Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

和のくつろぎのある二世帯住宅

[東京都 Iさま邸]


水平ラインが整った安定感のある外観。植栽との調和も見事です。

悠然とした水の流れに風情が感じられる、そんな玉川上水のほとりに建つIさま邸。歴史を感じさせる街並みに、その和の佇まいが溶け込むように調和しています。 ゆとりある敷地をいかして水平ラインを強調した外観はどっしりとした安定感を感じさせます。アクセントは入り母屋の繊細な三角形で付けています。 幕板は日本家屋にふさわしいヒノキ色の「M-Wood」を採用しました。耐候性・耐久性にもすぐれたこの進化した木素材は、美しさと機能性を高い次元で両立しています。


堀座卓が印象的な「和」のリビング。建具を閉めれば、独立した空間になります。

和の趣あふれるお母さまの空間

1階にはお母さまが暮らすスペースとゲストをお招きする「大広間」となる和室続き間を配置。暮らし慣れたスタイルに合わせて、床は畳敷きを基本にしました。8帖と10帖の続き間は大勢のお客さまがいらしてもゆとり十分。掛け軸を飾る床の間や風合いのある床柱、シンプルな違い棚など、伝統の意匠を現代にアレンジしました。また、和室とつながる広縁も心地よさの演出に一役買っています。


床の間や違い棚、欄間など、伝統的な和の意匠が息づく二間続きの和室。

座卓リビングのある子世帯ゾーン

2階の子世帯スペースは、1階とはがらっとイメージを変えてモダンなイメージとしました。落ち着きのあるウォールナットカラーで統一した空間にはリラックスした雰囲気があふれます。くつろぎの中心となるリビングは、日本伝統の「座」のスタイルに。掘りごたつ形式としたリビングテーブルはゲストも肩の力を抜いてくつろげることでしょう。格子状の建具でダイニングと仕切ることもできます。


住まいの中心部から自然の光と風を招き入れるライトコート。

所在地 東京都
家族構成 ご夫婦・お子さま2人
敷地面積 991m²
延床面積 396m²(1階 194m²、2階 202m²)
建ぺい率 21%
容積率 39%

和と洋を無理なく調和させる外観と内観素材。

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP