Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

「お帰りなさい」と迎えてくれる目黒のライブハウス  サックス奏者小林香織さん

実験的ステージを展開

BLUES ALLEY JAPANは広さもちょうどよくて、リビングパーティを開いているような感覚です」と小林さん。

サックス奏者の小林香織さんがデビュー当初から出演している、東京・目黒の 「BLUES ALLEY JAPAN」。これまでに、最も多くのステージをこなしてきたこのライブハウスが、小林さんの「好きな場所」だ。
「まさに、私のホームグラウンドと呼べるライブハウス。2011年夏からマンスリーで出演するようになり、思い入れがますます強くなっています。前列に常連のファンの方々の顔があって『お帰りなさい』って迎えてくれる、私にとって特別な場所なんです」
BLUES ALLEY JAPANのステージでは、毎回、小林さんが会いたいゲストを迎えて実験的なセッションを繰り広げている。たとえば、津軽三味線奏者の浅野祥さんと百人一首の歌のセッションにトライしたのは、刺激的で楽しい思い出のひとつだという。

アルバムリリース記念ライブでは、レコーディングに携わった全てのミュージシャンが集結し豪華なステージとなった。

「ギターを三味線にしてみたら?という発想で、百人一首の独特の読み上げ調子をサックスと津軽三味線で演奏してみて大成功!私の思いつきを形にさせてくれるBLUES ALLEY JAPANのステージは本当に大切なんです」。

初めてセルフプロデュースを手がけたアルバム『SEVENth』 (ビクターエンタテインメント)には、三味線奏者の浅野祥さんをフィーチャーした曲も。

目黒という街自体も好き。2012年2月にリリースされたアルバム『SEVENth』には、お気に入りのバー"WAVE"をイメージした曲『Bar Wave』が収められている。「目黒には友人と食事のために集まることも多くて、公私ともども、お世話になっています(笑)」

リビングテーブルが定位置

BLUES ALLEY JAPAN
1990年オープン。杮落としのステージをマイルス・デイビスが踏んだ伝説のライブレストラン。
住所:東京都目黒区目黒1-3-14ホテルウィング・インターナショナル目黒B1F
電話:03-5496-4381

自宅ではほとんどの時間を、リビングで過ごすという小林さん。 「作曲をするのも食事をするのも、すべてリビングテーブル。作曲中にキーボードを横にずらして食事をすることもあるんですよ」
小さなころから宿題や受験勉強をするのも、リビングテーブルだった。家族が団欒したりテレビを見ていても集中できたという。「そのころからの影響で、今でもリビングルームに居ることが好きなんだと思います」
彼女は、アジアを中心とした海外でも人気。きっかけとなったネット配信の映像は、なんと475万回の閲覧数を記録するも、2011年の震災を経験し、日本での活動を大切にしている。
「音楽には人の気持ちを変える力があると思うんです。辛い思いをされた方々が〝楽しい〟と感じるスイッチを押せるように、今までにも増してパワフルでテンションの高い音楽を届けていきたいと思っています」

小林香織 (こばやし かおり)

1981年神奈川県生まれ。0歳からピアノをはじめ、中学の吹奏学部ではフルートを担当。高校時代にサックス演奏をはじめ、2000年、洗足学園音楽大学ジャズ科に入学。2005年、アルバム『Solar』でデビュー。以来、 毎年1枚のペースでアルバムを発表。2014年5月に9枚目のアルバムとなる『SPIRIT』をリリース。台湾でYouTubeにアップされた映像が475万回再生をオーバー。アジアでも高い人気を誇っている。

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP