Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

質の高い睡眠で健康な毎日を...

現代社会は高度なサービスやネット環境が発達した結果、24時間仕事をしたり、ショッピングしたり、趣味に没頭できるなど、人間が活動できる環境が十分過ぎるほど整っています。

時間や地域の障壁が取り除かれて便利になった反面、私たちの心身には過度な刺激や負担がかかっているのではないでしょうか。
人間は本来、自然のリズムの中で活動するようにプログラムされています。忙しい現代を生きる私たちの心身にたまったストレスや疲労をリセットさせる効果的な睡眠とはどのようなものでしょうか。

快適な睡眠は健康の源

日本人の4、5人に一人が睡眠に悩みを持っているといわれています。寝つけない、眠りが浅い、寝起きが悪い、夜中に目を覚ましてしまうなど、症状は人によってさまざまです。睡眠不足は、循環機能や免疫機能、脳機能を低下させ、体のリズムを狂わせるなど、健康を損なう原因にもなってしまいます。人生の三分の一は睡眠時間と言われるように、快適な睡眠は、日々の生活を支える健康の源となっています。

よい眠りは、スムーズな入眠から

時代の変化とともに、年々短くなってきている睡眠時間ですが、長さだけではなく、質も大切なのです。眠りには周期があり、レム睡眠(体は眠っているのに脳は起きている浅い眠り)とノンレム睡眠(体も脳も眠っている深い眠り)が、約90分間隔で交互に繰り返されます。特に、入眠直後の深いノンレム睡眠は重要で、この時に新陳代謝を促す成長ホルモンが大量に分泌されています。また入眠がスムーズだと、よく眠れたと感じるものですが、この寝つきの良さが質の高い睡眠につながっているのです。

ぐっすり眠る効果的な方法

睡眠の取り方には個人差がありますが、大切なのは就寝前に心身をリラックスさせることです。眠る直前までテレビを見たり食事を摂るなどの刺激は避けましょう。体が眠ろうとしているのに、脳は起きようとしてしまいます。心地よい音楽を聴く、ぬるめのお風呂に入る、好きな香りを楽しむなど、自分にあった入眠方法を身につけることをおすすめします。
室内環境も快眠に大きく影響します。快適な眠りを得る寝室の温度は18~22度、湿度は50~60%くらいが目安です。また完全な暗闇よりもある程度の明るさがあった方がよく眠れることが分かっています。

そして目覚めた時に部屋の外の明るい光をとりこむことによって頭をスッキリさせ、体のリズムをリセットする効果があります。
ぐっすり眠ることは、単に疲れを取るということだけではなく、体の状態を整える重要な役割を担っています。自分に合った心地よい室内環境をつくり、質の高い睡眠で健康な毎日をお過ごしください。

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP