事のお悩み」調査

今、習い事をしていますか?習い事の費用は毎月いくらですか?どんな習い事をしていますか?習い事で負担に感じることは何ですか?

CASE136歳母の悩み

そろそろ塾にも行かせたいので、
習い事の取捨選択に悩んでいます。

小3女児/ピアノ・英会話・ダンス・水泳

それぞれ目的をもって始めたので、本人も自分磨きの意識が芽生えていい感じです。ただ中学受験を考えているので、塾にも行かせる予定。塾に通いながらすべてを続けるのは無理だと思っています。続けるものとやめるもの、どう考えたらいいのでしょう。

編集部

まじめな子どもほど、「やめるの?」と聞くと「やめない」と答える傾向があるようです。何を続けるかは、本人に選ばせていいのかもしれません。「どれが一番好き?」と聞いてみたり、あるいは観察していてもっとも熱心に取り組んでいるものを勧める、ということでもいいのではないでしょうか。

CASE247歳父の悩み

練習をさぼっているようで、
やる気が感じられないのですが。

小2男児/ピアノ・サッカー

ピアノは妻が習っていたから、サッカーはスポーツがしてほしくて私が勧めました。でも最近はピアノの練習をしていないと妻に怒られているようです。サッカーもなかなかうまくならず、練習や試合の当日に腹痛を訴えたりするのを見るのは、正直歯がゆいです。

編集部

子どものやる気を出させるには、子ども自身がそれをやり続けたいと心から思う工夫も必要かもしれません。ピアノのコンサートやJリーグの試合などに連れて行き、本物に触れさせるという方法もあるでしょう。親には本音を言わないこともありますから、親類など別の大人から、本当に続けたいのかを聞いてもらうのもいいのでは。

CASE342歳父の悩み

土日も家にいないことが多く、
家族との時間も必要だと思うのですが。

小2男児/野球・そろばん   幼稚園女児/体操

上の子は平日の放課後は野球かそろばんに行き、土日も試合が多くて朝早くから出かけることがしばしば。週末に子どもと遊んだり、春休み、夏休みなどの家族旅行もスケジュール合わせが大変です。子どもが小さいうちこそ、もっと家族で過ごす時間が欲しいと思います。

編集部

お父さんが習い事に参加する、というのはどうでしょう。本人が喜んでやっているなら、お父さんが送迎を引き受けるなど積極的に野球チームの保護者として動いてみる。それも家族の時間なのではないでしょうか。習い事の集まりは、お父さん同士の仲間のほうがうまくいくことが多いようで、子どもが社会人になっても集まっているグループもあるそうです。

CASE433歳母の悩み

どうも飽きっぽくて、
どの習い事も長続きしません。

小5男児/習い事なし

幼稚園から低学年にかけて、水泳・体操・科学クラブ・英語・柔道などいくつかの習い事をさせました。ほとんどが自分から言い出したのに、少したつとやめてしまいます。今は学校から帰ると家でゲームをしてばかり。このままでいいのかどうか、不安になります。

編集部

高学年は親の言うことを聞かなくなり、現実的な向き不向きもなんとなくわかってくる時期。塾に行くという理由以外でも、習い事をやめてしまう子どもが高学年には多いようです。中学生になって部活や勉強に目覚めることもあるかもしれません。その子にとって、時期というものがあるそうなので、ぐっとこらえてあたたかく見守ってはどうでしょうか。

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP