Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

心と技を養った思い出のテニスコートテニス指導者・解説者神尾 米さん

「アスリート」になれた場所


「耐えること、前向きに考えることの大切さをテニスから教わりました。だから今は多少のことがあっても、何てことないって思えるんです」と神尾さん。

テニス解説者の神尾米さんの好きな場所は、横浜市にある「泉中央テニスガーデン」。
ジュニア、プロ時代に、師事した伊良子妙子先生から徹底的に鍛えられたテニスクラブだ。
「まさに私の"ホームコート"。プロ時代に遠征から帰ってくるとまっ先に立ち寄ったし、フォームが狂ったらここに戻ってきて、基礎からやり直しました。引退後はしばらく離れていましたが、2011年3月に伊良子先生が戻られるのを機に、私もここで指導にあたっています」


公営の「泉中央テニスガーデン」は相鉄いずみ野線「いずみ野駅」または「いずみ中央駅」よりそれぞれ徒歩10分。テニスコート計11面を有する。

精神面で成長させてくれたのもこのクラブだった。18歳でプロに転向した後、ほどなくスランプに陥り、勝てなくなってしまった。海外のホテルから自宅へ「もうやめたい」とファックスを送ったが、「好きなことを仕事にしているのになぜ楽しめないの? もっと自由にやれよ。みんな応援してるぞ」
という兄からの返信ファックスを受け取り、衝撃を受けた。


現役時代から練習を重ねた思い出いっぱいの「泉中央テニスガーデン」で、現在ジュニアとプロの指導にあたっている。

「ぱっと目の前が晴れました。『私がやっていることを家族、コーチ、トレーナー、みんなが応援してくれているんだ。みんなが支えてくれているんだ。みんなに恩返しをするために絶対勝つ!』と思うようになったんです」
それからは、テニスに対する姿勢が変わり、貪欲に一球を追うようになった。ミスをしてもすぐに気持ちを切り替えて前を向けるようになり、ランキングもアップ。
「このクラブは、私を本当のアスリートにさせてくれたんです」

父の書斎に親子3代が集合

両親と11歳になる娘と住む実家の好きな場所は「父の書斎」。
「娘に勉強に集中させる場所を与えたくて、父の広めの書斎の一角に私と娘の机を置いて、勉強スペースを作ったんです。勉強だけだと飽きてしまうから、棚にカップとポット、お茶やお菓子を置いて、カフェっぽくしています」
同じ空間でおじいちゃんは読書、神尾さんは仕事、娘さんはお茶とお菓子を楽しみに宿題をやる。親子3代の穏やかなコミュニケーションの時間を、神尾さんはとても大切にしている。

神尾さんの今年の目標は「シングルスの試合で勝つこと」。先ごろ、ある著名人とテニス対決をして惨敗。負けたことよりも、イメージとかけ離れたショットをした自分が情けなかったという。
「意外な自分を発見できる試合の楽しさが蘇りました。まずは、クラブの中学生たちと真剣勝負の試合をしたいですね」

神尾 米 (かみお よね)

1971年、神奈川県生まれ。10歳でテニスをはじめ、伊良子妙子先生に師事。東海大学相模高校卒業後の18歳でプロデビューを果たす。1992年の全豪オープンを皮切りにグランドスラムで活躍。1995年にWTAツアーランキング24位に。1997年肩の故障により引退。引退後はスポーツイベント参加やテレビ出演、各地で講演を行うなど、幅広く活躍。2011年3月より、「泉中央テニスガーデン」でイラコテニスカレッジの選手育成にあたっている。

「尊敬」「子の愛」「無事を願う」...父への感謝を花束にのせて

母の日に負けるな!?「父の日」のプレゼント

6月の第3日曜日は「父の日」。母の日に比べると、若干盛り上がりに欠ける印象の父の日ですが、やはりお父さんにもしっかりと感謝の気持ちを伝えたいですね。
そんな父の日の由来は? 定番の花はあるの? 実際にどんなふうに祝われているの? 父の日のあれこれを紹介します。

制定のきっかけは「母の日同様、父の日もつくるべき!」

父の日の始まりは母の日同様、南北戦争時代のアメリカ。提唱者であるドット夫人の父親は、復員後妻に先立たれ、男手一つで6人の子供を育て上げました。そこでドット夫人は、父に感謝する「父の日」制定を教会に嘆願したのですが、これは既に提唱されていた母の日がモデルになっていました。ドット婦人が父の墓前に白いバラを供えたことから、アメリカでは健在の父親には赤いバラ、亡くなっている父親には白いバラを贈るという風習があるようですが、これも母の日のカーネーションと似ていますね。
しかし、やはり後追いだったからでしょうか、母の日に比べ父の日が定着するには長い時間を要しました。母の日が1914年にアメリカの国民の祝日になったのに対し、父の日は1972年になってやっと国民の祝日に制定されました。

イメージカラーは黄色、花はバラ、ユリ、ヒマワリなどが人気

日本においても、母の日に比べ父の日はなかなか浸透しませんでした。しかし、1981年にメンズファッション協会が「日本ファーザーズ・デイ委員会」を設立。父の日に黄色いリボンを巻いてプレゼントすることを推奨したり、ベスト・ファーザー賞を発表したりして、だんだんと認知度が上がっていきました。ちなみに黄色がイメージカラーに選ばれたのは、「身を守る、愛する人の無事を願う」という意味があるからだそうです。  

でも、いざ「父の日に何を贈るか?」となると、やはりちょっと悩んでしまいますね。そこで、母の日と同様に、花を贈るのはどうでしょう?ドット夫人が亡き父に贈ったのは白いバラ。花言葉に「尊敬」という意味があり、父の日にはぴったりです。ただ、故人に贈ったという由来から、赤や黄色のバラにする人もいるようです。
ところが、黄色のバラには嫉妬という花言葉があり、これも気にする人は避けるようです。由来や花言葉が気になる場合は、色を混ぜると良いかもしれません。他には、「子の愛」という花言葉を持つユリ、父の日のイメージカラーである黄色のヒマワリなどが人気のようです。いずれにせよ、花を贈られる機会は少ないであろうお父さん。嬉しいサプライズになるといいですね。

友人たちとの時間を謳歌する、大空間リビング・ダイニングのある暮らし

[奈良県奈良市 Kさま邸]

風格ある邸宅が建ち並ぶ住宅街で、白いキューブを組み合わせたような個性豊かな外観が存在感を放つKさま邸。目を奪われるのが玄関ホールからガラス壁越しに広がる35畳大のLDKです。
3メートルを優に超える高い天井が開放感を生む大空間は、白い大理石調のフローリングに黒の天然石を貼った柱壁が気品高く映え、まるで高級ホテルのラウンジのよう。

「友人たちとホームパーティーが楽しめるよう、LDKは思い切り広くして、ワインセラーを備えたミニバーも造ってもらいました。こんな開放的な住まいでも全館空調システムで夏も冬も快適です」とKさま。

向かい合わせに配した二つのスケルトン階段は、白いスチールとダークな木製の踏み板でスタイリッシュにデザインされ、一つはスキップフロアの和室につながっています。
そして和室の下は大収納「蔵」に活用。

「子どもたちがいてもリビングが散らからずきれいに保てるのは、すぐ横に手間なくサッと玩具や生活用品が片付けられる『蔵』があるおかげですね」と奥さまは笑顔で語ります。

リビングの外に目を向けると、そこには白タイルのテラスとウッドデッキ、緑の人工芝で色美しく構成された憩いのガーデンが広がっていました。ここはお子さんたちの格好の遊び場。ウッドデッキを駆け回ったり、芝生で砂遊びをしたり。シャワー付きの水場もあり、夏はビニールプールで水遊びもできます。

「週末になると4家族10人ほどが集まってランチやディナーを楽しむことが多いですね。庭や和室で遊ぶ子どもたちの様子を見守りながら、親たちはリビングで大人の時間を過ごしています」とKさま。
非日常のリゾート感に満ちたお住まいで、心豊かな暮らしを謳歌されています。

住まいをデザインする - インテリアデザイン -

空間を演出するインテリア

いくらおしゃれな家具をそろえても、部屋とインテリアの調和がとれなくては快適な生活空間とはいえません。理想の住まいを実現するためには、色彩、ファブリックも含めたトータルな住空間をイメージすることが大切です。

家具でインテリアを演出

デザイン性に優れた収納家具は、それだけでお部屋のインテリアとなり、室内を演出してくれます。収納力もあるので、シンプルな空間をよりすっきりすることができます。収納家具の楽しみ方を部屋ごとに考えてみましょう。

リビング

家族が集まるリビングは、くつろぎの場でもあるので、チェストに家族写真やお子さまの絵、植物などを置いて飾りつけを楽しむのもおすすめです。家族が日頃よく使うものを収納しておけるので、いつもすっきり片付きます。

寝室

一日の疲れを癒してくれるリラックスした空間にするには、大きな面積を占めるベッドをはじめ、インテリアの高さを抑えることです。空間に圧迫感が感じられず、落ち着いた空間に仕上がります。

キッチン

機能性が重視されるキッチンでも、デザイン性の高いものを取り入れることで、暮らしが華やぎます。ゴミ箱やワインボトルの収納ボックスなども、キッチンダイニングのインテリアになります。

玄関

玄関には、個性的なチェストボードを置くだけでも印象が変わります。オブジェのようなコートハンガーを選べば、使用していないときは玄関のインテリアとして活躍します。

椅子が創り出す特別な空間

家具同様、そこに置くだけで空間を美しく演出する椅子があります。たとえば、ホテルのラウンジに置かれているソファ。そこにあるだけで空間に落ち着きを与えてくれます。自宅にもお気に入りのマイチェアがあることで、いつもの空間が自分だけの特別な場所に変わり、ゆとりや贅沢を感じさせてくれます。

インテリアとしての照明

あかりを灯す道具として捉えられがちな照明器具ですが、北欧デザインを代表するヤコブセンの照明などは、それだけでもオブジェのような存在感があります。和の空間とも相性がよいので、和室を照らす灯りとしてもおすすめです。他にもデザイン性の高い照明器具はたくさんあるので、お部屋の印象にあうものがきっと見つかるはずです。

色使いの基本

シンプルであることを意識するあまり色をそろえすぎると、なぜかあか抜けない印象になってしまうことがあります。相性のよい色なら3色まで組み合わせてもうるさい印象にはなりません。
部屋の中で大きな面積を占めるソファ、ラグ、テーブルなど大型家具の色使いによって、部屋の印象が大きく変わります。面積が大きいだけに色のバランスを考慮しないと色があふれ、散漫とした印象になるので注意が必要です。
白と黒、赤と緑、黄と青といった反対色でも、それぞれの色を5対5の割合にしなければ、差し色を活かしたコーディネートができます。

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP