Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

一年で最も日が短くなる冬至=日が伸び始めるスタートの日

現在は影の薄い「冬至」実は意外と重要な日!?

年末は、クリスマスにお正月の準備にと、イベント盛りだくさんな時期ですね。そんな中、冬至の行事はいまいち影が薄め。でも、そもそもクリスマスは、古代ヨーロッパの冬至祭がキリスト生誕に結び付けられたものなのです。そんな、意外に重要な意味を持っている冬至について紹介します。

キリストの誕生日も、伊勢神宮の鳥居の位置も、冬至にあわせた?

ご存知の通り、冬至は一年で最も日が短くなる日。日に日に弱まっていく太陽の光が、冬至を境に勢いを盛り返します。このため、洋の東西を問わず、冬至は"太陽が再生する日"と認識されてきました。そして、太陽を信仰の対象とする地域(あるいは時代)では、太陽の再生を祝う冬至祭や、様々な習俗が生まれたのです。

例えば、キリスト教が勢いを持ち始めた頃のローマでは、太陽神を崇拝するミトラ教が隆盛を極め、冬至が盛大に祝われていました。キリスト教は、キリストの誕生日を冬至(当時は12月25日)に設定することで、ライバル宗教の信者をうまく取り込んでいったのです。
日本にも有名な冬至祭がいくつかあります。昨年、遷宮で話題となった伊勢神宮では、冬至になると、宇治橋の鳥居のちょうど真ん中から朝日が昇るのだとか。伊勢神宮内宮の祭神は、太陽を神格化した天照大御神。偶然ではないでしょう。

現代日本でもお馴染みのあの風習一陽来復いちようらいふくげん担ぎ

冬至は、一陽来復(いちようらいふく)といって、太陽が再生する=凶運が去り幸運が戻る日、と考えられてきました。冬至に南瓜(なんきん)を食べるのは、冬至に「ん」のつくものを食べると、幸運を呼べると考えられたから。
「いろはにほへと」が「ん」で終わることから、「ん」には一陽来復の願いが込められているのです。

また、柚子湯に入るのは、幸運を呼び込む前の禊(みそぎ)です。柚子は香りが強くて冬が旬。強い香りは邪気を払うと考えられていました。

風邪予防の観点からも、験(げん)担ぎの意味でも、冬至はかぼちゃで栄養をとり、柚子湯で温まりたいもの。柚子湯は、
①柚子を丸ごと入れる
②輪切りや半分にカットする
③カットした柚子を袋に入れる
④皮を何ヶ所か削いで丸ごと入れる
⑤皮だけ入れる
⑥汁をしぼる... 等々、意外とバリエーションが考えられます。

お肌や風呂釜との相性を考慮しつつ、お好みの方法で楽しんでください。

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP