Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

10代からずっと見守ってくれている、笹塚の商店街俳優甲本雅裕さん

笹塚に出会えてラッキー


「笹塚の商店街はあったかいですよ。来ると『帰ってきた』という気持ちになります」と甲本さん。

「笹塚は、安心感とほんの少しの危うさが共存した、不思議な街。ここにいるだけで、ワクワクドキドキしてくるんです。今は別の場所に住んでいますが、地元の人と『あそこの店、変わっちゃったよね』『うん、この間、取り壊していたよね』と会話ができるくらい、いつでも笹塚とつながっていたい」と熱く語る甲本雅裕さん。
お兄さんが先に笹塚に住んでいたことから、10代のころから、甲本さんにとって東京といえば笹塚。24歳で俳優をめざして上京したときも、住むのは笹塚と決めていた。それから16年、4回の引越しをしても、笹塚を離れることはなかった。


大好きなベーカリー「トゥルナージュ」のバゲッドサンドはラタトゥイユサンドが450円、スモークハムとチーズが480円。ランチセットはドリンク付きで680円。「僕が日本一好きなパン。今でもときどき買いに来ます」。

「多感な10代から40代のはじめまで、ずっと笹塚に見守られてきました。とくに商店街が好きです。もともと緊張しがちなのですが、この商店街に出会って、人の手からものを買うあたたかさが分りました。愛想をつかうこともつかわれることもないし、飾らない自分でいられる。だから、商店街をゆっくり歩きながら、芝居のこと、将来のこと、自分の甘い部分、夢。何も気にせず、集中して自分のことだけを考えられた。そんな時間が持てたことは、役者として大きかったと思います。笹塚は第二の故郷。ここと出会えたのはラッキーでした」

「普通なのに特別」でありたい


笹塚では、甲州街道の北にのびる「十号坂商店街」の坂の下の部屋に一番長く住んでいたという。

俳優である甲本さんは、仕事でいろいろな人生を生き、いろいろな部屋に住む。そんな甲本さんにとっての「本当の自宅」へのこだわりとは?
「家には、ぱっと目を引くようなものは置いていません。いたって普通です。でも、一見普通なのだけれど、何度も見て、触れて良さがわかるようなものを選んでいるので、実は僕にとって特別なものばかり。


ベーカリーカフェ トゥルナージュ
笹塚の十号坂商店街に2003年にオープンした天然酵母使用のベーカリー。1、2階にカフェを併設、パスタなどのメニューも。プロ養成コースがあるパン教室は、笹塚のほかに千駄ヶ谷や神宮前で開校。
住所:東京都渋谷区笹塚3-19-6
TEL:03-5388-5167
tournage.jp

友人が遊びに来て、何度目かに『よく見ると、このテーブルすっごくいいよね』って言われると、たまらなくうれしい」
一見普通で、実は特別。それは、自身の芝居観にも通じると、甲本さんは話す。
「演じるのはたいてい、普通の人間。でも、画面になじんでいるように見せておいて、どこかにちょっとだけ飛び出した表現を交えて印象に残したい。毎回、そこにチャレンジしています」
そういえば笹塚も、普通のようで、きらりと光るものがある街。
「笹塚も確かにそう。角度を変えて見ると新しい発見があるところが、好きなんです。きっと一生、飽きずにこの街とつながっていくのでしょうね」

甲本雅裕 (こうもとまさひろ)

1965年、岡山県生まれ。サラリーマン経験後、24歳で俳優を目指して上京。89年から96年まで劇団東京サンシャインボーイズに在籍。在籍中の全公演に出演。その後、映画、テレビ、舞台、CMと幅広く活躍。近年に舞台「世界は嘘で出来ている」、映画「悼む人」、ドラマ「三匹のおっさん」「花咲舞が黙ってない」「破裂」(10/10、22:00~NHK総合)に出演。

やすらぎのシェイドランプ

上からだけではなく、横からの「明かり」をプラス

暮らしを快適にする大きな要素として、「明かり」があります。「明かり」の計画は部屋の使い勝手や居心地のよさをも左右します。天井に取り付けるシーリングライトやダウンライトだけではなく、壁に取り付けるブランケットなどの間接証明、そして、卓上や棚の上に置くシェイドランプを上手に組み合わせて上からの光だけではなく、横からの「明かり」も考えることで、居心地のよい、部屋を創造することができます。

生活シーンに合わせて使える、シェイドランプの魅力

横からの「明かり」でもっとも身近な照明器具がシェイドランプです。欧米の住宅やホテルなどでは、上手にシェイドランプを使って、横からのやわらかい光を演出し、空間に落ち着きを与えています。日本では、インテリアの一つとして、装飾的な使い方をされることが多いのですが、シンプルなデザインを選ぶことで、日常の「明かり」として活用することができます。
では、その魅力は、どこにあるのでしょうか。

例えば、お気に入りのソファーでの読書をイメージしてください。そのソファー脇から手元に照らすやさしい光は、くつろぎの一時にいっそうの深みを加えてくれます。部屋に設置された「明かり」に生活を合わせるのではなく、生活シーンごとの人の動きに合わせ、自由にレイアウトできるのがシェイドランプです。

いろいろなタイプが楽しめるシェイドランプのカタチ

シェイドランプには、基本的に6つのタイプがあり、インテリアとして楽しむことができます。シェイドと本体を別々に購入し、自分が好きなものをつくることもできます。

  • エンパイア型
    上下の幅が深い三角形。オーソドックスな形。
  • フレア型
    裾広がりで下部がスカートのひだのような形。クラシックテイストの部屋に合う。
  • スクエア型
    四角柱を上下に長方形に切ったような形。モダンな部屋に合う、流行の形。
  • ヘクサゴン型
    横からみると三角形で、切り口は六角形。ヨーロッパの田舎風な雰囲気。
  • ドラム型
    筒を上下で切ったような円筒形。モダンな部屋に合う。
  • クーリィ型
    上下の幅が浅い三角形。光が最も下方へ広がる。

美しい京都の夜景をインテリアとして愉しむ家

[京都府京都市 Mさま邸]

京都市内を一望する小高い丘の上に佇むMさまのお宅。2階のリビングを訪れた人の誰もが感嘆の声を上げるのが、視界いっぱいに飛び込んでくるダイナミックな景観です。
東側の壁一面に開かれたピクチャーウインドウから、昼は緑の森や青空が眺められ、夜はきらめく美しい夜景が遮るものなく広がって、日常を忘れさせてくれます。
「旅行帰りにドライブがてらこの丘を走ったとき、ミサワホームの分譲地を目にしたのです。素晴らしい夜景に一目惚れしてしまって、すぐに展示場に行き、眺めを活かした家づくりを相談しました」とMさま。

LDKは景観を最大のインテリアにするため、フロントサッシを用いて意匠性の高い大開口を実現。リビングの天井は吹き抜け風に高く上げて開放感を出し、ホワイトのモダンな石目柄フロアに黒と赤のソファや椅子をバランス良く配置して、ホテルのラウンジさながらのラグジュアリーな雰囲気に演出しました。

「生活感が出るキッチンは見せたくなかったので、引戸で仕切って独立させました。キッチンは通り抜けできるので、直接階段のところに出られるのも便利ですね」と奥さま。
また、リビングの続きに小上がりのモダンな和室をしつらえて、畳のくつろぎ感も取り入れています。

「友人たちを招いて、ロマンチックな夜景を眺めながら、みんなでワインを楽しむ...。そんな憧れていた暮らしが叶いました。昼間も秋は紅葉、冬は雪景色が窓越しに広がって、見飽きることがありません」と顔をほころばせるMさまご夫婦です。

猛暑を快適に過ごす10の工夫 - 日差しを遮る -

できるだけ熱を排除する工夫を

夏の直射日光が室内へ侵入すると、室温の上昇を招きます。
最近の住宅は気密性が高いため、一度室温が上がると、そのまま熱がこもる傾向に。
まずは、日差しを遮り、室内への遮熱対策を考えましょう。冷房の効率もアップし、省エネに貢献できます。

工夫その4 住まいの外廻りで遮熱

敷地の中に積極的に植栽を取り入れると、日差しを遮るだけでなく、光合成により空気中の二酸化炭素を取り込み、酸素を排出することで地球温暖化防止にも役立ちます。カーポートも部分的に緑化すると照り返しが軽減できます。

落葉樹を植える

南や東、西向きの窓の前に、落葉樹を植えると、夏は強い日差しを遮り、冬は落葉して、あたたかな日差しを招き入れてくれます。お住まいの地域の気候にあった樹木を選んでください。植物は光合成時の代謝作用で空気を浄化し、蒸散作用で冷気も発生させてくれます。

グランドカバー植物を植える

地面には、表面を覆う芝生やリュウノヒゲなど、グランドカバー類の植物を植えると、日光の照り返しを防ぎ、雑草の繁殖も抑えてくれます。カーポートも一面アスファルトにせず、ところどころに土を残してグリーンスペースをデザインすると、車がないときも美しく、潤いも感じられます。

ベランダも緑化

ベランダにパーゴラを設け、ツタなどツル性の植物を這わせると、自然の庇が誕生。ベランダに扇風機を出して、植物を介して室内へ向けると、涼しい風が送り込めます。

池や水辺をつくる

池にも空気を加湿冷却する効果があります。市販されている池キットを庭に埋めたり、テラスの一部に一段下げたスペースをつくり、暑い季節だけ水を張るなど、ちょっとした水空間を演出すると視覚的にも涼しくなります。

工夫その5 窓の外部で遮熱

日光は、ガラスのみだと8割、カーテンをしても5割が室内へ入ってきますが、外部に日除けがあると2割ですむというデータがあります。
つまり日除けは、住まいの外部につけた方が倍以上効果的。
庇やすだれなどを活用して、住まいの外でしっかり日差しをブロックしましょう。

すだれ・よしず

一番安価で手軽なすだれやよしず。立てかけたり、吊したりと、南や西側の窓を覆うと、70~80%の日差しを遮蔽でき、風は通してくれます。ただし天候には要注意。強い風が吹いたり大雨の時は、取り込んでおきましょう。

オーニング

電動スイッチや手動ハンドルで、軒の出を調節できるオーニング。西側など低い位置で日光が差し込む場所には、いっぱいに出して。デッキなどと組み合わせれば、カフェ風の雰囲気を楽しむこともできます。

庇を設ける

建物の軒や庇の出は、地域で多少差はありますが、開口の高さの0.3~0.4倍にするのが最適です。真上から照りつける夏の日差しを軽減して日陰を作り、室内の温度上昇を抑えてくれます。また、太陽の位置が低い冬は、あたたかな日差しを室内へ取り込めます。

工夫その6 住まいの内側から遮熱

外部で日光を遮ることに加え、ペアガラスを採用する方法も。空気層を挟んだ断熱性の高いペアガラスは、夏の熱気だけでなく、冬の冷気や結露対策にも効果的です。断熱用と遮熱用の2種類あり、南側には断熱タイプを、西側には遮熱タイプを用いるのが効果的です。

工夫その7 室内での発熱を抑える

室内にも、様々な家電製品から熱が排出されています。特に排熱の多いのが冷蔵庫。止めることはできませんが、中身をできるだけ詰め込まず、壁から少し離して置くと、消費電力を抑えられます。
また薄型でも大型のテレビは、かなりの熱を発しています。こまめにスイッチを消し、出かける時などは、主電源を切りましょう。そして忘れがちなのがパソコン。使用中は排熱する場所をふさがないよう、必要のないときはシャットダウンを心がけてください。電球の衣替えもおすすめです。電球を蛍光灯型電球やLED電球に変えると、発熱量も軽減でき、白い光は電球色より視覚的に涼しく感じられます。

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP