Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

住まいをデザインする - 空間のデザイン -

ライフスタイルにあわせたデザインが快適な住まいを実現します

ライフスタイルにあわせたプランニングをすることが、住まいをデザインする第一歩。その空間で誰がどんなことをするのか、そのための広さはどれだけ必要か、どんなレイアウトが相応しいか...、など基本的な条件がはっきりしたら、色や形といった全体を取り巻く空間のデザインに取り掛かるのがポイントです。

リビング

リビングの基本は、家族みんながくつろげる場所であるということ。どんなふうに暮らしたいのかを明確にすることで、くつろぎのスペースを作ることが可能です。居心地のよい空間を確保するには、飾りすぎないことがポイントです。木、竹、籐、麻などの自然素材を取り入れたナチュラルなリビングは、開放的なリラックススペースに。白とナチュラルカラーを用いることで、空間に柔らかい印象を出すことも可能です。ベーシックな色彩でまとめたモノトーン調の空間では、絵画やクッション、小物等、住む方の個性でさまざまにインテリアをお楽しみいただけます。

キッチン

キッチンは、特に使う人によって好みも使い勝手も異なるので、さまざまな提案ができますが、キッチンワークを効率的にこなせるデザインとしては、L型プランがおすすめです。L型のキッチンは、シンク、コンロ、冷蔵庫を行き来する動線が短く、効率的に作業できます。リビングの配置を工夫することで、キッチンからの視界が広がり、明るく開放的なキッチンリビングが実現します。
また、ダイニングテーブルをセットした、オープンなキッチンリビングなら、料理をつくりながら、食べながら、話しながら、家族のコミュニケーションが一層深まります。乱雑になりがちなキッチンも、機能的な収納の工夫で、スタイリッシュな空間になります。

バスルーム

浴槽に浸かり体を洗うという本来の目的に加え、家のお風呂にもヒーリング感覚を求める需要が増えています。そこで、従来の浴室の概念を取り払い、浴室から洗面室・トイレ、さらに屋外の庭までをひとつの空間、「ウォーターリビング」として考えてみてはいかがでしょう。仕切りをガラスにして開放感を演出したり、浴室の外側の庭にくつろげるバスコートを設けることで、わが家にスパ気分、リゾート気分を満喫できるスペースが誕生します。

アウトリビング

室内と外を一つの空間として活用するアウトリビング。快適なアウトリビングをつくるポイントは、室内から室外へ出入りしやすいよう、開口部を大きく取ることです。さらに、M-Wood2デッキの床が、室内との一体感を持たせ、デザイン性の高い空間が実現します。パーゴラを設けて、植物を飾れば、春には新緑、夏には涼しい木陰、秋には紅葉が楽しめます。アウトリビングを快適なものにするためにも、洗濯物を干すスペースは視角に入りにくいところに配置するのもポイントです。

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP