Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

スキップフロアで狭小敷地をリズミカルに

[神奈川県横浜市 Kさま邸]

Kさま邸の魅力のひとつは、コンパクトな敷地を感じさせないドラマチックな空間構成にあります。

まず長い外階段を上って塀を回り込むと、表情のある石板のアプローチと庭が現れ、外壁と大きな窓が織りなす独特の開けた空間が迎えてくれます。庭の石板がそのままリビングへと続き、「内と外」の連続性が程よい一体感を生み出しています。
そして1階のリビングには蔵があり、その上1.5階がダイニングキッチン。さらにそこから2階の寝室や子ども部屋へと続き、スキップフロア独特のリズミカルな空間が展開していきます。

しかもダイニングキッチンには壁面いっぱいに窓が広がり、公園の松林が絵画のように映り込んでいます。借景による豊かな緑、白とライトグレーを巧みに組み合わせたキッチンやインテリア。それらが程よく調和した心地のいい空間にやさしく差し込む冬の光が、Kさま邸をさらにドラマチックに演出していました。

都心のマンションから横浜郊外の戸建住宅へ。ご夫妻が求めたのは、周囲の景色をうまくとり入れられたシンプルでモダンな住まいでした。
なかでも奥さまがこだわったのが窓。大きな窓はもちろん、小さくてもたくさんの窓があることで、光や風が室内を明るく温かいものにしてくれると考えたからです。とはいえ、ここは住宅街。
そのため、外からの視線は遮りつつ室内から景色がしっかりと楽しめるようにデザインされています。

 また印象的なのが、シンクと作業台が独立しているアイランド型キッチン。アイランド型は広い空間で採用されることが多いのですが、Kさま邸ではコンパクトな空間にうまく配置され、ライトグレーのやさしい色調によって空間に見事に馴染んでいます。面白いことに、1階と1.5階の間にも窓があり、奥さまはキッチンで作業しながらも階下のリビングの気配がわかるようになっています。

そして想像以上に使い勝手がいいと好評なのが、1階のリビングにある蔵だといいます。
大収納空間である蔵には、家具や調度品はもちろん、お子さまが学校でつくった作品や遊具などがたくさん収められています。来客も多いため、ものがすぐに片付けられる点もメリットとのこと。
「空間がうまくつながっているだけではなく、要所要所に窓があって、どこにいても家族の気配が感じられるのがうれしいですね。季節の移り変わりも味わえますし、ここでの時間を家族みんなで楽しんでいます」とご夫妻。
お子さまたちの笑う声が心地よく響くお住まいでした。

インテリアを心地よく演出するには?

間取りとともに内装や家具調度をどう工夫したらいいのか、頭を悩ませることが多いものです。上手に空間をコーディネートするコツをご紹介します。

空間を決める床・壁・天井の色と素材

間取りや内装などのインテリアを考えている時間は、あれこれ悩みつつも、それがとても楽しい時間でもあります。自分がこれからどのような空間で、どんな家具に囲まれて生活をするのか、あれこれとイメージが膨らむはずです。
家具類については「こんな感じ」というイメージはもっていても、意外に失念しているのが内装。特に、天井や壁、床の素材と色に悩むことが多いといいます。

空間全体のテイストを決めるのが、じつは天井や壁、床なのです。
いろいろな素材や色のサンプルを見せられると思いますが、それが実際の広さになったときに、どのように見えるのかはなかなか想像しにくいものです。だからこそ、より自分に合った空間をつくるには、まず自分がどんな空間に住みたいのか、ざっくりでもイメージしておくことが大切です。

やわらかい色調のナチュラルな空間がいい、ホテルのような雰囲気にしたい、シックでモダンな大人の空間をつくりたい、あるいは和のテイストを採り入れたい......。
そんなイメージがあれば、たとえばナチュラルなら、壁は塗り壁にして、床は無垢のフローリング。シックモダンなら、白壁にダークな色調のフローリングにといった選択ができるでしょう。また玄関や土間を石にする、一部の壁をアクセントクロスでカラーにするなど、上手に空間にメリハリをつくる方も増えています。

そして空間づくりの重要なポイントになるのが、建具です。扉やドアノブ、窓なども、形、素材、色などたくさんの種類があります。つい機能面を重視しがちですが、これらもインテリアの大切な要素のひとつ。壁とのバランスを考え、色や素材を楽しみながら、選びたいものです。

手持ちの家具を活かす方法

家具やカーテンといったインテリアは、すべて新しく揃えると金額もかなり大きくなるため、あらかじめ住宅ローンに組み入れて考える場合も多いでしょう。カーテンだけでも、50万円前後になることもあります。それだけに、実際には、手持ちの家具を利用することも多くなるはずです。

たとえば、長い間大切に使ってきたダイニングテーブルをこれからも活かしたいという場合は、間取りを検討するときから、そのテーブルをどう配置するのかをイメージしながら考えるといいでしょう。内装も同じで、手持ちの家具を活かすことを前提にして素材や色を選ぶと、家具が空間にしっくりと馴染みます。
そのためには、活かしたい家具の形や素材、色、サイズなどをあらかじめインテリアコーディネーターに提示して、一緒に検討することが肝心です。

家具を選ぶときのポイントは?

新しく家具を選ぶときに同じテイストで徹底的に揃えてしまうと、どこか窮屈な感じがしてしまいます。またさまざまなテイストが混在すると、空間が落ち着かなくなってしまいます。
全体はナチュラルなテイストで揃え、その一部にセブンチェアなどのカラーをワンポイントで入れる。それだけで空間に不思議な躍動感が生まれます。

また、モダンな家具でシャープなイメージが強すぎる場合も、ワンポイントカラーを配することであたたかさややわらかさを加えられます。
いずれにしても、「やりすぎない」こと、「混在させない」ことを念頭にしてインテリアを考えることが大切。そして、長く大切にできる家具を選ぶことが、快適空間の決め手になりそうです。

マイチェアのある暮らし

ゆったりと体が包み込まれ、座るだけで心安らぐ時間を過ごせるような椅子。ちょっとしたスペースに腰かけられるユーティリティの高い椅子。その存在自体が空間を美しく彩るアートな椅子。そんな椅子は私たちの暮らしになくてはならないもの。自分のお気に入りの「マイチェア」を選ぶことは、毎日の暮らしの中で大切なことではないでしょうか。

暮らしの中の椅子

ただ座るだけでなく、心身をリラックスさせる機能や、個性を主張するデザインなど、椅子が人の心や暮らしにもたらす影響はさまざま。
市場での入手が難しかった有名デザイナーの椅子がリメイクされ、デザイン性の高い椅子への関心も広がりつつあります。あたりまえのように、毎日使う椅子だからこそ、上手に暮らしに取り入れることで、いままでとは違った時間や空間を演出してくれるはずです。

お気に入りの椅子でくつろぐ

少しぜいたくな一人掛けの椅子を購入する方が増えているそうです。休日の昼下がりや就寝前のひと時を自由に、ゆっくりと過ごしたいということなのでしょう。家の中で、プライベートな時間と空間を楽しみ、少しぜいたくな時間をもたらしてくれる自分だけの椅子、お気に入りの「マイチェア」の楽しみ方をご紹介します。

素敵な時間と空間を創るマイチェア

例えば、ホテルのラウンジにいることイメージしてみてください。心落ち着くぜいたくな空間の中で思わずソファに身をゆだねたくなります。お気に入りの椅子がもたらしてくれる魅力とは、そのような心地よさやゆとりかもしれません。

また、お部屋ごとに椅子のある生活を考えてみましょう。
リビングで映画や音楽を楽しむ場合におすすめしたいのは、リクライニング機能を備えた椅子です。足乗せやヘッドレストがあれば、まるで飛行機のファーストクラスのシート感覚でリラックスしたひと時を楽しめます。

キッチンにはスツール。キャスター付きなら移動も楽々で、立ちっぱなしの家事から解放され、お料理の本を読むのにもちょっと腰かけられて便利です。

晴れた日にはアウトリビングにマイチェアを出してみましょう。風や光を感じるティータイムは格別なひと時を演出してくれるでしょう。
座布団やクッションも椅子の仲間。お気に入りのクッションを持ち寄って家族でおしゃべり、というのも楽しいものです。
お気に入りの椅子があれば、いつもの空間でひと味違った暮らしが広がり、家で過ごす時間がますます楽しくなります。

ハイブリット住宅の機能性を最大限に

[岡山県岡山市 Tさま邸]

岡山市郊外に建てられたTさま邸。外観はスクエアと切り妻屋根を組み合せた美しいフォルム。南面のピロティとインナーテラスが、開放的でありながら落ち着いた印象を与えてくれます。

「リビングを明るく広い空間にしたかったんです。電気をつけなくても自然光が入る家が理想」と奥さま。そこで、営業担当者が提案したのはハイブリッド住宅でした。ハイブリッド住宅は断熱性、遮音性などの機能面はもちろん、柱がないために大空間を確保でき、開口部も大きくすることが可能。まさにTさまのご要望にぴったり。

ご家族と担当者のコミュニケーションもスムーズだったという。
「引き出しも多く、提案するプランがこちらのイメージ通り。『そうそう、これこれ』と言うことが何度もありました」とご主人。奥さまも「何よりお人柄にほれこみました」と。

リビングダイニングはTさまのイメージ通りの広々とした空間に。南側の開口部はキッチン&ダイニング側がピロティー、リビング側がインナーテラス。フラットにしたために屋内空間がより広く感じられます。
日照を補うために東側にも窓を設け、東南それぞれの開口部から自然光がふんだんに差し込む、明るい空間になっています。 「大きな窓から朝日が入り込んで、光をいっぱいに浴びて目覚めるときの気持ちよさ、陰影の美しさ。この家を建ててよかったと思いますね」と奥さまは大満足です。

奥さまはご主人とともにバルーンギフトの会社を経営しながら、小学生のお嬢様の子育て真っ最中。働く主婦として「家事を機能的に家族で分担できることを家のテーマに」というご要望も。
これに対して営業担当者が提案したのが、水回りを1カ所に集約させないで、キッチンを1階、浴室、洗面ルームを2階に分けて配置するプラン。洗濯物は洗濯機から室内の昇降式物干し、最後には隣接するクロゼットへ。動線が驚くほど機能的になりました。

さらに、2階の浴室は「大きな窓から外を見ながら風呂に入りたい」というご主人のご要望にも応えられました。

お嬢様のリクエストにより、リビングの階段はスケルトンのものを設置。この階段を通して、1階のテラスから吹く風が2階、その上のロフトまで、家の中を流れ、心地よい風が吹く、快適な家になっています。

ハイブリッド住宅によって機能的で快適な住宅間を実現したご家族3人。それぞれの夢をかなえて、今ではどこに行っても、早く家に帰りたくなるそうです。

お父さんのベストポジションを考える!(1)

AERA with Kids ☓ ミサワホーム

普段は大きなもめごともなく、仲のよい家族でも、子どもの成長とともに学校選びなど教育の重要な曲面に遭遇すると、どうしても気になるのが「夫婦の教育観ギャップ」ではないでしょうか。今回は、そんなギャップを調整し合って、父親の上手なサポートの仕方を考えます。

教育観ギャップはどう解決していく?

夫婦とはいえ、それぞれに異なる環境で育っていますから、子どもに対する教育観に多少のギャップがあるのは当然かもしれません。特に学習面では普段の勉強のさせ方に加え、進学、受験という教育の節目に、お互いのギャップを感じることが多いもの。
初めはささいな意見の食い違いでも、そのままにしておくと、修復が難しい事態に進展したり、子どもが心を痛めたり、少なからず家族間に影響を与えることになりかねません。

そうした事態を未然に防ぎ、ギャップを調整するには、まず夫婦で情報を共有することが大切です。ある調査によると、夫に対する満足度の高い妻のほとんどが、「夫と育児について話し合う」と答えていると報告されています。

相手がなぜそう思うのか、子どもの状態はどうなのかなど、話し合いの根拠を共有することが大事になります。母親は普段から見ている子ども習慣や性格、あるいは学校の先生や友だちから聞いたことなどを詳しく伝える。父親は仕事で培った経験や社会的な背景など、話の根拠となる事象をしっかりと話す。
そうした情報共有をすることで、たとえ相手に同意したとしても、それは「妥協」ではなく「納得」となり、お互いの理解がさらに深まって、夫婦ふたりでひとつの教育観を築いていくことにつながるのではないでしょうか。

次回のコラムでは、お父さんのベストポジションのためのポイントをご紹介します。

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP