Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

知っておきたい家と土地の規制(2)

土地さえあれば自由に家が建てられるというわけにはいきません。住まいづくりを始める前にこれだけは知っておきたい法規制の基礎知識をご紹介します。

見た目だけではわからない敷地のこと

建築基準法には建ぺい率や容積率などの他にも「高さ制限」や日照や通風を守るための「道路斜線」、北側の住宅の日照を確保するための「北側斜線制限」などがあります。市街地では火災からの安全を守る意味から「防火地域」「準防火地域」の指定がされている場合もあります。これらは、家を計画するうえでプランや間取りにも関わりますから事前に確認しておきましょう。
また、見ただけではわからない地盤の強度は土地や家の安全性に大きく関わります。以前は水田や沼地であった土地もないとは言えません。完成後の住まいが傾いたり、沈んだりしないように、事前調査を必ず行いましょう。地盤が弱ければ地盤改良工事が必要です。

高さ制限と道路斜線・北側斜線制限

住宅の高さを規制する絶対高さは、第1・2種低層住居専用地域のみ10mまたは12mに決められています。道路斜線は道路の反対側(※1)から、 1:1.25又は1.5の角度で北側斜線は隣地境界線上5m(※2)の高さから、1:1.25の角度で伸ばしたライン内に建物を納める制限です。
※1:建物後退(セットバック)による緩和措置あり。
※2:第1・2種低層住居専用地域。第1・2種中高層住居専用地域では10m。

防火・準防火地域

都市計画法により、「防火地域」(※)「準防火地域」が制定されています。防火地域では3階以上または延床面積100㎡超の建物は耐火建築物に、それ以下の建物は耐火建築物又は準耐火建築物にすることが義務づけられています。準防火地域では、外壁や窓のサッシなど、延焼のおそれのある部分は防火構造にしなければなりません。
※防火地域内は木造住宅を建てるには難しい地域です。

地盤調査

敷地が建物を支えることができるかどうか、地盤調査をしたいもの。地盤が弱い場合でも、調査結果にあった地盤補強工事により、強固な住宅を建てることができます。その他、敷地内が傾斜している場合、道路との間に高低差がある場合など、土地の形状によっても造成工事が必要になる場合もあります。

アジアンインテリアで「和み」を楽しむ

自然素材のぬくもりがどこかなつかしいアジアンインテリア。いつもの見慣れた空間に取り入れると、個性的な味わいや安らぎを演出してくれます。上手に取り入れることで、自分好みの「和み」の空間をつくってみてはいかがでしょうか。

暮らしに根づいたインテリア

日本や中国、韓国などアジアンインテリアは、私たちの心を落ち着かせてくれます。竹、紙、木、布といった自然素材の優しい手触りや素朴な温もりが、空間に安らぎを与えてくれるのかもしれません。また、シンプルな美しさは、必要性から生まれました。例えば竹籠や花器などにも、使徒に合わせた実用的で無駄のない形が多く見られます。柔らかな素材感と素朴な温もり、そして歴史や伝統を感じさせる趣が、暮らしの中に「和み」をもたらしてくれる理由なのでしょう。

洋室にもしっくりと調和

アジアンインテリアの大きな魅力は、確かな存在感により、小物ひとつで部屋の雰囲気を大きく変えてくれることです。欧米では、着物の帯をタペストリー代わりに飾ったり、染付の丸火鉢を花器として利用するなど暮らしにアジアンインテリアを上手に取り入れています。西洋の機能的な空間にとって、東洋の神秘的な美しさは効果的なスパイスとなるのです。

アジアンインテリアを楽しむ

アジアンインテリアの楽しみ方を、部屋ごとに考えてみましょう。リビングは、フローリングの床にユニット式の琉球畳やラグを敷き、座布団やクッションを置けば、ゆっくりくつろげる床座の空間ができあがります。雑貨やグリーンなどは、座ったときの視線に合わせた低い位置に置くことがポイントです。リビングボードなど家具の上に置く小物は、二つをシンメトリーに置くとバランスよくレイアウトできます。

また、壁面の広い空間には和紙やシルク、リネンなどで作られたタペストリーを飾ってみましょう。タペストリーの前に小さいチェストや花器を置くことで、洋室の中に「床の間」のような落ち着いた空間をつくることができます。また伝統的な染めや織りのタペストリーを飾れば、部屋に重厚な雰囲気を与えてくれるでしょう。

ダイニングは、テーブルがポイントです。まず、タイシルクや藍染めのテーブルランナーを敷いてみましょう。それだけでいつもと違った空間をつくり出してくれるはずです。そして、小さめのモンステラやセロームなどの観葉植物をのせるとさらに魅力的な空間になります。ランチョンマットやナフキンなども、テーブルランナーに合わせてコーディネイトしてみましょう。

玄関カウンターにおすすめのアイテムは、苔玉や小さな盆栽、香炉などです。お客様を迎える空間を凛とひきしめながらも、温かみのあるものに仕上げてくれます。お香を焚く場合は、お客様がいらっしゃる20~30分ほど前に焚き終えておきましょう。大きめの壺を傘立てとして使うと印象的です。
わたしたちの祖先が慣れ親しんだ自然の温もりと、伝統の味わいをもつアジアンインテリアを上手に取り入れて「和み」の空間を楽しんでみませんか。

キューブを重ね合わせた 北海道の家

[北海道札幌市 Iさま邸]

淡いベージュ色の外壁と複数のキューブ形を重ね合わせたような外観が印象的なIさま邸。
ご夫妻がこだわったのは、まずは「広いリビング」と「他にはないユニークなデザイン」でした。それを表現しているのが、1階のパブリックスペースです。

キッチンとダイニング、メインとなるリビング、そして畳コーナー。ここには柱がほとんどないため、それぞれの空間が一体となって広がっています。そのなかで、アクセントとなっているのがキッチン手前にあるスケルトンの階段。しかも吹き抜けになっているため、上からもやわらかい光が注ぎ込みます。

全体的に落ち着きのある雰囲気をつくっているのは、床材やキッチン、所々に使用されている壁板の色合いにあります。床には北海道産のナラの無垢材を使ったやさしいブラウン。
キッチンや壁板は引き締め効果のあるダークブラウン。全体が白い壁面のなかにメリハリが演出されているため、広い空間でも場所によって異なる表情が楽しめる仕掛けです。

また、キッチンは奥さまのご希望でオープンタイプに。しかも、ワークトップの奥にある収納部分には扉が設けられ、不意の来客時など、こまごましたモノをさっと片付けるときに便利だと好評です。

さらに、ご主人のもうひとつの希望は畳があること。リビングから連続してフラットな畳コーナーが続き、この存在がパブリックスペースをより機能的にしています。

2階への階段を上がっていくと、正面にはギャラリーが。
かつて野球で甲子園出場もはたしたご主人の記念の品々が飾られていました。また、ご夫妻の主室の奥でちょうど階段上の踊り場のようなスペースがご主人の書斎。子ども部屋は現在、階段との仕切りのない広い空間になっており、今後、二人のお子さまの成長に合わせて空間づくりをしたいとのことでした。

さて、Iさま邸のある北海道は、極寒の地。そのため木質パネルも通常の90ミリではなく、120ミリという厚さで、より密度の高い断熱材が埋め込まれた寒冷地仕様が使用されています。
高断熱を実現しているため、暖房はエアコンと窓際のパネルヒーターのみ。特に窓際は、冬季には下降冷気が生じるコールドドラフト現象が起こります。そこで、パネルヒーターによって冷気が室内に流れないようにしているのです。パネルヒーターは冬季に一日中稼働させることで、空気を汚さず、やわらかい暖かさが持続するとのことでした。

柱のないオープンなスペースを走り回る子どもたち。それを見守るご夫妻。ここにはいつまでも暖かい空気が漂っていました。

違いを知るとポイントがわかる! 男の子・女の子の育て方!

AERA with Kids ☓ ミサワホーム

遊び方から勉強まで、さまざまな場面で実感するのが「男の子と女の子ではどこか違う」ということではないでしょうか。性が違えば、いろいろな部分が異なってくるのは自然なこと。今回は、性差を踏まえた子育てのポイントを紹介します。

大切にしたいのは「その子らしさ」

異性の子には異性ならではの、同性の子には同性ならではの難しさを感じ、「この接し方でいいのかしら」と、戸惑いや不安を覚える親は少なくありません。子育てには性別に関係なく大事にすべき部分もあれば、違いを考慮したほうがよい部分もあります。特に小学生は、性差による特性の違いが顕著になってくる時期。「男の子・女の子ってどうしてこうなの? どう関わればいいの?」と悩む場面も多いはず。

『AERA with Kids』の読者アンケートによると、わが子に期待することでは、男の子の場合は「元気で活発、外遊びが好き」「運動が得意」、女の子では「周りの人に細やかな気遣い、配慮ができる」「片づけができる」「料理ができる」が上位を占めています。ここからわかることは、親が特別な意識をしていなくても、どこかで「男らしさ・女らしさ」を求めているということでしょう。

気の弱い男の子、おてんばな女の子に無理に「らしさ」を求めても本人には苦痛なもの。かえってその子のよさを潰してしまいかねません。性差を離れて、そうした特徴を個性と捉え、「その子らしさ」を大切にしたいものです。

男の子・女の子ってどうしてこうなの?

男の子編

  • 異性なのでわからないことばかり。 (小1と小4男子の母)
  • プライドの持ち方が女の子とは違うように感じる。 (小5男子の母)
  • 長男が自分の同年齢のときと比べて幼いと感じる。
    すぐにすねたり泣いたりする。
    こちらから聞かないと、自分からあまり言葉にして話さない。 (小6男子の母)
  • 生意気で言うことを聞かない。
    親を非難する、見下す。
    力が強くて、家の壁やドアを蹴ったり、殴ったりする。 (小5男子の母)

女の子編

  • 同性同士なので厳しい目で見てしまうし、女の嫌な部分を感じる。 (小6女子の母)
  • 父親に対してタメ口。または下に見た言い方をする。 (小5女子の母)
  • 理屈っぽい。イタいところ(鋭い指摘)をついてくる。 (小5女子の母)
  • すぐに甘えられる人になびこうとする。 (小3女子の母)
  • 友だち関係が気になる。もめることが多くて、その都度、
    親が口出ししていいのものか悩む。 (小3女子の母)
ほめ方と叱り方は?

男の子編

ポイント 1

男の子のプライドを大切に

どんな男の子も、心の中に「男だからしっかりしなくちゃ」というプライドを抱えています。特に「怖い」「寂しい」という感情は、表に出したくないのが本音。気が弱くて、静かなタイプの子もまったく同じ。親からすると「頼りない」「何でこんなことぐらいで...」と思っても、「男のくせに」「男なのに」と、プライドを傷つけるような叱り方はやめたいものです。

NG男のくせにうじうじするな!
OKさすが男だね、頼りになる!

ポイント 2

「活発」なのは元の性質、
「乱暴」は注意

男の子が活発で攻撃的なのは、そもそも脳がそうなっているから。加えてテストステロンという男性ホルモンの働きも関係しています。「乱暴なのは困る」と思っても、活発で活動的なのはもって生まれた特性なので、ある程度は仕方がありません。とはいえ、人を傷つけたり、モノを平気で壊したりといった過ぎた乱暴まで見逃さないようにしたいもの。活発を超えた行き過ぎた乱暴は、きちんと叱るようにしましょう。

NG男の子だから仕方ないか
OK注意するのはいいけど叩いちゃダメだよ

怒ったあとのフォロー

ニコニコしていれば基本OK

切り替えが早い男の子は、ひどく叱られても、しばらく時間が経つと普段どおりになっていることが多いものです。数時間してニコニコしていたらフォローは特に必要ないでしょう。落ち込んでいる様子なら、「さっきはきつく言い過ぎたかもしれないね。ごめんね」とフォローを。

女の子編

ポイント 1

子どもの話をよく聞く

子どもが話を聞かないときは、「なんで話を聞かないのっ!」と怒る前に、日頃わが子の話をちゃんと聞いているか考えてみましょう。そもそも親が話を聞いてあげていないことが、聞く耳もたずの原因の可能性も。子どもの話を途中で遮らず、最後まで聞き、口を挟むのは相づちと「○○なことがあったんだね」というオウム返しだけ。これだけでもコミュニケーションのベースができていきます。

NG待って! それは○○ってことでしょ!?
OKそう、□□だったんだね

ポイント 2

娘の振り見て、
親自身が振り直す

子どもの言動は、ほとんどが親の言動の投影。日頃から、親が何でも批判的な物言いだったり、乱暴な言葉を使っていたら、子どもも同じようになっていくものです。「女の子なのに言葉が汚い」と感じたり、「もっとやせたら?」「その格好ダサイ」などと言われたら、親自身が日常の自分を振り返って、言動を変えていくことが先決です。

NG親に向かって、その言葉は何なの!
OKママもそんな言葉を言ってるかな?

怒ったあとのフォロー

引きずっていそうなら話を聞く

女の子は叱られた後の切り替えが遅く、気持ちをなかなか立て直せないもの。くよくよと引きずってしまうことも多々あります。いつまでも引きずっているようなら、「さっきのこと、まだ気にしているの?」と声をかけ、気持ちや言い分をきちんと聞いてあげましょう。

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP