Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

さまざまな見学会に参加してみる

住まいの見学というと、住宅メーカーのモデルハウスが集められた総合展示場。住まいづくりの最新情報を入手でき、提案やデザインの違いを比較しながら検討できるのが利点です。反面、建物のサイズが比較的大きいため、間取りや空間構成などが参考にしづらいという声も聞こえます。

最近では建築中の現場や完成した住まい、実際に入居しているオーナー宅など、さまざまな見学会が開催されており、ご自身の目で見て、さわって、感想などを聞いて確かめることができます。

例えば分譲地の建物がモデルハウスとなる分譲住宅展示場は、自分の予算やライフスタイルに照らし合わせやすく、総合展示場では見えづらい現実的な側面から検討が可能。気に入れば購入することもできます。また、建築中の住まいを行程順に見て回るバスツアーを開催している住宅メーカーもあり、このような機会を利用するのも有効です。

自分が建てることになる住まいに、どのような技術が使われているかを事前に確認しておくことも大切。住まいのテーマパークを設立して、最先端のテクノロジーや最新のすまいづくりのアイデアを公開している住宅メーカーも登場しています。そこには、住まいの基本性能はもとより、地震対策やセキュリティ、デザインなど、住宅に求められるさまざまな先進テクノロジーがひと目で理解でき、アトラクションのように体験することも可能。楽しい驚きを味わいながら、住まいづくりに有効な情報が得られます。家族全員で興味深い時間を過ごせる工夫も施されているようですので、訪問してみるとよいでしょう。

住まいづくりはやり直しがきかないだけに、あらゆることを見たり、聞いたり、きちんと確かめたりすることが重要です。さまざまな見学会に参加して、ご家族で徹底的にチェックしてみましょう。

分譲住宅展示場

分譲住宅展示場とは、そのまま暮らせるリアルサイズで建てた展示場。敷地や部屋の広さ、庭の大きさ、最新設備の仕様や機能も細部まで確認でき、住まいづくりの参考になります。

構造体見学会

完成後では見えないクロスの内側や仕上げ前の構造などを確かめて、家づくりをチェック。 先進のテクノロジーを理解すれば、暮らし始めてからも安心です。

オーナーさま宅見学会

実際に暮らしている方に感想を聞いてみたい。オーナーさまからご経験をふまえたアドバイスが得られます。

分譲住宅

まちづくりをふまえて住まいが確認できる建売分譲。ライフスタイルに合った住まいと、まちなみに配慮された暮らしの環境をチェックしてください。

工場見学会

住まいがどのように生産されているのか、品質管理がどのような体制で実施されているのか。最新鋭の工場で工業化住宅の生産過程や、その高い品質を確認することができます。

住まいの体感施設見学会

映像やシミュレーターなどで実感できる施設で、先進技術や住宅性能、デザインなど、多彩なテーマでこれからの住まいづくりを体感できます。

旬の味覚を味わう、おかずスープ

旬の食材を丸ごと活かせるごちそうスープ。栄養バランスが良く、からだにも優しい、おいしさいっぱいのスープです。秋の食卓に、ご家族と楽しんでみませんか。

旬の食材を活かせるのがスープ

スープというと、西洋料理の食材を煮込んだエキスの出汁をイメージしますが、世界中には、肉や魚介類、野菜などを使った、さまざまな種類のスープがあります。これからの季節は、旬の、味がよく、栄養をたっぷり含んだ野菜やきのこ、魚介類などの食材が多く出回るようになります。
野菜や魚介類などを入れて煮込んだスープは、食材から出る栄養のほとんどが溶け込んでいるため、栄養バランスにも大変優れて、効率的に栄養を取り込むことができます。さまざまな自然の恵みが凝縮された「おかずスープ」は、体にやさしい料理だといえるでしょう。

旬の素材は魅力がいっぱい

栄養がいっぱいつまったスープ作りは簡単です。野菜や魚介類など旬の食材を合わせるだけでおいしいスープになります。旬のものは手に入りやすく安いうえに、体の営みにも合っています。旬の食材を食べることは、体へのやさしい思いやりでもあるのです。
具材をたくさん使えばボリュームが出て、それだけでメインのおかずになります。よく「スープは時間が作る」と言われますが、じっくり煮込むと野菜から甘みが出ておいしくなります。アクを丁寧にすくいながら、スープができるまでの間、キッチンから広がるスープの香りを楽しみましょう。

スープをおいしく味わうために

出来上がったスープを、家族みんなでおいしくいただくためには、食卓に工夫をすることが大切です。例えば、スープ皿を少し大きめにしてはいかがでしょうか。大きな器に入れるとボリューム感もあって贅沢に見えます。また、食材や味に合わせたカトラリーで食卓の演出をすれば、家族に喜んでもらえることでしょう。さらに、スープの色に合ったランチョンマットやクロスなどを合わせると食卓が華やかになり、料理もいっそうおいしそうに見えてきます。

食卓に鍋ごと出し、家族の前で取り分けるのも楽しいものです。取り分けながら、使われている食材についてお子様に話してあげることは食育にもなり、そこからまた新たな話題が広がって、家族のコミュニケーションも生まれることでしょう。そして取り分けた後、食べる直前にさらに一味加えてみましょう。例えば、大人向けには、ラー油をちょっと落とすと、香りが広がり食欲をそそります。また、ハーブやチーズなどで香りや彩りを添えるのもおすすめです。

お子様向けには、卵などタンパク質系のものを足してあげると栄養バランスもさらによくなります。このように、スープはだれにでもおいしく召し上がっていただける料理です。旬の食材をたっぷり使って、おいしい「おかずスープ」を作ってみませんか。

湖の風景が楽しめる北海道の家

[北海道釧路市 Mさま邸]

Mさま邸は道路から少し上った高台に位置し、目の前には湖が広がっています。冬は雪に覆われた銀世界、春夏には木々の緑が湖面に映り、秋は紅葉に彩られる湖。釧路湿原にもほど近く、この周辺でもエゾリスやシカ、キタキツネなどを見かけるといいます。まさに北海道の大自然が味わえる絶好のロケーションです。
ご主人の仕事に伴い、九州から釧路に移り住んだのが10年前のこと。以来、すっかり釧路が気に入り、そのままここに終の棲家をつくる決心をしました。

設計にあたってご主人がこだわったのは、「眺望を活かすこと、そして趣味の部屋をつくること」。そこで、2階にリビングやダイニングキッチンを配置し、南面に大きな窓を設けました。階段を上ると、そこには湖の風景がまるで一枚の絵画のように映り込んでいます。浴室もリビングに続く南面に配して、湖を眺めながらの入浴が楽しめるのも特徴のひとつでしょう。

またリビングに隣接して、図書室と呼んでいる多目的な空間があります。ここにはたくさんの書籍やパソコンが置かれ、子どもたちが読書をしたり、宿題をしたり、ご家族が思い思いに過ごしています。

そして1階中央のホールの横にガラスの扉があり、その奥がご主人の趣味の部屋。
「HOゲージの鉄道模型が趣味。専用の部屋をつくるのが夢でした。ここなら存分にその世界に浸れますから、うれしいですね」
また1階には土間があり、冬場でもここなら大工仕事などの作業が可能。黒い漆喰の壁に囲まれた大きな窓には、やはり湖の景色が広がります。

そうしたこだわりを家として形にまとめあげるまでには、ご主人と設計担当者との密度の高いコミュニケーションがありました。
「イメージが次々に湧いてきて、自ら模型をつくったほど。プランを練り直しながら、何度も設計の方とやり取りを繰り返しました。
最終的な設計はお任せしたのですが、こちらの要望をすべて叶えていただき、とても満足しています」

ところでオール電化のMさま邸は、極寒の季節とはいえ快適そのものです。夜間電力を利用した蓄熱装置を1階と2階に設置しており、それらが床暖房やパネルヒーターの熱源となって真冬でも家全体をぽかぽかにしています。
北海道のようにおおらかで、明るい笑顔が絶えない、そんな暖かなMさま邸でした。

お父さんのベストポジションを考える!(2)

AERA with Kids ☓ ミサワホーム

子どもをサポートする父親のほどよい関わり方は?

普段の教育は母親任せでも、塾へ通わせる、受験をさせるといった教育上の大きな節目には父親のサポートも求められます。日ごろは子ども教育に直に触れる機会の少ない父親も、そのときばかりは一緒に考えることが必要でしょう。
そこで父親は子どもや母親に対し、どんなポジションで、どう関係をつくればいいのでしょうか。下のポイントを参考に、夫婦で話し合ってみるのもいいのでは?

お父さんのベストポジションのための
5つのポイント

ポイント1子どもの気持ちに寄り添う

子どもの性格と校風・教育方針が合うかなどを配慮し、子どもの精神状態に気を配る、本音に耳を傾けるなどを心がけましょう。

ポイント2学校情報は自分の目と足で確かめる

昔のイメージにとらわれないためにも、情報は父親自身が自分で収集しましょう。

ポイント3妻の主導権を尊重する

日ごろの面倒を妻に任せているのなら、その主導権を尊重し、妻の考えや意見に耳を傾けましょう。ただし、相談されたら自分の考えをきちんと伝え、共通認識を持つことが大切です。

ポイント4妻への協力を惜しまない

どう協力していいのかを率直に聞き、できるだけ希望に沿った形で努力することが大切。ただし、協力してやっている的な上から目線は禁物です。

ポイント5夫婦仲良く

夫婦仲がいいと、子どもは安心して勉強に打ち込むことができます。日ごろからよく話し合い、情報を共有するようにしましょう。

学習指導や学校選びに、「仕事のやり方」を持ち込んでいませんか?

日ごろの学習指導や学校選びに、意外にも仕事のやり方や考え方を持ち込んでいる父親は多いとか。子どもに過度の負担を与えるのはなく、のびのびとした学校生活が送れるよう、父親のサポートの仕方を夫婦で話し合ってみるのもいいかもしれません。

データ分析大好きしっかり管理型

仕事でもデータを重視し、プロセス管理にもしっかりと目を光らせるタイプ。そんな父親は偏差値や受験倍率、試験教科ごとの配点、難関大学の合格率といったデータを学校選びに役立てようとする傾向があります。データに基づいた客観的な学校選びができる反面、管理教育にも熱心になりがちなため、子どもに過度のストレスを与えないように配慮したいもの。

昔の自分大好き時代回顧型

仕事にまい進するハードワーカーで、自身も中学受験体験があったり、高学歴な父親に多いタイプ。「オレのころは」が口癖で昔の自分を自慢しがちです。学校観も昔のイメージのままで、学校選びや指導にも今の受験状況とズレた体験が基準となっている可能性大。子どもの能力や性格に合わせることを考え、自分の成功体験の押し付けにならないように気を配りましょう。

高いハードル大好きプレッシャー型

仕事の目標設定が高ければ高いほど、意欲を燃やすタイプ。子どもの成績や能力の実態を考慮するのではなく、むしろ高すぎる目標を掲げてしまうため、子どもに大きなプレッシャーを与えてしまう可能性があります。あまりに厳しい指導や言動が続くと、子どもは気持ちが折れてしまうことも考えられますから、過度のプレッシャーに気をつけるよう配慮が必要です。

注意が大好きあらさがし型

細かいことによく気がつき、ミスしないよう慎重に仕事を進めるタイプ。子どもに対してそれが強くでると、子どもの間違いや失敗に過敏に反応してしまうことがあります。 指導や学校選びも、マイナス面ばかりを気にしてプラスの面に目が向けなくなりがちです。子どもがミスを気にして萎縮してしまわないよう、おおらかな気持ちを取り戻したいものです。

自分の都合が大好き気まぐれ型

周囲をあまりにせず、自分流で仕事を進めることが好きなタイプ。子どもの教育についてもあまり関心がなく、普段の指導やサポートも母親任せ。なのに時折、唐突に口をだすこともあり、子どもや母親を驚かせることも。子どもや母親のそれまでの苦労や気持ちを大切にし、自分流で物事を押し付けるのではなく、子どもに寄り添ったサポートを心がけましょう。

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP