Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

ハロウィンの定番!ジャック・オ・ランタンの意外な由来とは?

10月31日はハロウィン。日本でもだいぶ定着しつつあるのか、10月に入ると、あちらこちらにジャック・オ・ランタン(カボチャ提灯)の飾りが見られるようになりました。しかし考えてみると、提灯なのか妖怪なのか、よくわからない存在ですね。あらためてその由来を調べてみました。

鬼火現象にまつわるアイルランド民話が原型

そもそもハロウィンは、サウィン祭という古代ケルトの収穫祭が、万聖節(聖人の祝日)の前夜祭として、キリスト教に取り入れられたもの。ケルト暦で10月31日は大晦日にあたり、夜には死者が蘇ると考えられていたため、火を焚いたり仮面をかぶったりして、悪霊を脅かし追い払おうとしました。

ジャック・オ・ランタンは、アイルランドにおける鬼火。昔ジャックというずる賢い男が、悪魔を騙して「魂を取らない」と約束させました。その後ジャックは天寿を全うしますが、生前の行いが悪く天国に入れません。しかし、悪魔との約束があるため地獄にも入れず、結局あの世とこの世の境をさ迷うことに。憐れに思った悪魔が石炭の種火をくれたので、ジャックはカブをくりぬいて提灯を作りました。これがこの世では鬼火として目撃されるのだそうです。このカブの提灯が、アイルランド人がアメリカへ移民するとカボチャに変わり、やがてハロウィンの代名詞として定着したようです。

意外と簡単?ジャック・オ・ランタンの作り方

  • ①黄色やオレンジのかぼちゃを用意する。
  • ②ナイフで上部または底を大きく切り取る。
  • ③スプーンで中身をくり抜く。
  • ④クレヨンで側面に目・鼻・口などの下絵を描く。
  • ⑤下絵にそって切り抜く。
  • ⑥キャンドルをセットする
  • ......以上で完成です!

ジャック・オ・ランタンは、"Trick or Treat 歓迎 !! "の印なのだとか。しかし元々は、サウィン祭の "火と仮面で悪霊を追い払う"という意味を引き継いでいると考えられます。玄関ポーチなど外から見える場所に飾ると、魔除けとしても、目印としてもいいかもしれませんね。

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP