Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

アーティストの原点に戻れる『上野の森』作曲家千住 明さん

森の深さに挑んできた

上野駅から東京藝術大学にたどり着くまでの道すべてが千住さんにとっての散歩コースだが、森を抜けてぱっと開ける東京都美術館と旧奏楽堂付近の雰囲気も好き。

作曲家の千住明さんが愛する場所は東京の"上野の森"。
「東京藝術大学作曲科を2回落ちたとき、代わりに合格発表を見に行ってくれた兄に『落ちて悔しいだろう。だが上野の森は深いんだ。お前は森の深さを知らない』と言われました。
藝大のレベルの高さと無自覚な僕をいさめた言葉でしたが、僕の中で森が急激にクローズアップされた瞬間でした」

噴水前広場から東京都美術館に向かう小道が特に気に入っている。千住さんが学生時代から歩いていた小道はなくなってしまったが、当時の雰囲気を残した道が新たにでき、ここもお気に入りのスポットになりそうだ。

森が確かに深いと感じたのは、受験の帰り道だった。
藝大の試験は約8、9時間にもおよび、千住さんは試験後に東京都美術館から噴水前広場に延びる小道でしゃがみこんでしまったことがあった。
簡単には歩けない、住人にさせてくれない森だからこそ強く憧れた。
「卒業時に僕の曲が藝大買い上げになって、これでやっと森に住人として認められると思いました。やっと、音楽の女神が僕に微笑んでくれたんです」

東京文化会館はアーティストにとっての聖地。美術番組を担当するようになり、上野にはますます頻繁に通うようになっている。

この5~6年、東京文化会館や旧奏楽堂で演奏する機会が増え、また美術のテレビ番組を担当するようになり、まさに森に『呼び戻されているなぁ』と感じるという。
「森を歩くと、気取らない自分に戻れる。行きかう人はいるけれど一人になれる、そんな場所です」

リビングルームは「未来」

「最近、上野の森が様変わりしていますが、僕にとっては特別な場所であることに変わりはありません」と千住さん。

千住さんが現在住むのは、東京都内のマンション。何も置かない「まるでショールームのような」リビングルームが、千住さんのお気に入りの場所だ。
「自宅の仕事場が私の頭のなかのようにごちゃごちゃしている分、リビングルームはまっさらにしておきたいんです」
大きく開かれた窓から一望できる東京タワーと富士山を眺めていると、気持ちに余裕が出てきて、頭を空っぽにできるという。
「上野の森が心のふるさととしたら、リビングルームは未来のイメージですね。今後の音楽をデザインする場所として、空っぽにしておきたいと思っています」
千住さんが今後の音楽生活で力を入れるのは、日本語オペラだ。

「クラシック音楽にポピュラー性をもたせてファンの耳を肥えさせてきた自負があります。ファンの耳にもっと栄養を与えるために、かねてからチャレンジしたかった日本語のオペラを作ります」
日本の古典をテーマとした演奏会形式のオペラを3本上演し、手ごたえを得た。来年は泉鏡花の「滝の白糸」をオペラに挑戦する。 「長年かけて培ってきた僕の奥にある深いものを出したい。これからの25年が第二の本番です」

千住 明 (せんじゅ あきら)

1960年東京都生まれ。慶應義塾大学工学部を経て、東京藝術大学作曲科卒業、同大学院修了。修了作品「EDEN」は東京藝術大学に買い上げられ、永久保存されている。藝大在学中に音楽家としてデビュー、映画音楽やCM音楽を中心に作曲家、編曲家、音楽プロデューサーとしての活躍は多岐にわたる。数年前より日本語オペラに挑戦、2009年と2011年には俳人の黛まどかさんの台本によるオペラ「万葉集」をすでに2本上演、成功をおさめる。東京音楽大学客員教授。

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP