Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

心のよりどころ、天津神社タレント北野 誠さん

取材スタッフが引いたおみくじの表は「大吉 よろこべ」、裏が「しあわせよろし」。北野さんいわく、いいおみくじは少なく「8割がたは厳しい言葉」という。

世にも不思議なおみくじ

北野誠さんが案内してくれた「好きな場所」は、京都市北区の「天津神社」。閑静な住宅街にあり、ともすると通り過ぎてしまいそうな、小ぢんまりとした神社だ。しかし、ここにはとってもユニークなおみくじがあり、北野さんが番組や書籍を通して紹介したことから、全国各地からおみくじを引きに訪れる人が絶えない。

「ヘアメイクさんに『面白いおみくじのある神社があって、これがすごく当たるんです』と紹介されて行ったことから、この神社とのお付き合いが始まったんです」

一般的なおみくじは、旅行運、金運などについてアドバイスが並ぶが、こちらでは竹串の表と裏にそれぞれ短い言葉が書いてあるだけ。「大吉」「凶」と目安は記されているものの、続く言葉に難解なものが多く、自分なりに解釈をする。北野さんは、竹串の表は「現状」、裏は「アドバイス」として読み取っているという。

「最初に引いたおみくじの表が〝油断大敵〟。裏を返すと〝敵は我にあり〟。仕事も順調だったし、何だろう、くらいに思っていましたが、謹慎をしなければいけないことになって。おみくじの言葉通りですよ。あの時の〝油断大敵〟はこれだったんだ、ただものじゃないおみくじだぞ、と思いました」

拝殿するなり、神棚の前に座り、手を合わせた北野さん。いつもの光景だという。

以来、月に1度は足を運んでいるが、最近はお詣りだけのことも。

「おみくじを引くのは、心に迷いが生じてすがりたくなったときだけ。言葉をいただいたお返しもこめて、あちらこちらで紹介をしているんです。ここに来ると気持ちが落ちつくのは、素直な気持ちになれるからかな。これからも、長く付き合いたい神社ですね」

天津神社の本殿で語る北野誠さん。「この神社はとってもオープンですね。門が開いていれば、いつでもすぐに本殿に入れます。珍しい神社だと思います」。

まだ見ぬ「思い通りの家」

東京に自宅を持つ際、こだわったのは「自分だけの書斎がほしい」の1点のみ。晴れて1畳ほどの書斎を手に入れ、パソコンに向かったり、原稿を書くなどして、気ままに過ごしている。

「子どもを中心に考えた家で、間取りは女房がほとんど決めました。書斎は落ち着くけれど、変なもので、時々、無性に狭い場所...クロゼットの隣の壁に体をつけて眠りたくなるんです。押入れで寝た頃を思い出して、好きなんですよ」

実家は大阪にあり、いつか、その敷地を利用して家を建てるという、ぼんやりとした計画もある。

「その時には、自分が思うとおりの家にしたいですね。どんな間取りになるか‥? まだイメージはありませんが、時間をかけて、じっくりと練り上げていきます」

北野 誠 (きたの まこと)

1959年大阪府生まれ。京都産業大学出身。東京、名古屋、大阪を中心にTV、ラジオなどで活躍中。怪談が好きで、仕事で各地の心霊スポットを巡り、数々の著書を持つ。『おまえら行くな。黄泉帰り編』(竹書房)には、天津神社が記されている。FX取引の世界でも有名人で、セミナーも開くほど。CBCラジオ「北野誠のズバリ」ほかのパーソナリティ。2013年には文庫『お前ら行くな。犬神祟り編』(竹書房)が発売。

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP