Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

春の装いを快適に、衣替えでリフレッシュ!

日本では昔から、6月と10月に衣替えをする風習があります。しかし、4月に入ると、朝晩は冷えることもありますが、日中の気温も上がってきますので、衣服での調節が重要になってきます。また学校への入学などに絡め、4月に衣替えを行う家庭もあるようです。さわやかな春、衣替えでリフレッシュしてみてはいかがでしょうか。

冬物のお手入れのポイントは?

春の衣替えのポイントは、まずセーターやコート、ダウンジャケットなど、シーズンオフとなる冬物のお手入れです。そのコツは、汚れをしっかり落とすことと、湿気を防ぐことにあります。汗や食べ物の汚れは、シミの原因になりますし、衣類につく虫のエサにもなります。しっかりお洗濯し、乾燥させてからしまいましょう。ドライクリーニングから戻ってきた衣類は、天気の良い日にビニールをはずして風通しの良いところで陰干しをします。石油系の洗剤も、カビやシミの原因になるので、しっかり揮発させることが大切です。元のビニールをかけてしまってしまうと、再び湿気がこもることにもなりがちですので、長期保管のためには、不織布などの市販のカバーをかけるのが適切です。

衣替えを機に、整理収納の見直しを

日々、ストレスなく着たい洋服を選ぶことができるように、クローゼットの中を整理しましょう。ハンガーに掛けたままにしておくのが楽と思いがちですが、スペースに限りがある以上、コンパクトにまとめることのできる、"たたむ収納"が基本になります。特に、ハンガーに掛けると跡が残ったり、伸びてゆがんだりするものは、たたんで収納してください。ジャケットやコートをたたんで衣装ケースにしまう場合は、折り目にタオルをはさんで、たたみジワがつかないように工夫しましょう。

衣類をシーズンで大まかに分けて、ひとまとめにして収納ケースを割り当てておくと、衣替えをするときに、ケースごと入れ替えることができるので便利です。年間を通して着る衣類は、常に出し入れしやすい場所に収納すると良いでしょう。

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP