Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

世界に挑む力が宿る成田山新勝寺柔道指導者・解説者金丸雄介さん

国際試合前に必ず参拝


「成田山の『勝守』も持っています。僕にとって成田山は戦いの神です」と金丸雄介さん。

北京五輪柔道男子73kg級元日本代表の金丸雄介さんが好きな場所は、現役時代から頻繁に足を運んでいる「成田山新勝寺」だ。
「子どもの頃に通っていた道場が試合の前に神社へ必勝祈願に行っていたので、神社やお寺には親しみがあって、海外遠征の前には空港に近い成田山に立ち寄って手を合わせていたんです。2007年のフランス国際大会前にも拝み、優勝することができました」
現役を引退した今も、2〜3カ月に一度は足を運ぶ。立派な総門をくぐるとぴりっと空気が冴え、高くそびえる木々を眺めながら石段を上る。本堂に手を合わせると、体の奥から静かなパワーがみなぎってくるような気がするという。
「現役時代は自分の必勝祈願だけでしたが、指導者になった今は選手の必勝、そして、家族の健康を願うようになりました」


初詣や節分などでたびたびニュースになる立派な大本堂。境内には光明堂、三重塔など重要文化財が点在し、本堂奥には平和の大塔、成田山公園が広がる。

現在では試合の数週間前に祈願に訪れ、帰国後のお礼参りを欠かさない。
「試合の直前に『お願いします』と言っても、都合がよすぎるだろうと思ったんです。だから早めにお願いして、きちんとお礼をするようになりました」
奥さまを同伴されることが多く、お参りの後に表参道でせんべいを買って食べ歩いたり、うなぎ屋さんに寄るのも、夫婦そろっての楽しみになっている。

世界への夢を胸に日々勉強中


石段を上り、仁王門を通って本堂へと進む。神聖な場所に向かい、急な石段を老若男女が一歩一歩上っていく。

奥さまと暮らすマンションでの"好きな場所"が、最近変わった。「テレビの前のソファが僕の指定席で、好きな場所だったのですが、海外遠征が多く、留守にしている間に、いつの間にか妻に占領されてしまいました(笑)。いつか、取り返そうと思っているのですが、心配ばかりかけているから、仕方がないかな...」


成田山新勝寺
天慶3(940)年に開山、開基1073年を迎える名刹。御護摩の祈願には多くの信徒や観光客が訪れる。
住所:千葉県成田市成田1
TEL:0476-22-2111
www.naritasan.or.jp/

新たに"好きな場所"となった寝室では、勉強をしていることが多い。日本のトップ選手だった金丸さんだが、指導者の立場となり、柔道の奥の深さを思い知らされる場面が多くなった。
「小さな頃から柔道をやっていたのに、柔道の歴史も満足に知らないことに気がつき、勉強をし直しています。海外遠征で困らないように、英語も勉強しているんです」
遠い将来の夢は、「世界の柔道発展への貢献」。かなえるためにも、英語の必要性を強く感じるという。
「夢のまた夢の話で、今は自分が指導している選手が活躍してくれるのが一番。まずは日本の柔道界で必要とされる人間でありたいと思っています」

金丸雄介 (かなまる ゆうすけ)

1979年、石川県生まれ。2007年フランス国際大会優勝、2008年全日本柔道選手権大会優勝、2008年北京オリンピック男子73kg級日本代表。2008年10月現役引退。現在は、了徳寺大学助教、了徳寺学園柔道部コーチ、筑波大学柔道部コーチ、全日本シニアコーチ、千葉県国体成年女子監督。

光舞う「白」の空間でくつろぎ、趣の異なる5つの庭を楽しむ邸宅

[宮城県 Sさま邸]

緑豊かな山を背にしてゆったりと気品高くたたずむ白亜のSさま邸。玄関ドアを開けると、ホール正面のガラス壁を通して坪庭や雑木林に視線が抜け、リビングに入ればワイドなサッシから視界いっぱいに大きな芝生の庭園が広がります。

さらに和室の地窓やバスルームからも違った風情の庭の景色が楽しめます。Sさまのお住まいは、100坪の敷地とロケーションを上手に生かして、それぞれの場所から趣の異なる5つの庭が眺められるようにデザインされているのです。「設計デザイナーの佐々木さんが手描きのスケッチで提案してくださったプランに一目惚れでした」とSさまは振り返ります。

「白」ですっきりと統一されたLDKは、ご夫妻と愛犬の憩いの場。リビングとダイニングの間に設けた吹き抜けの高い窓から光が差し込み、住空間を明るく包みます。

「テレビの後ろは、割り肌の大理石タイル壁にして変化を付けました。夜、ダウンライトに照らされた大理石の表情もステキですよ。美しい光の陰影が生まれて優雅な雰囲気が楽しめます」とSさま。

一方、和室は趣向を凝らし、玉砂利の前室を設けて旅館のようなしつらえに。バスコートを設けたリゾートスパさながらの浴室もご夫妻のお気に入り。雑木林の息吹を感じながら露天感覚で入浴できます。
「忙しい毎日ですが、家に帰るとホッと心が和みます。メインの庭は薔薇を植えてイングリッシュガーデンにしていきたいですね」と奥さまの笑顔が弾けました。

秋色に色づく街並みをぶらり散歩 身近で楽しむ紅葉狩り

秋深まる紅葉シーズン時間が取れない人におススメ


モミジ

11月は紅葉狩りシーズン! 山などの名所へ出かけ、紅葉を楽しむ人も多いでしょう。たとえ遠出が出来なくても大丈夫。周りを見てみれば、赤く・あるいは黄色く色づく木々は意外と多く、なかなか風情のある様を見せてくれます。身近でどんな紅葉を楽しめるかご紹介します。

紅葉(こうよう)と紅葉(モミジ)、モミジとカエデのちょっと複雑な関係


サクラ

「紅葉」は「モミジ」とも「こうよう」とも読みますね。「紅葉(こうよう)」は、広義には葉が赤や黄色等に色づくことをいい、狭義には赤く色づくことを「紅葉」、黄色く色づくことを「黄葉」と書いて区別します。また「紅葉(モミジ)」は、広義には目立って赤くなるカエデの仲間を総称する呼び方で、狭義にはカエデの中でも葉の切れ込みが深く、赤がひときわ美しい数種類を指すそうです。


ツタ

美しい紅葉(こうよう)の条件は、①日当たりが十分であること、②夜の冷え込みが厳しく、昼と夜の温度差が大きいこと、③適度に湿気があること。よって、この条件に合う山などが名所になることが多いのです。
とはいえ、山まで行かなくともカエデの仲間は庭木や公園樹、街路樹としてよく植えられていますし、それ以外にも紅葉・黄葉する木はいろいろあります。

街路樹や植え込みで楽しむ紅葉


ドウダンツツジ

黄葉する街路樹といえばイチョウ。
2007年の国土交通省の調査によれば、日本で最も多く植えられている街路樹なのだとか。ちなみに2位がサクラ、3位がケヤキで、実はこれらの木も紅葉します。イチョウやモミジほど鮮やかではありませんが、落ち着いた色調の紅葉も、それはそれで風情があるものです。


ハナミズキ

同じく街路樹としてよく見かけるハナミズキ。春は白やピンクの花が咲き、秋は紅葉と共に赤い実がなるのが印象的です。街路樹というよりは、植え込みとしてよく見かけるのがドウダンツツジです。春は釣鐘型の小さな花をつけますが、秋には真っ赤に紅葉します。最後に、童謡『真っ赤な秋』に歌われているツタ。建物の外壁などに絡みつき、印象的な景観を生みます。それが紅葉すれば、さらに趣が出ますね。


ケヤキ

このように、実は身の回りでたくさん見られる"紅葉"。是非とも見落とさず、身近な秋の色彩を楽しんでください。

理想のキッチンの作り方 - 素材・設備選び -

進化した素材や設備でお手入れがラクなキッチンに

換気扇やレンジフードの油汚れ、シンク、収納扉の水はねなど、キッチン仕事は掃除やメンテナンスにも時間をとられるもの。キッチンには、お手入れのしやすい素材が適しています。雑然としがちなキッチンには、お手入れのしやすさはもちろん、統一感も必要です。扉材は、デザイン、カラーともにバリエーションが多いので、キッチン、ダイニングの雰囲気に合わせて選ぶのもポイントです。

汚れが目立たない素材選び

水あかが気になるシンクは、汚防加工を施したステンレスや人工大理石がおすすめ。ワークトップは、目地の汚れが目立つタイルや、汚れが染み込みやすい天然石は避けましょう。人工大理石も汚れが染み込みがちですが、コーティングを施したものであればひと拭きできれいに。

天然木

天然素材ならではのナチュラルな木目の雰囲気が楽しめます。

メラニン化粧版

合成樹脂を重ね合わせた樹脂板。傷がつきにくく、耐熱性、耐水性に優れているのが特徴。掃除がしやすく丈夫なのがメリット。

ステンレス

高級感のある素材。シンクに用いる場合は、水あかが目立ちやすいので、汚防加工が施してあるものがおすすめ。

デザインガラス

さまざまな加工を施したデザインガラスや、フロストガラスは、棚の中身を隠したい場合に適しています。

加熱調理器もお手入れのしやすさで選ぶ

お手入れのしやすさを重視するなら、IHクッキングヒーターがおすすめ。天板がフラットなので、拭きこぼれや汚れもさっと拭くだけで手軽に掃除ができます。
ガスコンロも五徳がはずれるものであればお手入れがラクにできます。
ガスにするかIHにするか、設備面で迷うことがあれば、普段作る料理が強火を使うものが多いのか、弱火でじっくり煮込むものが多いのかなど、料理のレパートリーも決め手になります。

カラーを統一し、すっきりしたキッチンに

すっきりしたキッチンにするには統一感が大切です。壁面を利用した「キッチンクロゼット」など、キッチンの中でも広い面積を占めるものは、面材を壁の色と同色にすることで統一感を出すことができます。壁面がシンプルな分、ダイニングの椅子などをビビッドな赤や緑にするとLDKのアクセントになります。雑然としがちなキッチンだからこそ、テーマカラーを決め、すっきり見せることがポイントです。

実際の使い心地をショールームで体感しよう

実際の使い心地は、カタログやホームページだけではわかりにくいもの。ショールームで実際に見て、触れて、試してみることで実感がわいてきます。あらかじめ、目当てのものを事前にピックアップしてから、ショールームを訪ねてみましょう。

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP