Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

緑豊かな眺望、光、そして風。自然を存分に感じる暮らし

[宮城県黒川郡 Sさま邸]

玄関から廊下を抜けてリビングの扉を開けた瞬間、ガラス越しに広がる眺望に目を奪われます。Sさま邸のこだわりは、なんといってもロケーションを最大限に活かすことにありました。

東南に向いた1階リビングダイニングにたっぷり設けられた開口部はそのままテラスや庭へと続き、その先は広い下り斜面。視界の向こうには田んぼや神社の森、さらには遠く山々が広がります。

「そろそろ自分たちの家がほしい」と思ったとき、Sさまご夫妻が最初に考慮したのは立地の地形でした。ご主人が大学で森林の研究をされていることもあり、平坦ではなく山や谷があるような起伏を活かした立地に家を建てたいという思いがあったからです。そして出会ったのが、現在の場所であり、「CENTURY蔵のある家」だったのです。

またご夫妻は、天井の高い明るい空間にもこだわりました。そこで1階のリビング脇に蔵を設け、その上に和室をつくることで、リビングは1.5階分の高さの吹き抜け空間に。そのため東南からは光が燦々と注ぐうえ、和室の窓を開けると風が心地よく吹き抜けていきます。緑・光・風という自然の息吹が、存分に感じられる家が実現しました。

リビングには東北の冬の寒さを考慮して床暖房を設置していますが、吹き抜けが1.5階分と高すぎないためか、予想以上に暖房効率がいいそうで、真冬でも床暖房だけで十分快適に過ごせるといいます。

2階はご夫婦の寝室と子ども部屋があり、どちらも東南に向いた広く明るい空間。廊下や階段の幅もできるだけ広くとることで、各部屋へのアプローチにもゆとりが生まれています。さらに蔵の構造を活かした約2部屋分の収納スペースもあり、収納面での希望も叶えました。

現在、テラスを増設したり、庭や畑をつくったりと、ご夫妻のライフスタイルに合った空間づくりを楽しんでいます。

北海道の大自然に佇むログハウスの書斎 作家・動物学者畑正憲さん

フィンランドから丸太を輸入

書斎の南面の窓の外は梨や林檎の木が立ち並ぶ。今は一面の銀世界だが、春には花のトンネルになり、秋には実をつける。ここから眺める夕焼けの美しさは格別で、夕陽が雄大に沈む。

北海道・中標津町の「ムツ牧場」に建つ畑正憲さんの住まいは、赤味を帯びた丸太が深い味わいを醸し出す築32年のログハウス。
「当時、よく北欧を訪れていて、フィンランドで泊まった宿がログハウスだったのです。すごく気に入って、丸太はもちろん、建具や家具も欧州アカマツ材でオーダーして輸入しました。ヘルシンキからはるばるシベリア鉄道経由で苫小牧の港まで運ばれてきたんですよ。新築の頃は白木でしたが、年月を経て、ほら、こんなにいい飴色になりました」と微笑む。

牧場は70万㎡にも及ぶ広大な敷地で、数十頭の馬が草をはみ、野鳥やエゾモモンガなどさまざまな野生動物が棲息する。キタキツネがやってくると愛犬たちが騒ぎ始めるので、すぐにわかるそうだ。

真っ赤に染まる夕暮れが好き

デスクの後ろに飾られたユーカリの木の絵はブラジルで出会った一枚。忘れられないエピソードが秘められていた。

畑さんが最も長く過ごすのが南側にある書斎。続きに膨大な蔵書を収めた書庫もある。執筆に熱中し、気がつくと丸一日経っていることも珍しくない。この部屋から『人という動物と分かりあう』『ムツゴロウの動物交際術』など、多くの名著が生まれた。そんな畑さんの姿を見守るかのように、デスクの背後の壁にはユーカリの木を描いた大きな絵が飾られている。
「ブラジルのリオグランデという町の古いゴルフクラブを訪れたとき、壁にかかっていた絵です。僕が見とれていると、白髪の大男が『お前、買わないかい?』と声をかけてきました。絵を描いた本人だったんです。値段を聞くと、1000ドルでいいという。後から彼はグレウスという名の知れた画家だとわかりました。眺めているとブラジルの空気が伝わってくるようで、この絵だけは手放さずにずっと大切にしています」

「旅行に行くとトランク1個分の本を買ってくるから、書庫の本は増えるばかりです」と目を細める畑さん。

書斎の窓の外には300本以上もの梨と林檎の木が育っている。今は一面の雪景色だが、北国の遅い春を迎えると、ピンクや白の花が咲き誇り、まるで桃源郷のよう。そして秋にはたわわに果実がみのり、人間だけでなく、小鳥や動物たちのご馳走となる。
「窓から広がる夕暮れの景色が大好きなんです。火事になったかと思うくらい真っ赤な夕焼けが広がって、溜息が出る美しさです」
物音ひとつしない静かな大自然の中で、時間を忘れて心おきなく読書にふけり、ときに絵筆を握る。世界を旅してまわり、仕事で東京に滞在することも多い畑さんにとって、木の温もりに包まれた書斎は、自分に還ってホッとするかけがえのない場所なのだろう。

畑正憲 (はた まさのり)

1935年福岡市生まれ。東京大学理学部卒業後、学研映画に入社し、記録映画の制作に携わる。その後、作家として著作活動に従事する一方、1972年に北海道に動物王国を建国。1980年より21年間にわたって放映された「ムツゴロウとゆかいな仲間たち」により、「ムツゴロウ」の愛称で人気を博す。1968年に『われら動物みな兄弟』で日本エッセイスト・クラブ賞、1977年に第25回菊池寛賞、2011年に第1回日本動物学会教育賞を受賞。

やわらかな灯りでつくる 寛ぎの時間

灯りを抑えると室内に奥行きと落ち着きが生まれます。照明の工夫でつくる灯りの演出と寛ぎの時間を楽しんでみませんか。

暮らしに見る日本の灯り

日本の夜はどこの国よりも明るいといわれます。これは街路灯の明るさに加え、家庭内にある蛍光灯が強い光を出しているためです。一方ヨーロッパの夜景は、日本に比べると明るさが控えめです。夜が更けてもなかなか電気をつけないこともありますが、主にフロアスタンドやブラケットだけで部屋の灯りをとっているからです。

日本でも、かつてはあんどんやローソクなどで室内の灯りをまかなっていました。蛍光灯は第二次世界大戦後、豊かさの象徴と考えられ、急速に一般家庭に広まっていきました。しかし今は、ホテルの照明のように明るさを抑え、室内を落ち着いた雰囲気に見せる傾向にあります。

明るさがつくる体内リズム

明るさを抑えた空間では、なぜ寛ぎや落ち着きを感じるのでしょうか。人は、太陽光や蛍光灯などの強い灯りを受けると、交感神経の働きによって緊張感を高めます。逆にほの暗い灯りであれば、副交感神経が働きリラックスするという体内リズムを持っています。ホテルに入って落ち着いた印象を受けるのは、フロアスタンドやブラケットなどの補助照明による灯りで空間を演出しているからです。このように室内に陰影を生む補助照明を上手く取り入れることで、家庭でも寛いだ雰囲気をつくり出すことができます。

灯りでつくる寛ぎの時間

明るさを抑えた照明の演出で、寛ぎを感じる空間づくりをしてみましょう。例えばリビングは、家族の会話やテレビを楽しむ空間ですが、主照明を消し、フロアスタンドやアッパーライトで天井や壁を照らしてみましょう。反射したわずかな光は室内に拡散し、いつもと違う雰囲気になるはずです。大人同士の落ち着いた語らいを楽しむ時には、スタンドの灯りか床からの照明だけにしてみましょう。リラックス効果が高まりますし、寛ぎの空間演出にもなります。

寝室は、眠りまでの時間を大切にしたい空間です。交感神経を刺激しないよう、光源は目に直接入らない位地に置きます。

フロアスタンドは足元側におき、ダウンライトも照度を落とすか壁側を照らすと安らぎの時間をつくる灯りになります。またわずかな灯りは安眠を誘います。ダイニングテーブルの上には、料理をよりおいしそうに見せる暖色系の電球を取り入れてはいかがでしょう。ペンダントの灯りをメインにすれば、家族の会話もさらに広がります。このように補助照明によって灯りを上手に取り入れると、部屋に奥行き感と落ち着いた雰囲気が生まれ、心と体をリラックスさせてくれます。

そして灯りを抑えることは、エコライフにもつながります。暮らしのさまざまなシーンで灯りを工夫し、寛ぎの時間を楽しんでみませんか。

シンプルモダンのなかにこだわりの個性を

[神奈川県横浜市 Aさま邸]

Aさまご夫妻が求めていた住まいは、シンプルモダンスタイルをベースに個性を表現した唯一無二の家でした。お二人とも、展示場の見学を中心に、念入りな情報収集によって明確なイメージを描き、特に細部へのこだわりのあるご主人がプランニングを牽引。シンプルながら、Aさま邸ならではの素敵なお住まいを実現しました。

Aさま邸へは、まず小径のようなアプローチを通ってエントランスへ。扉を開けると、白い壁、白い床の人工大理石に囲まれた広いホールに光が満ちていました。ホールの西側と正面に開口部があり、そこからの光がエントランス全体に明るい表情を添えているのです。また、正面中央のスケルトンの階段も印象的で、奥の開口部にはお隣のグリーンが借景のように映り込んでいます。

そして2階のパブリックスペースへ。Aさま邸は、1階に主室や書斎、子ども部屋などの個室、洗濯室が配置され、2階にリビング、ダイニング、キッチンがあるという空間構成。特徴的なのは、2階に扉がないことでしょう。「蔵」が設置されている分、天井が高いこともあり、空間全体にすっきりとした抜け感があります。それでいて、ダイニングとリビングの位置をずらしてあるため、落ち着きのある心地よい空間となっています。

このリビングに連続した「ヌック」は、ご主人のこだわりのひとつ。ヌックとは、家族が自然に集まる場所としてフロアと段差を設けてつくられる空間のこと。ここにはテキスタイル畳を敷き詰め、お子さまのプレイルームになったり、お客さまをおもてなしする和室になったり。家族がさまざまにくつろぐために活用されています。

また、照明にもこだわりを発揮。ダイニングにはモダンスタイルの美しいペンダントライトが、リビングにはダウンライトのほか、壁に庇を設けてその内部から天井面に柔らかな光を拡散させるコーブ照明を配置。夕暮れから夜にかけて、照明に明かりが灯ると、空間全体がドラマチックに演出される仕掛けです。さらに、奥さまがこだわったのは、キッチンのアイランド型ワークトップ。ご自分の使い勝手を考えたオーダーメードで、インテリア家具のような美しさです。

さて、Aさま邸では空気環境をデザインする「エアテリア」が採用されています。室内のヒートショックを憂慮したご主人のご希望で、室内の温度・換気・清浄を整え、夏も冬も、梅雨でも花粉の季節でも、家中どこでも快適に過ごすことができると好評です。

こだわりの家は、まさに永く愛着を持って住むことのできる家。Aさまご家族が、ここで楽しく暮らす様子が素直に伝わってきました。

どうする? 感情的に怒ってしまったときの子どもへのフォロー(2)

AERA with Kids ☓ ミサワホーム

親子の画像

子どもは年齢が上がるにつれて、自我も強くなり、親に反抗するようにもなります。親の一方的な決めつけや、親としての思い込みは、子どもの反抗心を抑え込んで自我をゆがめたり、個性を否定したりすることになりかねません。

ふだんから、自分にどんな決めつけや思い込みがあるのかを考えることで、感情的なコントロールがしやすくなります。まずは、自分のなかにある「こうあるべき」をじっくりと考えてみることから始めましょう。

なるほど!また怒っちゃったときの子どもへのフォロー8つのポイント

ポイント1
「しまった」と思ったら、すぐに謝る
感情的になったと気づいたときは、「ごめん」と一声かけましょう。できるだけ早いほうがベターですが、子どもの感情が高ぶっているようなら、少し間をおいて声をかけてあげてください。
ポイント2
感情的に怒ったことについては、素直に謝る
感情的に怒ってしまったことは、素直に謝りましょう。ただし、「約束を破った」ことについてなど、叱る原因になった子どもの行為への叱責は話が別。分けて考えるようにしましょう。
ポイント3
「なんで怒ったと思う?」と理由を考えさせる
怒られた時点で、子どもの多くはその理由をわかっている場合が多いものです。 「誰が怒らせたの?」ではなく、「あなたの意見を聞かせて」と話しかけましょう。
ポイント4
子どもが理解していないなら、
自分から説明する
ひとつひとつ、子どもが何をしたのか、自分がどんな気持ちになったのかを冷静に言い聞かせましょう。
ポイント5
最後に「どうしようか?」と
子どもの意見を求める
子ども自身にも、次からどうしたらいいかを考えてもらいましょう。親から意見を押しつけるのではなく、自発的に考えることで同じことを繰り返しにくくなります。
ポイント6
子どものことを案じて怒ったのなら、
その心情も伝える
帰宅時間が遅かったなど、何かあったのではないかという心配をしていたことは、素直に伝えましょう。「心配した」というのは、いつも気にかけているというメッセージでもあります。
ポイント7
子どもからの謝罪はちゃんと受け入れる
たとえぶっきらぼうでも、子どもにとっても「ごめん」は葛藤を経て口に出すひと言。ここで「本当にわかっているの?」と問い詰めてしまうと、子どもの思いが報われません。
ポイント8
一段落したら蒸し返さず、ふだん通りに接する
怒りはあくまで子どもではなく、行為に向けられたもの。自分のなかに、まだ消化しきれていないモヤモヤが残っても、一段落したら、思い切ってその場を切り上げましょう。

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP