Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

これからの人生に勇気をくれた、愛宕神社 タレント新田恵利さん

都会のパワースポット

取材の当日には、ほおづき縁日が行われていた。「ほおづき市は3~4年ぶりです。この時期は緑が多くて、特に気持ちがいいですね」と、アイドル時代と印象の変わらない愛くるしい笑顔で語る新田恵利さん。

40歳少し手前の時。この先、人間として女性としてどう生きるか、思い悩んだという新田恵利さん。
「『女が終わっちゃう!』って思い込んでいたんです。今から思えば変な焦りだったんですが、当時は本当にどうしたらいいのか...」
悩みの答えを探すため日本全国の神社を訪ね歩き、たどり着いたのが東京・港区の愛宕神社。
「都会の真ん中なのに、階段を上れば別世界で、とても神秘的でした。偶然にもほとんど人影がなく、静かな気持ちで自分を見つめなおすうちに、答えは出ていないのですけれど、もやっとした気持ちがすっかり晴れていたんです」

『出世の石段』と言われる男坂。かなり急な階段だが、年齢を問わず、参拝者の多くがこの階段を上ってくる。新田さんももちろん、階段から現れた。

一時期は都内に出るたびに通い、実家のある埼玉の友人と落ち合うのも、愛宕神社だった。
「たとえ10分程度のお参りでも、心がすーっと澄んでくる。まさに私にとってのパワースポットです。この神社をお詣りするとき、『男坂』は欠かせません。別名『出世の石段』と言われる急な階段で、上から見下ろすと足がすくむほど。毎回、途中で後悔するんですが、その分、上りきったときの達成感は格別! オススメです」

いつかは自分の手で家を建てたい

鳥居の前には、夏の風物詩・茅の輪が飾られていた。

湘南のご自宅を建てたのは2000年。家への憧れが強く、「見た目重視」で建てたところ、「使いづらいなぁ」と思うように。そこで6年前に思い切ってリフォーム。新しい工法によって柱が取り払われ、約20畳の広々としたリビングルームを手に入れた。居心地の良さを求めてその後も脱衣所、シューズボックスとリフォーム。

「脱衣所はデザイン画を自分で描いて、理想の蛇口がなかったから、自分でネットで探したんです」
そんな新田さんの自宅でのお気に入りの場所は、3階部分の東南にあるベランダだ。
「夏の夜はお風呂上りに涼んだり、冬なら流星群を見たり。一人きりで頭の中を整理する時間が持てて、すごく癒される場所です。ただ、家で一番日当たりが良い場所で、ベランダにしておくのはもったいない気もしてきたので、西側へのリフォームを検討中です」

亡くなったお父さんは大工さんだった。ものづくりの血を継いだ新田さんも最近、「自分で家を建てたい」と思うように。
「北アルプスの景色に憧れているから場所は安曇野。玄関ホールが広くて、お友だちをそこでおもてなしできるような家を思い描いています。でも主人が安曇野から会社に通ってくれるかなぁ。それが一番の問題ですね(笑)」

新田恵利 (にった えり)

1968年埼玉県生まれ。伝説のテレビ番組「夕焼けニャンニャン」(フジ系)発のアイドルグループ「おニャン子クラブ」会員番号4番としてデビューを果たし、ソロ・シングル「冬のオペラグラス」も大ヒット。おニャン子クラブ解散後は、タレントとして活躍。「ありがとッ!」(テレビ神奈川)水曜日にレギュラー出演。趣味のものづくりの知識を生かし、「新田恵利の作るの大好き!!」コーナーを担当する。趣味は手芸、旅行など。「デコアーティスト技能検定」1級取得。インストラクターの資格を有する。

和室で寛ぎのひとときを楽しむ

和室はさまざまに活用できる機能性と伝統美を合わせもった空間です。機能と伝統から生み出される和室の居心地のよさを再確認してみましょう。

和室をもっと気軽に活用してみませんか。

畳は直接触れることを想定して作られています。まず横になって思いきり手足を伸ばしてみましょう。きっとリラックスするための最適な空間であることがわかるはずです。畳の適度なやわらかさと、ひんやりした肌触りは心地よく、夏の疲れたからだを癒してくれます。ゆっくりと呼吸をしてみるとイグサの香りも広がり、ストレスも緩和されていくことでしょう。

和室はまた、ゆっくりと語らうのにもよい空間です。たまには食卓をダイニングから和室に移してはいかがでしょうか。いつもと雰囲気が変わり、思いがけない話題が広がるかもしれません。ご夫婦でワインを楽しみながら、普段ゆっくり話せないことを心ゆくまで語り合うのもよいものです。

和室はものを広げて作業する空間としてもおすすめです。家族の写真を広げてのアルバムづくり、手紙の整理や着物の手入れなど、テーブルの上ではできない作業が可能です。また、始めてしまうと片付けることが難しい鉄道模型やジグソーパズルなど趣味に没頭する場合も、ふすまで隠せる便利な空間です。

小さなお子さまがいらっしゃる場合は、遊び部屋としても使え、畳であれば転んでも心配が少なく安心です。
和室はくつろいだり、家族との語らい、そして趣味を楽しむなど多様な使い方ができる部屋です。もっと気軽に活用して、居心地のよさを見直してみませんか。

シャープな空間にやさしさを添えた、モダンスタイルの住まい

[兵庫県 Mさま邸]

大きさの異なる長方形がいくつも重なり合うように見えるMさま邸の外観。シンプルで街並みに調和しつつも、独特の雰囲気を醸し出しています。

Mさま邸のフォルムデザインをひと言で表すなら、「直線の妙」と言えるかもしれません。直線はまた、室内の空間においてもデザインのキーワードとなっています。
たとえば、1階のエントランスから続くホールは、一直線にパブリックスペースへと伸び、透明ガラスでできたフレームレスの扉の向こうを望むことができる仕掛け。
また、ダイニングとリビングが一体となったパブリックスペースには、高く伸びた太い柱が2本。ダイニングの吹き抜け空間の力強いアクセントになっています。
光をたくさん採り入れようと、複数の大きな開口部が設けられ、空間にやわらかな光が注ぎ込みます。

もうひとつ、Mさま邸の特徴として「硬軟の妙」もあげられるでしょう。これは硬質な素材とやわらかな素材を巧みに組み合わせ、シャープさにやさしさを添えています。
たとえば、開口部にはフロストガラスがはめ込まれ、南面の強い陽射しをやわらかなものにしています。
またパブリックスペースの床は大理石の硬い材質で覆われていますが、2階への階段はカーペット。ソファやチェアも布製で、あたたかさを演出しています。

こうした空間の構成やデザインの牽引役となったのがご主人。住まいへのこだわりが明確で、それらを一つひとつ形にしていきました。
一方、奥さまがこだわったのは、やはりキッチンでした。あえて空間を独立させ、中央に広いワークトップを備えたアイランドキッチンを配しています。

もともと住まいには、モノの少ないすっきりとした空間を望んでいた奥さま。広いキッチンには十分な収納もあり、作業中でも扉を閉めてしまえば、ダイニングやリビングから中が見えることはありません。

1階にはほかに、洗面所やバスルームなどの水廻り、ゲストルーム、ライブラリーがあります。
ユニークなのがライブラリーで、ここはご主人の書斎兼お子さまの勉強部屋。ホールからも、リビングからも出入りができて、親子でライブラリーにこもることも多いとか。
また2階にはご主人自慢の広々としたオーディオルームがあり、コンパクトな劇場といった風情です。

さらにご主人と奥さまそれぞれのウォークインクロゼット、子ども部屋、主室が中庭を囲むように配置されています。

Mさま邸は、ご家族一人ひとりがゆとりをもって過ごすことのできる、まさに「大人仕様」のお住まいでした。

読書感想文から始める作文力アップの方法とは?

AERA with Kids ☓ ミサワホーム

文章を書く「作文」という行為は、自分の気持ちを言葉で表現する大切なスキルとなります。夏休みの宿題で親子を悩ませるのが「読書感想文」。

学校でもなかなか教わらない「作文力」を身につけることで、子どもたちが夏の難関をらくらく突破できるよう、取り組んでみてはいかがでしょうか。

良書をたくさん読ませて読解力を身につけさせよう

読書感想文から始める作文力アップの方法とは?

読解力とは、本を読んで内容を理解するとともに、行間から書き手の言いたいことを汲み取る力のこと。この読解力は、表現力とも密接に関係しています。

たとえば、同じテーマで何かを書かせると、本をたくさん読んでいる子どもと、いない子どもとでは、その違いがすぐにわかるといいます。

読解力のある子どもは、話のつながりが自然で、修飾語や比喩を上手に使いながら、作文全体をまとめることができます。一方、あまり本を読まない子どもは、事実を短く記述するだけの文になりがち。ですから、作文力をアップさせるには、まずはたくさんの本を読んで読解力を身につけることが大事なのです。

物語が苦手なら、絵本や写真集、工作本などでもいいでしょう。大事なことは、そこに含まれているメッセージについて親子で語り合うこと。そうすることで、メッセージを読み解くことができるようになるうえ、メッセージに対する子どもなりの意見や感想を引き出すこともできます。それが、表現力へとつながっていくのです。

読書感想文を利用して作文力を磨く

作文の目的は、「自分の思いを言葉でわかりやすく伝える」こと。自由作文では自分の感じたことだけを書けばいいのですが、読書感想文はそうはいきません。作者の意図を理解し、自分の意見も書かなければならず、同じ作文でもよりハードルが高いのです。それでも、読書感想文にチャレンジすることは、間違いなく「作文力」を磨くことになりますから、上手に導いてあげることが大切です。

まず、子どもがどんな感想文を書いているのか、どんなところで困っているのかをしっかり整理することから始めましょう。次に、3つのステップを踏みながら下準備を行います。そのうえでいよいよ書き出してみる。そうしたトレーニングを繰り返すことで、少しずつ「自分の思いを言葉でわかりやすく伝える」ことがスムーズにできるようになります。

そして、本をたくさん読むことに加え、作文を書くことに苦手意識を持たないようにするためにも、日ごろから本のあらすじや感想などを言葉にし合う習慣を親子で身につけるようにしたいものです。

書けない理由を整理しよう!

「読書感想文を書いてみよう」と言われても、なかなか書けない子どもの場合、その理由はどこにあるのでしょう。まず、子どもがどこでつまずいているのかを探ってみることが大切です。

どうしても書けない...

とにかく作文が苦手で前に進めないということはありませんか?原稿用紙に向かっても、何をどう書いていいかわからず、少し書いただけで止まってしまいがちです。

  • 書き進まない原因は、本を読んでもあまり喜怒哀楽を感じないからかも。書く前に、「感想を口に出す」練習から始めましょう。
  • 書くことが決まっていても、なかなか鉛筆が進まない場合は、単に書き慣れていないことが原因。日記や手紙などで、紙に文字を書く習慣をつけてあげてください。
あらすじをそのまま書くだけ...

本を読んだ感想ではなく、あらすじを長々と書いてはいませんか?原稿用紙は埋まっているので、本人は書けた気持ちになっていることも。

  • 本を読んで思うことはあっても、言葉で表現することができずに、とりあえずあらすじを書いていることが多いもの。この場合も、感想を口に出して話す練習を続けてみましょう。
  • 気持ちを言葉にできても、どうしてそんな気持ちになったのか、その理由を説明できない場合もあります。「なぜそう思ったの?」と、その理由を引き出してあげるようにしましょう。
言いたいことだけを書く...

すらすらと書いているように見えますが、思いつくままに書いているため、話があちこちに飛んだり、同じような話が何度も出てきてはいませんか?結局何を主張したのかがわからないことが多いケースです。

  • 思いついたことから書いてしまっています。その場合は、書く順序が決められなかったり、文章をどうつないでいいのかわからないのかもしれません。まず、感想をすべて口に出してしまい、整理することが大切です。そのうえで、いろいろ感じたことのなかから何を書くのかを決めていくようにしましょう。

すぐに実践できる 感想文を上手に書くための3ステップ

ステップ1 書く前に「心の動き」を付箋でチェックしよう「感想」を自分で認識することができるようになります。
  • 感想文を書くために本を読む場合は、丁寧に読み込むことが必要です。全体のストーリーを追うと同時に、「自分の心が動いた場面」をはっきり意識するために、気になる場面に付箋でしるしをつけるようにします。本を読んで感じたことのうち、何を書くかが決まらずに迷っている子どもも、前に進めるようになります。
  • 低学年の子どもの場合は、「本を読んで心が動く」といってもピンとこない場合もあるかもしれません。そんなときは、「ドキドキしなかった?」「心配しなかった?」など、声をかけることで「感想」という概念を理解させることも大切です。
ステップ2 付箋を貼った場面を書き出してみよう 内容をしっかり整理することができるようになります。
  • ノートを用意して、付箋を貼ったページ番号とその場面を簡単に表現した見出しを書き出します。加えて、悲しいとか心配したといった自分の気持ちもまとめます。低学年なら、わかりやすいマークを記入してもいいでしょう。
  • 各見出しを見比べ、実際に書くときの優先順位を決めます。書く順番はあまり深く悩まずに、まずは一番心に残った場面を子どもに選ばせ、ノートに順番をつけていきます。
ステップ3 感想文を豊かにする材料をそろえよう 読み手を引きつける感想文が書けるようになります。
  • 本の内容とリンクする自分の体験についてまとめてみましょう。本の主人公の行動や感情と比較したり、その体験で何を感じ、何を学んだかまで書くようにすると、さらに内容が豊かになります。
  • 書き出しの工夫を親子で考えてみましょう。素直な感想から入るパターン、本の中の言葉で始めるパターン、自分の思いを強く語るパターンなど、アイデアを出し合いながら進めると楽しくなります。
  • ラストのまとめ方も大事です。単に面白かったではなく、本から学んだことなどで締めくくると完成度が変わってきます。

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP