Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

ワクワクとスリルが交差する街「渋谷」 漫画家・タレント蛭子 能収さん

40年以上愛し続ける渋谷

「若い頃はとんがった雰囲気の新宿にも通ったけれど、やっぱり渋谷が一番落ち着きます。若い女の人のファッションを眺めるのも好きなんですよ」と蛭子さん。

25歳で長崎から上京して、渋谷の会社に住み込みで働いた漫画家の蛭子能収さん。約40年以上たった今でも、蛭子さんにとって渋谷は特別な街だ。「絶対に映画監督になってやると思っていました。パチンコでどうにか食いつなごうとしたけれどダメで、いよいよ残金5000円になって、ワラにもすがる思いで渋谷の看板屋さんで働かせてもらったんです。
当時から渋谷には小さな映画館が多かったから、仕事の休みの日に映画館めぐりをするのが幸せでね。映画館の看板もたくさん取り付けたんですよ」

井の頭線渋谷駅の近くの路地には、昔の渋谷の雰囲気が残っているという。

当時の渋谷は中高年の男性中心の街だった。映画館の周りには必ずといっていいほど飲食店やパチンコ店が乱立し、雑然とした街を歩くと、背徳的な匂いと都会の真ん中を歩いている高揚感とで、妙にワクワクしたという。
「今でもあちこちに怪しい雰囲気が残っていて、歩いていてもちょっとしたスリルがあるのがいいんですよ。事務所も渋谷だから、円山町のユーロスペースや駅の近くの小さな映画館に行くときに、派手な看板を冷やかしたり、呼び込みのお兄さんに『あ、蛭子さんだ!』なんて言われると、なんだか楽しくなってきちゃうんです」

地方に行っても海外に行っても、歓楽街を歩く。スリルと隣り合わせの気分を味わいながら、街と人間観察を欠かさない。そんな非日常的な光景が、蛭子さんの描くシュールな漫画に生かされている。

映画監督に本格デビュー?

円山町あたりの雰囲気も好きで、桜丘から移転してきたユーロスペースにもよく足を運ぶという。円山町の隣の松濤には、蛭子さんが住み込みで働いた会社「むつみや」が、当時と変わらぬ場所にある。

家の間取りやインテリアへのこだわりはほとんどないが、現在の家を建てる際に唯一リクエストしたのが、広めのベランダだった。
「広いベランダのことを長崎では『やぐら』って言うんです。星座のことはわかんないんだけど、星を見たり、道行く人を眺めたり、ボーっとして過ごしています。街をブラブラするのが好きだから、家の中にずっといるのが苦手で、やぐらに出るとほっとするんですよ」

昭和40年代初頭の渋谷は駅の近くまで住宅街が迫っていた。昭和48年(1973年)、渋谷パルコのオープンをきっかけに、若者の街へと変貌。

2003年に、シンガーソングライターの諌山実生さんのプロモーションビデオ「諌山節考」を制作。短編ではあったが、監督の夢はかなった。その後、長編用のシナリオに着手するが...。
「1時間半の映画になる予定なんですが、何回も書き直しになっていて、イヤになっちゃったから、そのままにしてあるんです。僕、チームで何かをやるのって、苦手なんですよね。ささっとひとりで漫画を描くみたいには、うまくいかないもんなんですよねぇ(笑)」

蛭子 能収 (えびす よしかず)

1947年、長崎県生まれ。25歳で上京して、シナリオの学校に通いながら看板店に就職。その後、ちりがみ交換やダスキン配達をしながら漫画誌「ガロ」に作品を持ち込み続け、33歳で漫画家デビュー。そのユニークなキャラクターで、テレビのバラエティ番組等でタレントとしても活躍。作品を選りすぐった『蛭子能収コレクション』(マガジン・ファイブ)発売中。

虫も植物も、目を覚ます季節 暖かい春はもうすぐそこまで

啓蟄けいちつ 」ってどんな日?

3月6日は二十四節気の「啓蟄」。「啓」は「開く」を、「蟄」は「土中で冬ごもりする虫」を意味し、冬眠していた虫が春の訪れを感じて穴から出てくる季節であることを示しています。まだまだ寒いものの、確実に春の足音が聞こえてくる頃。啓蟄に見られる風景や行事をご紹介します。

春の訪れを感じさせる 春雷、山菜

二十四節気とは、太陽の動きを元に1年を24等分した季節の表現方法で、約15日ごとに設定されています。啓蟄なら、3月6日その日を指すこともあれば、次の二十四節気である春分(3月21日)までの期間を指すこともあります。

啓蟄は、一雨ごとに気温が上がり、日差しが暖かくなってくる頃。春雷の轟く季節でもあります。立春後初めての雷を「虫出しの雷」といい、季語にもなっていますが、ここからも啓蟄と春雷の繋がりの強さがうかがえます。

ほかには、柳の若芽が芽吹き、フキノトウの花が咲く頃ともいわれます。啓蟄なのでフキノトウをおかずにするという家庭や、山菜料理を出すという飲食店もあるようです。フキノトウ以外の山菜も、スーパーや八百屋さんに出回る季節です。いずれも、春の訪れを強く感じさせる風景ですね。

防寒具ではない、松の幹に巻かれたわら

啓蟄ならではの風物詩をいくつかご紹介しましたが、やはり代表的なものは「松のこも 外し」の行事でしょう。

庭園の松などに、藁のようなものが巻いてあるのを見たことはありませんか? あれは「こも 巻き」といって、越冬のために枝から地中へ降りようとする害虫を、菰の中に留めるためのもの。 そのまま越冬させ、春になって再び菰から出て来る前に、虫も生まれた幼虫も菰ともども焼却してしまうという、昔ながらの害虫駆除方法です。

そして、焼却するために菰を外す時期的な目安が、啓蟄なのです。
現在は、害虫よりも益虫を駆除してしまう可能性が高いため、菰巻きを行わないところも多いようです。"風物詩"といわれるものの内容も、時代により変遷していきますが、自然に目を向けて季節を感じる姿勢は大切にしたいですね。

削ぎ落とすことから生まれた 美しい住まい

[北海道札幌市 Kさま邸]

シンプルなデザインにこだわるとむしろ個性が輝きはじめる

できることなら、自他ともに認める美しい住まいを手に入れたい。
誰もが思うそんな願いを叶えたKさま邸は、「ありがち」なアイテムを排除しながら、
機能性と快適性を巧みに融合させるシンプルなデザインで、個性的な住まいを実現している。

よく見かける住まいのアイテムをできるだけ取り除いて、欲しいものだけに特化した家。それがKさま邸のデザインコンセプトだ。
その象徴といえるのが、1階のパブリックスペースだろう。玄関扉を開けると、いきなりダイニングやキッチンのあるフロアが視界に飛び込んでくる。玄関ホールとダイニングやキッチンとは、背の低い、大きなボックス型の収納で仕切られているだけのシンプルなつくりになっている。

また、このフロアに置かれている家具調度は、ダイニングテーブルと椅子だけで、冷蔵庫すら見えない。さらに、床はフローリングやタイルなどの床材ではなく、通常ならその下にあるモルタルがそのまま床面として活かされている。

リビングは、大きな開口部と白い壁だけの広い空間だ。ゆったりとしたソファ2台とサイドテーブル、テレビ、ライトスタンドが置かれ、広さが広いままに活かされている。ここは、ソファの背面が見えないように置くことを前提にデザインされているという。

このように、すっきりとした無駄のないフロアが続くKさま邸。それでも空間が殺風景で冷たい印象になることなく、あたたかな表情をつくり出しているのは、空間全体や色調から生まれるメリハリだろう。 ウォールナットのダークブラウンで統一されたキッチンの脇には、白い階段があり、その横にはガレージが見える窓。リビングの床はキッチンフロアよりも20㎝ほど床が高く、キッチンに比べて天井も高い。

また、玄関脇の窓は高さを抑え、リビングの窓は天井の高さほどある。つまり、少々圧迫感のあるキッチンやダイニングと、開放感たっぷりのリビングという構成が、全体にメリハリをもたらし、アクティブな印象を演出しているのである。
欲しいものだけに特化されたKさま邸は、まさにご夫妻のデザインへのこだわりが存分に表現された住まいといえるだろう。

子どもをすくすく育む家

AERA with Kids ☓ ミサワホーム

子どもを取り巻く状況が大きく変わっていくなかで、「わが子をすこやかに育てたい」という親の思いは、昔も今も変わらないはずです。
子育てと住まいの「深~い関係!?」について、「AERA with Kids」「AERA with Baby」前編集長の中村正史さんと、ミサワホーム 商品開発部の佐藤悦子が語り合います。

小学生の親に広がってきた、「わが子が将来就職できるか」という不安。

中村 「AERA with Kids」には、読者である小学生の親から手紙がきますし、都内の小学校で子どもたちへの聞き取り調査も毎号行っています。そんな中から、私は子どもを取り巻く環境について日々体感する立場ですが、昔も今も変わらないことと、変わったことの両方があると感じています。変わらないのは、子どもの年齢が上がるにつれて「子どもが話してくれなくなった」「反抗期になり、子どもについていけなくなった」などと親が子どもへの接し方に悩むこと、一方で変わったと感じるのは携帯電話の普及によるコミュニケーションのとり方と、わが子にきちんと学力がつくだろうか、将来ニートにならず就職できるだろうかといった不安が親に広がってきたことですね。

佐藤 確かに、コミュニケーションのとり方は、親も子も携帯メールを使うようになって大きく変わりましたね。親子の連絡も子ども同士の遊びの約束も、携帯メールでやりとりするのが普通ですもの。

中村 それどころか、今の子どもは、異性に「コクる」(告白する)のも「フる」のも携帯メールでやっちゃいます(笑)。

佐藤 顔を合わせて話す機会が減ったのでしょうか。そのためかどうか、小学生の親御さんが、お子さんの先々の就職まで考えて不安になられているとは、びっくりしました。以前はそこまでは考えませんでしたよね。

中村 「ニート」「フリーター」という言葉が出てきた1990年代後半から、親は漠然とした不安を持ち始めたようですが、昨今の大学生の就職状況の厳しさがその不安に拍車をかけているようですね。小学生のわが子もいずれ高校・大学と進むが、このままで大丈夫だろうか、と。

佐藤 わが子に学力をつけたいと思うのも、親心としては当然のことですものね。

「空間」を体験することで、「8つの知性」を育む家づくり。

中村 一方で、子どもたちからは「家に帰ったとき、お母さんに話を聞いてほしいのに、聞いてくれない」といった声を聞くことも少なくありません。子どもたちと話していると、その家の間取りが見え、家庭が見え、社会まで見えてきます。最近の家づくりにおいて、子育ての視点をどう取り入れていらっしゃるか、お聞きしたいのですが?

佐藤 お子さんが小学生のときに家を建てると、お子さんはどんどん成長していきますし、大人側の事情も変化していきます。私たちは「100年住宅」「200年住宅」といわれる長いスパンの中で、充実した子育てを視野に入れた家づくりをご提案しているのですが、弊社が基盤にしているのは、アメリカの認知心理学者、ハワード・ガードナー氏が提唱した「8つの知性」という概念です。

中村 住んでいる空間が、住まいが、子どもの知育に影響するということなのですか?

佐藤 ええ。でも、ここで言う「知性」とは単にお勉強ができるということではなくて、「社会的、自然科学的、言語的、論理数学的、空間的、時間的、芸術的、身体運動的といった8つの並列した知性」を挙げているんです。
例えば、家の中のある「空間」を経験することによって、隣室への思いやりからテレビの音を下げたり、朝夕の明るさの違いに気づくとか、それまで感じることが少なかった感覚を子どもたちが持てるようになる。そういったことを大切にしたいと、私たちは思っています。

中村 なるほど。家自体が、いろんな場面を体験できる空間になっていることで、並列した8つの、さまざまな知性を複合的に伸ばせるということですね。

佐藤 そうなんです。わざわざアミューズメント施設に出かけなくても、子どもたちが自分の家の中で楽しさを見つけられるような家って、すてきだと思いませんか。
例えば、階段で段差を使って遊ぶとか、押し入れの中に入って友だちとお話しするとか。押し入れでコソコソ喋ると声の響きが違うのは、布団に声が吸収されているのかなって感じたり......。
そういったことが結果的に、子どもたちの知性を豊かに育むことにつながると考えています。

中村 大人になったとき、幼い頃の思い出には必ず家がついてきます。人は皆、育った家を振り返って昔のことを思い出しますから、家の果たす役割は大きいですよね。

佐藤 家づくりにおいては、出来上がった「家」も重要ですが、その形に決まるまでのご家族ごとの「過程」も大切です。ですから、私たち住宅メーカーがその空間づくりに込めたさまざまな思いを、親御さんにもお子さんにも、もっともっときちんとお伝えしていきたい......。今、そのための取り組みを始めたところです。

(次号3/5に続く)

中村正史(なかむらまさし)

「AERA with Kids」(朝日新聞出版)前編集長。長年にわたって教育問題に携わり、「週刊朝日」副編集長、「AERA」誌面委員、教育・ジュニア部部長などを歴任。「AERA with Kids」「AREA with Baby」の企画・発行に携わる。

佐藤悦子(さとうえつこ)

商品開発部で戸建住宅の企画・設計に従事。
「住まいは巣まい」という企業理念の下で、子育てを強く意識した住宅の企画開発やキッズデザイン関連の業務を担当。自身の子育て経験を生かしながら、子どもと家族とともに成長する家づくりを目指している。

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP