Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

よき仲間の集まる事務所は、御苑を一望できるパワースポット評論家金 美齢さん

二度と手に入らない眺め

東南西と三方向が見渡せる大きな窓。朝から夕方まで日が入り、冬は暖房要らず。風が抜けるのでこの夏も冷房は数回入れただけという。空気の澄んだ日には、携帯電話会社のビルのちょうど右側に富士山が見える。

新宿御苑と、それを囲むビル群、そして空が南側の壁一面の大きな窓にすっぽりおさまって、まるで一枚の絵のよう。
しかもこの絵は四季折々、いや一日の中でも表情豊かに移り変わり、いっときたりとも飽きさせない。評論家の金美齢さんの一番好きな場所は、事務所兼自宅のこのマンションだ。

大好きなオレンジ色のジャケットに身を包んで。

「東京中ではここが一番好き。この部屋に住んで20数年になります。娘のリクエストで別に三世代三世帯住宅を建てましたが、ここを手放したら二度と手に入らないと思い、事務所として残したのです。
そうしたら、周りの皆さんが『よかった~』って私以上に喜んでくれてね。対談でいらしたある化粧品会社の会長さんには『日本三大借景だ。絶対に手放してはいけないよ』と絶賛されるし、私はこの部屋を維持するために働いているようなものよ。数年前に戻ってきたので、いまは『この部屋に住み込みで働いています』と言っているの」
と、大好きな部屋の話に、金さんの声はいっそう華やいだ。

理想の「サロン」を主宰

パーティ時には居間の一角に寿司カウンターがしつらえられる。居間の奥のサンルームは松坂牛の鉄板焼きコーナーに。

テレビでの論客ぶりが印象深いが、一方で実にサービス精神旺盛。人をもてなすことが大好きで、自分もおいしいものが大好き。この部屋を「サロン」と位置づけ、新宿御苑が一番美しい花見の時季と、毎年一日限りの神宮の花火の夜には、ごちそうをたっぷり用意して親しい友人などを招き、パーティを催す。
金さんを核にした新しい出会いがいい人間関係を生み、どんどんつながっていく。流れに乗って、部屋にはいろいろな「福」が舞い込んでくるという。

「南向きでさんさんと日が入ってくるし、人間も空気も循環するから、ここはまさにパワースポット。だから季節のおいしいものがたくさん届くのよ。いまも新潟のコシヒカリに、北海道のジャガイモでしょう。皆さんにおすそ分けもして、『物産の集散地なの』って言って笑っているんです」

真南に新宿御苑が広がる絶好のロケーション。窓を開け放すと、都会とは思えない緑のにおいが飛び込んでくる。日が暮れれば新宿御苑は真っ暗になり、遠くの夜景の美しさが際立つ。

取材に講演に国内外を飛び回る多忙な日々。元気の源は、この部屋で毎朝、1時間半から2時間かけてとる朝食の時間だ。
「新宿の高層ビル群の間から見える富士山を眺めながら、ゆっくり朝食をとるのは、本当に贅沢な時間です。特にこれからの季節は富士山がきれいに見えるでしょう。たっぷりエネルギーをもらって、午後からバリバリ働くのが、理想的な一日の過ごし方ね」
このスペースはすべて自分で設計をしたというくらい、住まいにはこだわりを持つ。
「衣食住のどれも大事だけれど、優先順位をつけるのなら、人生の一番長い時間を過ごす住まいがトップ。好きな家に住んで現役で働くことが、いまの私にとっての一番の幸せです」

金 美齢 (きん びれい)

1934年、台北生まれ。1959年来日、早稲田大学第一文学部英文科入学。大学院生時から多くの大学の講師を歴任。1993年より日本のテレビで提言活動を開始。現在、評論家、コメンテーターとして活躍中。著書に『私は、なぜ日本国民となったのか』(ワック)、『日本を讒する人々』(PHP研究所)など。2010年より20歳~40歳を対象とした「美齢塾」をスタート。JET日本語学校理事長。

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP