Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

収納家具でインテリアを演出

収納家具をひとつ取り入れることで、部屋のインテリアが素敵に生まれ変わります。

収納家具の役割

室内を素敵に感じさせるインテリアのひとつに収納家具があります。収納家具といっても収納性だけではなく、室内をさまざまに演出できるデザイン性に優れたものが数多くありますから、絵画やタペストリーなど壁面の装飾を上手に組み合わせての、インテリアコーディネートを楽しむことが出来ます。

さらに季節の花を飾ったり、床にアクセントラグを加えることで、周辺が華やかになり暮らしに潤いも生まれてきます。 このようにデザイン性のある収納家具は、インテリアの演出と暮らしにゆとりと寛ぎの時間をつくってくれます。

選び方のポイント

収納家具を選ぶ場合には、どこに置き、どのような目的で使うかを決めます。多くの種類があるので、室内に置いたときにどの様なイメージになるかを考えることが大切です。例えば同じ大きさのチェストであっても、北欧のものとアジアのものでは、素材も形態も異なるため、雰囲気が違ってきます。
また見せることを目的にするのであれば、ガラス扉のついたコレクションボードやサイドボードなどがあります。お気に入りのものを収納することで、家具の魅力が一層引き立ちます。
家具を置くリビングや玄関などの広さや色調とのバランスを考えてお気に入りの収納家具を選んでください。長く付き合える家具に出会えたら、住まいへの愛着がさらに深まるでしょう。

収納家具の楽しみ方

収納家具の楽しみ方を部屋ごとに考えてみましょう。
リビングは、家族が集まりくつろぎの中心となる場所ですから、実用性とデザイン性とのバランスをとることが大切です。家族写真やお子さまが描いた絵、そして季節の花をあしらう場として、チェストはいかがでしょう。家族がよく使う日用品や雑誌などを収納しておけば、室内はいつもすっきり片付きます。

また低めのリビングボードならソファと背中合わせに配置すると、リビングダイニングを柔らかく仕切る役目を果たしてくれます。これまでとは違う配置にすることで新鮮な気分を味わえるので、模様替えの時におすすめです。

お客さまを迎える玄関にも、個性的なチェストやサイドボードを置くだけで印象が変わります。例えば李朝や中国のアンティーク家具などは、歴史が刻まれた重厚感がありますので、小さなものでも格調の高い雰囲気を醸し出してくれます。
寝室はプライベートな空間ですから、やや大きめのチェストをおすすめします。衣類を収納するのはもちろんのこと、鏡を置いて化粧台に使ったり、ホテルのようにテレビを備えるといった使い方もできます。

収納家具がひとつ加わることで、室内は素敵に変わります。しまうだけでなく、飾りつけを楽しむ家具として、秋の模様替えをしてみませんか。

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP