Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

住宅を新築する際の「契約」とはどんなもの?

住宅を新築するときに必ず結ぶのが「建築工事請負契約」です。その契約の内容とはどんなものなのでしょうか。今回は、建築工事請負契約のポイントや注意点について紹介します。

事前に契約内容をしっかり確認

注文住宅でマイホームを!と考えている人が必ず通らなければならないものとは?それは、「契約」です。「契約」は、住宅メーカーが仕事を完成させることを約束し、施主が仕事の結果に対し報酬を支払う約束をする行為で、通常「建築工事請負契約」を結ぶことをいい、「注文者」である施主と、工事を担当する住宅メーカーの「請負者」との間で交わします。
契約に作成される契約書の内容は、「工事内容」「工期」「引渡し時期」「請負金額」「支払方法」「履行遅滞違約金」などが明記されています。契約時には、他にも「建築工事請負契約約款」「建築工事費用内訳明細書(見積書)」「設計図書」が添付されます。これらの書類は、事前に住宅メーカーから写しをもらい、契約を結ぶまでに、必ず目を通しておくようにしましょう。少しでも不明な点があるようなら、営業担当者に説明を求め、解消しておくことが重要です。また、施主に不利な条件が課されている場合もないとはいえません。その際はしっかりと話し合い、納得できる条件のもと、契約を結ぶことも大切です。

契約時に必要となる書類
建築工事請負
契約書
注文者・請負者・工期・引渡し時期・請負金額・代金の支払い方法を明記
建築工事請負
契約約款
工期や請負金額の変更・瑕疵担保・損害の負担・紛争の解決法など、契約にはない細かな取決めを記載
※事前に目を通しておこくことが大切
建築工事費用
内訳明細書
(見積書)
工事項目・形状寸法・数量・単価を細かく記入したもの
※設計図書とのくい違い、別途工事になる項目について要確認
設計図書
建築図面は実施設計と呼ばれる建築図面で、契約書に添付
※見積書とのくい違いがないかを要確認

契約後の追加費用で予算オーバーになることも

しっかり契約内容を確認せずに承諾の印鑑を押してしまうと、思わぬトラブルに悩まされることがあります。特に多いのが、「予算オーバー」に関するトラブルでしょう。たとえば、仕様や住設機器に追加や変更が生じた場合や、別途工事の内容が曖昧な場合など、契約後に追加費用が膨らみ予算オーバーになるというケースです。
これを回避するには、契約までに次の内容をしっかり詰めておく必要があります。まずは「間取り」と「仕様」を必ず確定させ、住設機器などは品番を決めておいた方が良いでしょう。契約後、どうしても変更が必要になったときの追加費用や、別途工事の内容については、口頭で済ますことなく、あらかじめ追加契約を結ぶことが非常に重要となります。これがトラブルを未然に防ぐポイントです。

引渡しと支払方法にも注意しよう

建築工事請負契約書には、支払方法や引渡時期が明記されますが、これらに関するトラブルも意外に多く見られます。
請負代金の支払いは、契約時、着工時、上棟時、引渡時に分割して支払うことが一般的です。中間金の支払いが必要な場合、「自己資金」または「つなぎ融資」のどちらで対応するのか資金計画の段階で決めておかなければなりません。

そして最終金は、完成後に自らの目で検査を行い不具合がないことを確かめてからが肝要です。もし最終金の入金後や引渡し後に不具合を発見した場合は、トラブルとなる前に早期に対応してもらいましょう。
さらに工事が遅延し、引渡し時期が大幅に遅れると、住宅ローンの実行時期などその後の予定に支障をきたすことになるので注意が必要です。建築工事請負契約書には、「履行遅滞違約金」の項目で1日につきいくらと記されています。
その際、引渡しの時期を明確にしておくことで、それが遅延の起算日となりますから、しっかりと確認したいものです。

冒頭でも説明しましたが、そもそも契約は注文者と請負者が気持ちよくそれぞれの役割を果たすためのもの。決めたことはお互いきちんと守ることが、快適な新生活をスタートさせることになるのです。

お知らせ

長らくご愛顧頂きました「段取りのこと」コラムは、今回をもちまして休止させていただきます。次回、5月22日(木)からは、新シリーズ「わたしの好きな場所」がスタートします。著名人の方たちが語る、さまざまな〝思いのある場所"をご紹介します。ぜひ、ご期待ください。

インテリアとして楽しむ多肉植物

色や形がユニークで、不思議な存在感をもつ多肉植物は育て方が簡単なこともあり、インテリアとしての人気も高まっています。そんなインドアグリーンとしての多肉植物についてご紹介します。

ユニークな多肉植物

多肉植物とは、砂漠や海岸などの乾燥した厳しい環境に対応できるよう、葉や茎、根などに水分を蓄えることのできる植物のことをいいます。サボテンやアロエなどが身近ですが、その他にも葉が球形のもの、星や珊瑚のような形をしたものなど、じつに多様な形態が存在します。

色も緑、朱、紫、黒など多彩で、春と秋の乾燥期に紅葉する種類もあります。
また多くの多肉植物が、可憐な花を咲かせるため、ユニークな姿と可愛い存在感から、インテリアグリーンとして注目を浴びています。

育てやすさも大きな魅力

ユニークな姿ばかりではなく育てやすさも、多肉植物の大きな魅力です。室内で育てる場合は、日射しの入る窓辺や棚の上などに置きますが、水やりは土が完全に乾いた時だけでよいため、通常の観葉植物より手間がかかりません。
また適応力が高く水や肥料を少なめに与えることで、小さな姿のまま育てることができます。もちろん大きく育てることも、美しい色や花を楽しむこともできます。
多肉植物は、強い日差しと多湿にさえ気をつければ、一年中室内で楽しめる育てやすい植物です。

さまざまな空間に置いて楽しむ

個性的な姿が楽しい多肉植物。インテリアとして上手に活かす方法を、部屋ごとにご紹介しましょう。
くつろぎの時を過ごすリビングは、グリーンが鮮やかで、形が楽しめる背の高い柱サボテンや、肉厚で幅広の葉を花のように何枚も重ねるエケベリアの種類がおすすめです。光が射し込む窓辺には、小さめでユニークな形のものをいくつか並べてみましょう。

マグカップやお洒落な器を鉢にすれば、雑貨感覚の愛らしい演出となります。広めのテーブルには、多彩な組み合わせの寄せ植えがおすすめです。
キッチンには、直接日光が当たらなくても育てられ、耐寒・耐暑に優れているアロエがおすすめです。アロエベラという種類ならジュースや、ヨーグルトなどに入れて楽しむこともできます。インテリアのアクセントとしてカウンターに置くには、葉の形が個性的で色も多彩なクラッスラやセダムなどがよいでしょう。

サニタリースペースには、湿気に強く緑色の葉が美しいハオルシアの種類がおすすめです。みずみずしい葉は眺めているだけで心をリラックスさせてくれます。

寝室や書斎などの個室には、ハート型の葉をしたハートカズラや、葉に触れると芳香が漂うアンボイニカスなどの小さめなものを選びましょう。ベッドサイドや棚に置いてあるだけで、部屋が愛らしい雰囲気に変わります。
あまり細かいことを気にせず、気軽に始められる多肉植物。まずは、お気に入りの種類を一つ選んで、室内のインテリアとして育ててみませんか。

庭とひと続きにつながる 土間ダイニングのある家

[千葉県 Hさま邸]

Hさま邸は、周囲をぐるりと住宅に囲まれた密集地で、南北を上下の崖地に挟まれています。ところが敷地内に足を踏み入れると、そこは別世界。崖条例を逆手に生かし、近隣との距離を保ってプライバシーを確保した建物は、奥に大きく広がる庭を抱いて、リゾートの趣に満ちた憩いの風景を創り出していました。

土間フロアのダイニングは二面のフルオープンサッシを全開すれば内と外がひと続きになり、吹き抜けの高い天井と相まって開放感いっぱい。奥さまは「ダイニングから庭で遊ぶ子どもたちの元気な姿を眺めていると、家族の幸せを感じます」と微笑みます。

土間から一段上がった床座リビングには、足触りのいい織物の床材が市松模様に敷かれ、ホワイトの障子窓がすっきりと洗練された印象。
特に奥さまのお気に入りのアジアン家具ともしっくりと調和して、上質のくつろぎ感を醸し出していました。土間のダイニングと床座リビングはオープンにつながり、大らかな暮らしのメインステージになっています。

ダイニングにリビングと同じ高さでL字に設置されたベンチ収納は、いわば縁側のような感覚。家族が自然と集まり、テーブルを囲んで会話が弾みます。この場所は仲の良いご友人たちとのキッチンパーティーでも大活躍。誰もが好きな場所に気軽に腰を掛け、奥さまの手料理を味わいながら楽しいおしゃべりに花を咲かせることが多いそう。土間フロアは、夏は足下がひんやりと涼しく、冬は大きな窓からたっぷりと差し込む日射しの熱が土間に蓄えられて暖かく快適。 汚れても水洗いできて掃除がしやすいのも土間の魅力です。

もうひとつ注目したいのが、2か所に設けられた大収納空間「蔵」の存在です。土間フロアの「蔵」は、キッチンやダイニングで使う保存食や生活用品をはじめ、庭で使うガーデニング用品もしまえて便利。2階の「蔵」は、中2階に設けられた洗面所の壁と子ども部屋の床に出入り口があり、衣類や書籍などあふれるモノをまるごとしまえます。こんな充実した収納があるから、住空間をいつもすっきりと美しく保てるのでしょう。

家具、調度品、照明などのインテリアのひとつひとつにもHさまの高い美意識が薫るお住まいは、モダンな中にどこか懐かしい和の心地よさが息づいていて、ホッと気持ちが和みます。四季折々の自然を五感で感じながら、家族やご友人とのふれあいを大切に、一日一日を丁寧に重ねていく潤い豊かな暮らしがここにありました。

忘れ物をなくそう 大作戦!

AERA with Kids ☓ ミサワホーム

ファミリーの画像

朝、子どもを学校に送り出してから勉強机の上を見ると、提出するはずのプリントと授業に必要なノートが残ったまま...。忘れ物を繰り返す子どもに、「集中力が足りないのでは?」などと心配せずにいられない方も多いのでは?
今回は、新学期から始める「忘れ物をなくそう大作戦」をご紹介します。

思い出す工夫と仕掛けに加えきちんとした生活習慣を

大人でもよくある忘れ物ですが、子どもがあまりに繰り返していると、さすがに心配ではないでしょうか。子どもは記憶力はいいのですが、覚えたことを自分から「思い出す」ことができずに、忘れ物をしてしまうのだそうです。

忘れ物をなくすには、子どもの成長に合わせて親がうまくサポートしてあげることも要のひとつ。たとえば3歳までは、親が中心となって片付けを手伝い、保育園などへの持ち物も親が準備してあげます。次第に子どもに片付けや明日の用意をさせるようにし、6歳くらいからは、子ども自身に準備や整頓を積極的にさせるようにします。とはいえ、まだ完璧にはできませんから、「プリントは持っていかなくていい?」「体操着はいらないの?」などと、言葉でフォローすることが肝心。そして中学年の10歳くらいを目安に、以降は一人で自分の持ち物を揃え、忘れずに持っていける習慣をつけさせます。

そうした持ち物チェックや声掛けのほかに大切なことは、日々の生活習慣にあります。子どもが思い出すための仕掛けや工夫を施したとしても、きち んとした生活習慣が確立していなければ、せっかくの効果も半減してしまいます。朝、子どもが出かける30分前に起きているようでは心配です。起き る時間、出かけるまでの行動を習慣化することも重要です。生活習慣がしっかりしていれば、時間にも、気持ちにもゆとりが生まれ、うっかりミスを減らすことができるのです。

親の心得編

まずは心掛けたい3つのこと

心得

ゴールは「子どもが自分で準備できる」こと

子どもが小さいうちは手助けが必要ですが、6歳以降はうまくサポートしながら、見守ることも大切。心配のあまり、手助けをしすぎることは逆効果になります。

心得

「忘れっぽい性格」だと決めつけないで!

忘れ物が多いことを本人や親の性格と決めつけたり、諦めたりすることは禁物。忘れやすい、忘れ物が多いと思うなら、それを補う工夫や仕掛けを考えましょう。

心得

きちんとした「生活習慣」こそが重要

生活習慣がいい加減だと、忘れ物はなかなか減らすことができません。朝いつもギリギリに起きて、朝食もそこそこに学校へ向かうようでは、忘れ物があっても不思議ではないのです。

親子のアイデア

初級編

アイデア

毎日の持ち物リストをつくる

持っていくべき持ち物をリストにして書き出すことは、思い出すきっかけにもなります。

アイデア

リストは目につく場所に貼る

自然に目に入るところに貼ることで、視覚的にも意識づけが強くなります。

アイデア

毎日のリストにないものは付せんに書いて貼る

臨時の持ち物は付せんにメモして、毎日のリストの上に貼るようにしましょう。

アイデア

大事なことは目立つように印をつける

持っていく大事な物はメモや付せんに書き出して、さらにマーカーなどで印をつけましょう。

アイデア

五感をフル活用する

リストや付せんなどで視覚として理解するだけでなく、聴覚の刺激も入るようにします。「体操着!」「ハンカチ、持った!」などと、指をさしながら声に出すこともおすすめです。

アイデア

準備のときはそれだけに専念する

何かを同時にするのではなく、用意のみに集中させることが大切です。

親子のアイデア

上級編

アイデア

取り出しやすく、しまいやすい収納に

子どもの行動をよく観察し、子ども自身が取り出しやすく、しまいやすい収納場所を工夫しましょう。

アイデア

持ち物はグループ分けする

ランドセル、塾や習い事のカバン、オモチャや本など、子どもの持ち物を大きくグループ分けし、グループごとに置く場所をまとめます。

アイデア

収納場所には7割しか入れない

棚や箱、ファイルなど、決めた収納場所には最大でも7割程度しか入れないようにします。満杯になると出し入れしにくくなり、物の散乱につながります。

アイデア

透明やフタなしで「見える化」する

収納は外から中身が見えると何かと便利。フタをはずしておいたり、容器やファイルも透明なものを選ぶのがおすすめです。

アイデア

余計な物はため込まずに捨てる

子どもの持ち物はどんどん増えていきます。7割の収納を保つためにも、親と相談して捨てることも習慣にしましょう。どうしても捨てられない物は、めったに出し入れしない収納場所へ。

アイデア

毎日お決まりの動作パターンをつくる

夕飯を食べ終わったら、テレビを見る前に翌日の勉強道具を揃える。お風呂から上がったら、体操着を袋に入れてランドセルの横に置く。こうした一連の動作手順を決めることでも忘れものを減らすことができます。

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP