Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

初夏の光と風を暮らしにいかす

心地よい日射しや風を感じられる季節になりました。窓を開けて光や風を取り込んだり、アウトリビングを楽しむなど、自然とひとつになった暮らしを楽しみましょう。

自然を感じる暮らしへ

日射しは日ごとにまぶしくなり、木々の緑も一段と輝きを増し、やわらかな風は爽やかな初夏の薫りを運びます。自然を感じる暮らしは、五感に刺激を与え、毎日の生活を穏やかなものにします。これまで寒さに閉ざしていた窓を開け、爽快な自然を室内に取り込みましょう。

先人に学び、今を楽しむ

自然を暮らしに活かす工夫。それぞれの季節を快適に過ごすための知恵。それは私たち日本人の生活の中に今も活かされています。住まいで言えば、伝統的な日本の家屋にみられる深い軒や長い庇です。夏の陽射しを遮る一方、冬の陽射しは室内に取り込めるよう計算されています。また、地窓、高窓、天窓などさまざまな窓を設けて風の通り道をつくったり、土壁で室内の湿気を調節してきたのは、高温多湿の日本の気候風土を快適に過ごす知恵と言えるでしょう。こうした先人の知恵に学びながら、今の暮らしに自然を活かす工夫をご紹介しましょう。

光と風を暮らしに活かす

天気のいい日は、テラスやデッキに出て、自然の空気の中で過ごしてみましょう。爽やかなこの季節ならではの楽しみ方です。光や風の中で本を読んだり手紙を書いたり、家族や友人とお茶やランチを楽しむのもよいでしょう。自然に包まれていつもと違う時間が流れます。リビングにも、初夏の爽やかな光と風を迎え入れてください。ただ窓を1ヶ所開けるだけでは風が通りません。対面、対角にある窓も開け、風の通り道を作りましょう。風の流れを遮る家具がある場合は、置く場所を考えてみましょう。季節に合った模様替えのきっかけにもなります。陽射しが強く入る室内には、簾やスクリーンなどをおすすめします。風は通し、日射しや視線を遮ってくれるばかりではなく、お洒落なインテリアにもなります。

最近では、和洋室を問わずに使えるモダンな簾やウッドスクリーンなどが市販されています。風に揺れるレースのカーテンやリネンのクッションカバー、またフローリングに敷く自然素材のラグなど爽やかなインテリアで季節を表現してみましょう。風に揺らぐモビールもこの季節を楽しむインテリアのひとつです。ゆるやかな動きを見ているだけで、気持ちは穏やかになってきます。初夏の光と風は、日々に新鮮な気持ちをもたらします。まずは身近なところから暮らしを楽しんでみませんか。

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP