Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

サントリーホールは私のパワースポット 歌手・女優姿月あさとさん

大舞台で歌う夢が叶った喜び

「サントリーホールには独特のオーラがあり、ここで聴く音楽の響きが大好き」と姿月さん。

東京都港区にあるサントリーホールは、日本のクラシック音楽の殿堂だ。その大舞台でいつか歌うのが夢だったという姿月あさとさん。想いが叶ったのは2006年。作曲家の三枝成彰氏のプロデュースを得て、シンフォニック・コンサートを3年連続で開催することができたのだ。フルオーケストラを従えてオペラのアリアを歌うのは、元宝塚歌劇団の男役トップスターだった姿月さんにとって新たな挑戦だった。
「一から必死で発声の勉強をして、オペラの歌唱法をトレーニングしました。マイクをつけずに歌い上げた自分の声がオーケストラと融け合い、ホールに響き渡ったときの感動は今も忘れられません」

大ホールは全2006席が葡萄の段々畑状になったヴィンヤード形式。音楽の響きは太陽の光のようにすべての席に降り注ぐ。壁面にはウイスキーの貯蔵樽に用いるホワイトオーク材が使われている。

プライベートでもサントリーホールに足を運ぶことは多い。
「仕事柄、普段は機械を通した音を聴いているので、たまに好きなクラシック音楽を生の音で聴いて、自分の耳をリフレッシュしたくなるんです。ふと思い立って当日券で聴くこともありますよ」
姿月さんにとってサントリーホールは気力がみなぎるパワースポットであり、心をほぐしてくれるエステのような存在でもある。

不必要なモノを持たない暮らし

アークヒルズの一角にあるサントリーホールの壮麗な外観。

華やかな雰囲気をまとう姿月さんだが、お住まいはいたって簡素。家具は最低限のものだけを備え、調度品も飾らない。 「1995年の阪神淡路大震災のとき、宝塚のマンションで被害に遭い、部屋がグシャグシャになりました。モノが倒れるというよりも飛んでくるのが恐ろしくて。それ以来、家財に対する価値観が変わって、高価な食器でもしまっておかずに普段に使い、必要ないものは一切持たなくなりました」

すっきりとシンプルなリビングでキャンドルを灯し、アロマを炊いて、静かにお酒を楽しむ夜のひとときが好きだという姿月さん。ただし、飲んだ後でもグラスは洗ってピカピカに磨いておかないと気が済まない。
「実は私、自分でもあきれるほどのきれい好きなんです。掃除機をかけた後は、掃除機自体も洗うほど。毎日、一休さんのようにタタタッと床の雑巾掛けをしますし、窓も磨き上げます。お風呂に入っても、浴室を洗う時間の方が長いくらい。だから家にいるとかえって疲れるんですよ(笑)」
衣食住にわたって無駄なものをなくし、きちんとした暮らしをして日々を丁寧に過ごしていきたいという姿月さん。その生き方に凜とした美しさを感じた。

姿月あさと (しづき あさと)

1970年大阪生まれ。1987年宝塚歌劇団に入団。1998年3月「宙組」の初代トップスターに抜擢される。2000年5月宝塚歌劇団を退団。同年6月よりソロボーカリストとして新たに出発。以降、抜群の歌唱力を生かし、多数のコンサート、ライブに出演。

「スローフード」で広げる食の楽しみ

旬の味には季節を楽しむ喜びがあります。家族で囲む食卓には笑顔が生まれます。
毎日の「食」をもっと楽しむ方法についてご紹介します。

「食」は教えてくれる。

「食」は暮らしの中の喜びであり楽しみの一つです。「食」をもっと楽しむために、スローフードの考え方を取り入れた「食」の楽しみ方をご紹介します。

一つ目は「食材を活かす」ことです。まずは、旬の食材をつかうことをおすすめします。他の時期にはない食材本来の味わいや香りが楽しめると同時に、栄養価も高く、まさに季節を食べる喜びを感じるはずです。
地元の食材を使うことも大切です。地域の気候風土になじんだ食材と代々受け継がれてきた調理方法から生まれる味は、子どもたちの心に故郷の味として残っていくでしょう。

二つ目は「家族で作る」ことです。最近は親子で料理を作る機会が少なくなり、食材や調理方法を知らない子どもが増えています。
まずはお子様と一緒に買い物に出かけることから始めてください。食材について話す機会になるうえ、一緒に料理を作るきっかけにもなるはずです。

週末はぜひ家族一緒に料理を楽しんでください。家族で役割を決め、全員が参加すれば、食べることへの期待も膨らみます。庭で野菜を育て、収穫し、料理に使うことができれば、わが家の理想的なスローフードができあがります。

「楽しい食事」は美味しさを増すだけでなく、家族の時間を創り出してくれます。スローフードをわが家の食卓に取り入れ、「食」の楽しみを広げてみませんか。

世代がふれあいを育む、和室と中庭のある暮らし

[香川県高松市 Mさま邸]

高松市の郊外で、ひときわ目を引く和モダンな佇まいのMさま邸。2階建ての子世帯と平屋の親世帯が中庭を挟んでコの字につながる二世帯住宅で、南北に長い敷地を上手に活用して美しいバランスで配置されています。

「世代が異なる両親とは生活時間や暮らし方が違いますから、玄関から別々にしてお互いのプライバシーを大切にしながら、どこかでつながり、仲良く交流が図れる二世帯住宅にしたいと思いました。戸外でくつろげる遊びのスペースもほしかったので、中庭や広いバルコニーもつくりました」とMさまは振り返ります。

子世帯にお伺いすると、1階にシンプルモダンなLDKが開放感いっぱいに広がっていました。折り上げ天井が印象的なリビングの大きな窓からは、シマトネリコが緑の木陰をつくる中庭の眺めが広がり、中庭越しに対面するご両親宅の暮らしの気配もさりげなく伝わってくるので安心です。

ペニンシュラタイプのダイニングキッチンは奥さまのお気に入り。キッチンの後ろにはスライドドアの壁面収納があり、家電や食器類、冷蔵庫もすべてここに収まっています。「この収納のおかげで、苦労しなくてもキッチンまわりがすっきりときれいに保てるのがうれしいですね。ふいの来客時にもサッと片付けられてとても便利です」と顔をほころばせます。

子世帯と親世帯をつなぐ廊下に設けられたモダンな和室は、両世帯の共有スペース。クリスマスや忘年会、お正月、お誕生日など特別な行事の際にはこの和室に全員が集まって、庭の眺めを楽しみながら会食されるそう。3世代6人家族の幸せそうな団らんの様子が目に浮かぶようです。

また、中庭につくられた広いタイルテラスは、お子さまの格好の遊び場。夏場にはプールを置いて水遊びをしたり、友達を招いてバーベキューをしたり、アウトドアリビングとしても大活躍です。

今日も楽しそうに廊下を走って、「大好きなおじいちゃんとおばあちゃんの部屋」に向かうお子さま。
お二人目が誕生したばかりの奥さまは、その様子に目を細めながら、「産休が明けたら仕事に復帰するのですが、両親に子どもの面倒を見てもらえるので助かります」と語ります。一方、ご両親は「孫とお絵かきしたり、歌ったり踊ったり、いろんなことをさせてくれるので、毎日変化があって楽しいですね」とにっこり。
両世帯がほどよい距離感を保ちながら温かく交流し、お子さんの成長を一緒に見守る暮らし。理想の二世帯同居のカタチがここにありました。

今や小学生の3人に1人が持っている!携帯電話を安心・安全に使わせるには?

AERA with Kids ☓ ミサワホーム

小学生の3人に1人は持っているといわれる携帯電話。
親にとっては安否確認や連絡に役立つ半面、子どもの過剰なメールや危険なサイトへのアクセスなど、親として気がかりな点もあるはずです。
子どもに携帯電話を安全に使わせるためにも、利用に関するルールを親子でしっかりと話し合ってみませんか。

ルールを決めてしっかり守る

携帯電話は、親がその必要性を感じる前に、子どもが欲しいと言い出したら、「なぜ欲しいのか」「何に使うのか」という思いに耳を傾けましょう。その上で、使う上でのルールや責任をきちんと納得させることが大切です。

その際に大事なポイントは、「場所」「機能」「相手」「時間」「料金」「マナー」の6つ。左のポイント欄を参考に、使用する際のルールを親子でしっかりと話し合いましょう。

また、ルールは守らなければ意味がありません。ルール違反があったときは1回目でイエローカード、2回目にはレッドカードで1週間は使用禁止にするなど、守るための工夫も必要です。

フィルタリングで安全対策

子どもに安心して携帯電話を使わせるには、サービスで提供されている機能を活用することも大切です。その一つが、出会い系サイトやアダルトサイトといった子どもにとって有害なサイトへアクセスできないようにする「フィルタリング」機能です。

フィルタリングとは、アクセスしようとしたサイトに未成年者に有害な情報が含まれていないかどうか、サイトに含まれるキーワードから判断し、問題があれば自動的にストップする仕組みのこと。携帯電話通信会社それぞれが無料で提供していますので、ぜひ利用したいものです。

安心・安全のためのポイント 1 絶対してはいけない携帯電話の与え方

  • 「友だちが持っているなら」と安易に考える
  • お父さんが「株を上げるために」買う
  • 「親が知らないうちに」祖父母が与える

安心・安全のためのポイント 2 子どもと一緒にルールを設けよう

場所

自分の部屋に持ち込むことを許すと、長時間使う原因に。必ず、親の目の届く範囲で使うようにしましょう。

  • 子ども部屋では使わない
  • 保管は親の目の届く居間にする
機能

暗証番号は親が管理し、勝手にダウンロード購入などができないようにします。使わせたくない機能はあらかじめ契約時に外しておきましょう。

  • メールは両親が確認してから
  • ネットは極力使わない
相手

家族や友だち以外の知らない人に電話したり、電話を受けたりしないようにします。メールも、知らない人とのやり取りは禁止しましょう。

  • 家族限定(祖父母含む)にする
  • 友だちは親も知っている範囲に
時間

家庭内では、決められた時間帯だけ使うようにし、食事など家族との団らん時には、使わせないようにしましょう。

  • 深夜や食事中は使わない
  • 通話は必要なときに短く
料金

利用料について話し合い、金銭感覚を身につけさせましょう。月ごとに支払う料金を決め、オーバーしたらペナルティを与えてもいいでしょう。

  • 利用料の話をきちんとする
  • 利用料が極端に上がったら解約も
マナー

親が率先してマナーを守ってみせることも重要です。相手を傷つけないメールの言葉づかいや表現などにも気を配りましょう。

  • 電車やバスではマナーモードに
  • 歩きながらメールしない

安心・安全のためのポイント 3 小学生の間は「フィルタリング」を

インターネットのサイトは携帯電話からも自由に見ることができますから、小学生の間は「フィルタリング」機能が必須となります。機能には「ホワイトリスト」と「ブラックリスト」の2つの方式があります。

ホワイトリスト

携帯電話会社が認めた、安全なサイトのみアクセスできる方式。すべてのサイトが事前に審査され、厳しい監視のもとに運営されています。そのため、塾やクラブなどの連絡用に使っている掲示板などにアクセスできなくなることも。

ブラックリスト

青少年にとって有害なコンテンツや、犯罪に関連したコンテンツなどを自動的にブロックする方式。ほとんどの場合において安全ですが、ごくまれに有害なサイトがフィルタリングをすり抜けて表示される場合があります。

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP