Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

緑を見下ろす事務所は 光源の発明と実験の場 照明デザイナー 石井幹子さん

アイデア創出に最適の環境

2009年の祝日や記念日を彩った東京タワー50周年記念ライトアップ「ダイヤモンドヴェール」は、大きな話題となった。

東京タワー、レインボーブリッジ、世界遺産・白川郷合掌集落の夜間照明など、日本全国の「ライトアップの名所」を手がけてきた照明デザイナーの石井幹子さん。
石井さんが選んだ「好きな場所」は、新宿御苑に隣接する自身の事務所だ。建築家の香山寿夫さんが設計した建物は、竣工から約20年経ったいまでも、建築を学ぶ学生たちにとって憧れの作品。週末には、外観の写真を撮りにくる学生が後を絶たないという。

1階ロビーの写真パネルには2010、2011年の作品を展示。「平城宮大極殿ライトアップ」などの美しい作品が並び、「次・オフィスライティングシステム」で調光。

「1階のロビーには、ここ1、2年で手がけた作品の写真パネルや、太陽光発電を用いた公園のオブジェのミニチュアなどを展示しています。LED照明の照度や色温度が朝、昼、夕方と変わるようにコントロールされた『次・オフィスライティングシステム』を導入しているので、仕事をしていてとっても快適なんですよ」
事務所の窓越しに、四季折々に色づく新宿御苑の木々を眺めていると、心がほぐれてアイデアが湧き出してくるという。また、新しい光源を発明すると、まず屋上から新宿御苑の暗闇に向けて照射してみる。事務所は石井さんの実験の場にもなっている。

「賢エネ」のすすめ

1階ロビーに飾られている作品の写真パネルは年に1度更新される。

2011年3月11日の震災以降、節電意識の高まりから、照明に対する風当たりは決してやさしいものではない。
「でもその一方で、震災をきっかけに家族や親子、友人との絆を強く感じた方も多いでしょう。こんなときだからこそ、あたたかな照明のもとに集って、大切な人たちとの豊かな時間を過ごしてほしいですね。

また、お年寄りのいるご家庭では、暗すぎるとさまざまな問題が出てきます。ただ照らすのではなく、家庭ごと、企業ごとに電気の使い方を考える『賢エネ』の時代が来たのだと思います」
自宅屋根には3.5kWの太陽光パネルを設置して、「自産自消」で家中の電気を賄っている。リビングやダイニングは、やわらかい間接照明。食事中にはあたたかなキャンドルの明かりをともし、テーブルを囲む。
「料理や読書などの作業をするときだけ、手元だけを照らすなどして限られた範囲を明るくする『適光適所』を実践すれば、賢エネは難しいことではありません」
石井さんの次なる挑戦は、「東京ゲートブリッジ」。お台場のレインボーブリッジのさらに沖に架かる橋の竣工は2012年2月。  都市を彩る優しく美しい景観がまたひとつ誕生する。
※本コラムは「homeclub」2012年1月号のインタビュー記事を転載しています。

石井幹子 (いしい もとこ)

東京藝術大学美術学部卒業。フィンランド、ドイツの照明設計事務所勤務後、石井幹子デザイン事務所設立。都市照明から建築照明、ライトパフォーマンスまで、幅広く活躍。代表作品に東京タワー、レインボーブリッジ、横浜ベイブリッジ、函館市や倉敷市などの景観照明、平城宮跡大極殿など。海外では上海ワールドフィナンシャルセンター、日独交流150周年記念イベント《平和の光のメッセージ》など。国内外で受賞多数。

涼しさを誘う インドアグリーン

暮らしに潤いを与えてくれるインドアグリーン。器選びや飾り方を工夫すれば、お部屋に涼しさを演出することができます。

日本のインドアグリーンの歴史

お部屋に小さなグリーンが一つあるだけで、安らぎを感じ、心を癒してくれます。日本では飛鳥時代に、草花を室内に飾る習慣が生まれ、平安期には中国から伝わった盆栽が貴族の間で広がり、やがて活け花の文化も庶民の暮らしに花や緑を飾る習慣となって定着していきました。このように日本人は室内に緑を上手に取り入れて、自然のもつ安らぎや涼感を暮らしに活かしてきたのです。

「涼」を感じさせるグリーン

では室内を涼しく感じさせるグリーンとはどのようなものでしょう。それには葉の形や色、ボリュームなどが関係しています。例えば、細い笹の葉を思わせるアレカヤシの種類は、窓辺に置くと微かな風にも葉を揺らし、涼しげな空気の流れを感じさせてくれます。また細い枝先に噴水のように葉を広げるドラセナも、室内に涼しさを伝えるグリーンのひとつです。明るい緑色の葉をもつパキラやポトスなど、見た目も爽やかで、光を優しく受けている様子は、木漏れ日の中にいるような心地よさを誘います。

グリーンと器で「涼」を演出

こうしたグリーンを、どのように飾ったらよいのでしょうか。
広めのリビングには、バッサイアやアレカヤシなど、背が高く存在感のあるグリーンを置いてみましょう。窓辺に置くと、葉が夏の日差しを和らげ、木陰にいるような涼しさを感じさせてくれます。鉢選びも、グリーンを飾る場合の大切なポイントになります。小さめのグリーンでも、高さのある鉢カバーに収めると、作品を展示しているような雰囲気が生まれます。色は白や黒などの無彩色の鉢にあわせると涼しさが引き出され、シンプルでモダンな印象になります。リビングのテーブルにはガラス鉢に清楚なアイビーをあしらってみるのも涼しい演出です。

例えばカヤツリグサやシラサギスゲなどをやや深さのある水鉢に植えて置いてみましょう。茎の先端に傘を広げたように細い葉を伸ばし、わずかな風にも揺れて心を和ませてくれます。玄関には、和の趣向をこらした盆栽風のグリーンを置いてみてはいかがでしょうか。小さなソテツを和風の陶器の鉢に合わせ、鉢土を苔でおおうと、涼やかな雰囲気が生まれます。キッチンには、ハイドロカルチャー(水耕栽培)をおすすめします。ハイドロカルチャーの魅力は管理のしやすさと器選びを自由に楽しめることです。小さな葉が可愛らしいアジアンタムをハイドロカルチャーにしてみると、ひんやりとした緑陰の空気を感じさせ、小さなオアシスをつくってくれるでしょう。ハイドロカルチャーは、水位計があれば鉢の中の水の量が分かりますので、管理が簡単です。

このようにグリーンは生活に潤いと安らぎを与えてくれるインテリアです。この夏、お部屋にグリーンを取り入れて、涼しさの演出を楽しまれてはいかがでしょうか。

世代がほどよくつながる、庭のある住まい

[群馬県 Eさま邸]

楽しそうに駆け回るお子さま、それを微笑みながら見守るご主人と奥さま。そして時折、庭からご両親が訪ねて来て......。春のやわらかな陽射しが降り注ぐ明るいリビングには、そんな温かい光景がよく似合います。

Eさま邸は、同じ敷地のなかにご両親の平屋もあり、2つの住居は庭でつながっています。家を建てる際、ご主人が思い描いていたのは、庭先でバーベキューをしながら、お子さまやご両親、友人たちが笑顔で楽しんでいる風景でした。お互いのプライバシーを守りつつ、家族が気軽にコミュニケーションできる暮らしは、多忙なご夫妻にとって安心して子育てができる住まいがあってこそ実現するのです。

Eさま邸の1階は、リビング、ダイニング、キッチンが一体となったパブリックスペース。リビング横の「蔵」は、現在はお子さまの遊具の収納場所としても大活躍。蔵上は、畳敷きのマルチスペースで、大きなガラス窓から1階を見渡すことができます。

また、キッチンには土間が隣接しており、そこからも庭へ抜けることができますから、庭でバーベキューをするときには、この土間がおおいに活躍してくれそうです。広いワークトップが印象的なキッチンは、洗面所や浴室と直線的につながっているため、家事動線がとてもスムーズ。奥さまにとっても、家事がしやすいと好評です。

2階には、ご夫妻の主室とお子さまの部屋があり、ユニークなのが主室です。ここは1階の蔵の高さを活かして、2階部分を畳敷きのリラックススペースに、2.5階部分を寝室にしたメゾネット式。さらに、Eさま邸にはゲストルームもあり、居室側の玄関ホールから廊下でつながっています。

印象的なのは、ゲストルーム側の玄関。吹き抜けのホールは大きなガラス窓に囲まれ、シンプルにデザインされた階段もあって、まるで小さなホテルのよう。また、居住スペースとゲストルームの間にも庭があり、両側から四季を楽しめる仕掛けとなっています。

そしてもっともEさま邸を特徴づけているのが、その外観でしょう。シンプルながら、存在感たっぷりの外観は、六面体が集まった積木のような造形で、独特の表情をつくっています。夜、各部屋に明かりが灯ると、幻想的な姿となって浮かび上がります。

開放的な外構のなかに、造形が美しいEさま邸、そして端正なご両親の平屋がほどよくつながって、二世帯が笑顔で集う素敵なお住まいとなっていました。

どうする? 感情的に怒ってしまったときの子どもへのフォロー(1)

AERA with Kids ☓ ミサワホーム

子どもとの時間をたくさん過ごす週末など、ついつい小言がエスカレートして感情的に「爆発」してしまった経験はありませんか。「いけない」と気がついていても、なかなか断ち切れないのが感情的な対応。今回はそんなときのフォローについてのお話です。

親のイライラに潜む 子どもに対する「思い込み」

ファミリーの画像

最初は注意をうながそうと、ちょっとした小言のつもりだったのに、何度も同じことを言ううちに怒りが膨れ上がって感情的になる......。親なら誰でもそんな経験があるはず。もちろん、子どもが憎いために怒っているのではありません。

なぜ、子どもを感情的に怒ってしまうのでしょうか。専門家によると、意外にも、怒りの本当の原因は親自身の心のなかにあるとか。仕事や家事で疲れていたり、子どものことで心配が重なったりすると、ふだんはなんでもない言動が、怒りへの引き金となってしまうのです。

また、親自身が無意識のうちに持ってしまっている、子どもに対する「思い込み」も原因であると指摘しています。

子どもは「こうあるべき」「こうするべき」といった決めつけだけではなく、「子どもをちゃんと叱らなくては」「その場で言ってきかせなくては」と、親としてのこうあるべき、という思い込みもあるのです。

怒られたときの子どもの本音は?

親が感情的に怒ったりすることはある?

  • お兄ちゃんとけんかしたとき。しかも「あなたがもっと大人になりなさい!」って言われる。意味わかんない (小6女児)
  • 怒られたとき、「なんでだよ」って返すと、
    ブチ切れる (小5男児)
  • お母さんたちって、いきなり怒り始めるよね。
    で、そういうキレてるときに謝っても許してくれないの (小6女児)
  • 宿題をやってて、疲れて少し休んでただけなのに、
    「ダラダラしないで早くやりなさい!」 (小6女児)

親に感情的に怒られたときはどんな気持ち?

  • こっちの話を聞いてくれないので、一方的に怒られるのは、
    なんか違うと思う (小6女児)
  • 「あっそ」っていう気持ち (小4女児)
  • 嫌だなって思っても、5分後には、
    自分のほうが悪いんだなって思う (小4女児)
  • お母さんサイテー、どっかいけ!って思う (小4女児)
  • なんも思いません。
    フツーって感じ (小4男児)

怒られた後、なんて言われる?どう思った?

  • 「言い訳はやめなさい」と言われるのはいや。
    言い訳じゃなく、ただ話しているだけなのに (小6男児)
  • 「強く言い過ぎてごめんね」って言われたことがある。
    そのときはうれしかった (小6女児)
  • こっちが謝っても「なんで怒られてるかわかってるの?」
    って言われる (小6女児)
  • 「ごめんなさいじゃすまないわよ」って言われて。
    そしたらいったいどうしたら許してくれるのって思う (小6女児)

次回コラムでは「怒ったときのフォロー8つのポイント」をお送りします。

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP