Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

武蔵野の自然が息づく石神井公園漫画家弘兼憲史さん

島耕作も池のボートに乗った


マンションの仕事場で、常時6人のアシスタントを従えて漫画の執筆にいそしむ弘兼さん。「窓から公園の緑が眺められるので、部屋に閉じこもっていても四季が感じられます」

東京都練馬区にある石神井公園は、武蔵野の面影を色濃く残す自然豊かな都心のオアシスだ。三宝寺池、石神井池の二つの池を抱く広い園内には雑木林が広がり、水生植物の群落もあって、モズ、コサギ、カワセミなど多くの野鳥が飛来する。その石神井池に面した南側、瀟洒なお屋敷街の一角に佇むマンションに、弘兼憲史さんの仕事場はある。
「今の自宅は吉祥寺ですが、結婚して3年目に公園の西側エリアに家を建てて、長く住んでいたから、ひときわ愛着があるんです。子どもが小さい頃は家族みんなでよくスケッチに来たものです」


石神井池の対岸から眺めたお屋敷街。池面に映る姿も絵のように美しい。

弘兼さんの代表作「島耕作」シリーズにも、石神井公園のシーンはよく登場する。離婚した妻が育てている娘と耕作が会い、ボートに乗るのもこの公園だ。
「たまに作画の資料にするために写真を撮りに行きますが、絵になる場所が多いですよ。マンション前の池に面した石畳の道の雰囲気も好きですね。水面にお屋敷街が美しく映り込んだ風景は情緒があって、つい見とれてしまいます」  弘兼さんは昼食がてら近くのファミリーレストランで漫画のアイデアを練り、それから仕事場に来て深夜3時頃までペンを握る。窓から見える公園の景色が、執筆で疲れた目を癒やしてくれるという。

巨石をオブジェにした庭の眺め

吉祥寺の自宅は、奥さまである漫画家の柴門ふみさんの希望を活かして2年前に建てられた。「家づくりはカミさん任せで、僕が采配したのは庭のみ」と語る弘兼さんだが、これがただの庭ではない。
「敷地内に座禅石のような動かせない巨石があったので、庭師と相談してこの石をオブジェに活かしてみました。周囲に現代アートのように鉄板をあしらって赤さびを出し、さらに取り壊した古家の屋根瓦を縦に差し込んで、白砂利を敷き詰めたんです。こうした造形を彩るように、春はしだれ桜、初夏は紫陽花、夏にはサルスベリが真っ赤な花を咲かせてくれます」
多忙な弘兼さんが自宅でくつろげる時間は少ない。だからこそ、たまの休日、朝起きてインナーテラスの椅子に座り、コーヒーを飲みながら庭の景色を眺めるひとときを大切に慈しんでいる。
「この家が終の住処になるだろうから、僕が生きている間にこの桜はどれくらい大きくなるだろうか...なんて思いながら、天気がいいときは2時間ほど飽きずに庭を見ています。頭を空にしてリラックスできる至福の時間ですね」

弘兼憲史 (ひろかね けんし)

1947年、山口県生まれ。早稲田大学法学部を卒業後、松下電器産業(現・パナソニック)勤務を経て、74年に『風薫る』で漫画家デビュー。85年に『人間交差点』で小学館漫画賞、91年に『課長島耕作』で講談社漫画賞を受賞。『黄昏流星群』では、文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞、第32回日本漫画家協会賞大賞を受賞。07年、紫綬褒章を受章。テレビ番組「島 耕作のアジア立志伝」(NHK BS)が現在放送中。

北欧に学ぶ冬の楽しみ方

寒い冬を楽しむ北欧の暮らし方

スウェーデン・ノルウェー・フィンランド・デンマークなど、冬の北欧では日に3時間ほどしか太陽が顔を出さず、一日のほとんどが暗闇に包まれています。北欧に暮らす人々は、長く厳しい冬の大半を家の中で過ごすため、家の中での心地よい暮らしをとても大切に考えているのです。北欧といえば、照明や椅子、インテリアが有名ですが、これらはまさに冬を楽しもうとする文化から生まれた傑作といえます。近年日本でも人気の高い北欧スタイルに、寒い冬を楽しむヒントをみつけてみましょう。

和の空間にもなじむ北欧デザイン

「豊かな自然環境の中で生まれたシンプルでナチュラルな北欧家具は、和の空間にもなじみやすいので、日本でも人気の高いインテリアです。
北欧家具が人気なのは、飽きのこない素朴なデザインと木製の温かみといった家具そのものの魅力はもちろんのこと、家の中での心地よい暮らしを大切にする北欧のライフスタイルに対する関心が高まっているともいえます。
意外に思われるかも知れませんが、畳、砂壁、珪藻土などを用いた和の空間に北欧家具が調和することでモダンな空間に変身します。床、天井、階段、扉に、それぞれ材質の違う木を使うことで、木材の色や質感の違いがコントラストとなって表情のある空間が生まれ、北欧家具の魅力をより引き立ててくれます。
実際に北欧製の家具を住まいに取り入れられたらベストですが、まずは手持ちのシンプルでナチュラルな家具を利用して、北欧スタイルを参考にコーディネイトしてみてはいかがでしょうか。

部屋ごとにテーマを変えて楽しむ

壁や床の色の調和は大事にしながらも、部屋ごとにテーマを変えて楽しむのも北欧流。たとえば、リビングはモノトーンでクールなイメージに、ダイニングはブルーのアイテムを揃えたり、あたたみのあるカラーにしてみたり。子ども部屋はカラフルにするなど、家具の色や質感で各部屋の雰囲気を変えてみるのも楽しいものです。

マイチェアのある暮らし

近年、有名デザイナーの椅子がリメイクされるようになったことで、デザイン性の高い椅子が購入しやすくなり、椅子への関心が高まっているようです。リビングのソファーに家族が集まってくつろぐのもいいものですが、たまには自分専用のマイチェアに腰掛けて、自分だけの時間を楽しんでみるのもいいものです。
リビングで音楽や映画を楽しむなら、リクライニングチェアがおすすめです。足を乗せるオットマンやヘッドレスト、アームがあれば、リラックスしたひと時を過ごせます。休日の昼下がりや就寝前のひとときにも、いつもより贅沢な時間をもたらしてくれるでしょう。

またキッチンには、キャスター付きの自由に移動できる椅子があれば、座りながら料理や下ごしらえをしたり、コンロから離れることなくレシピや本を読むことができ、キッチンでの作業を楽しくします。
椅子は、座るものである一方、そこにあるだけで空間を美しく居心地のよいものにしてくれるインテリアとしての機能もあわせ持ちます。自分のお気に入りの椅子を見つけて、いつもと違う時間と空間をゆっくり楽しんでみてはいかがですか。

アートなファブリックで暮らしを彩る

シンプルを極めた北欧家具には、ラグやクッションなど、ファブリックをアクセントに活用しましょう。ファブリックの質感や色柄で季節ごとに変化を出すことができます。北欧のファブリックの中には、青や赤、黄色や緑といったカラフルな色使いや、植物や動物などのモチーフを取り入れた豊富なデザインが多く見うけられます。鮮やかな色や自然のモチーフを室内に取り入れて、長い冬の暮らしを楽しんでいるのでしょう。
家具を布張りにしたり、ソファーにクッションやブランケットを添えるなど、身体が触れる部分にファブリックのあたたかな素材を活かしてみましょう。

柄の大きなものをカーテンにする場合は、柄がよく見えるようプリーツが少なめのフラットカーテンやロールスクリーンなどがおすすめです。カーテンやクッションだけでなく、ファブリックをパネルに仕立て、絵のように飾って空間のアクセントにするのも北欧流の楽しみ方です。

複数のランプ使いで冬の部屋を優しく照らす

北欧のお宅を訪ねると、部屋中にカラフルな色やモチーフが溢れているのに、不思議と落ち着いたあたたかな雰囲気を感じます。そのヒントは、複数のランプの効果的な使い方にあります。布、プラスチック、ガラス、籐など、さまざまな素材のランプシェードから放たれるあたたかな光が、落ち着いた空間を作り出しているのです。照明の種類や明度も大切ですが、ランプシェードの素材にこだわってみるのもポイントです。

幻想的なキャンドルのぬくもり

フィンランド人は世界一キャンドルを消費するといわれているように、キャンドルもまた北欧の冬の生活になくてはならないものです。キャンドルを飾るときは、たくさん並べることで存在感を出すのがポイント。小さな炎のゆらめきが集合することで、よりぬくもりのある空間になります。

高級旅館を思わせる気品と和モダンに暮らす平屋の家

[愛知県 Tさま邸]

定年を機に、ご自宅をご夫婦で伸びやかに暮らせる平屋に建て替えられたTさま。訪れてまず目を見張るのが、広々としたタイル土間の玄関ホールです。高級旅館を思わせる気品あるしつらえで、和風庭園に面した大きな窓から光がふんだんに差し込み、サンルームのよう。廊下に美しく連なる木製ルーバーの引戸を開けると、27畳大もある高天井の開放的なLDKが広がっています。

「夏は引戸を閉じた状態でも、ルーバーを開けておけば庭からの心地良い風がスッと通り抜けて、冷房がいらないくらいです」と奥さま。

床はうづくり加工を施した足触りのいいフローリング。梁の上を走る間接照明がリビングの天井をやさしく彩ります。そして対面キッチンのダイニングは、ご夫婦のこだわりを叶えた和モダンなスタイル。対面キッチンの前に、無垢材のカウンターとダイニングテーブルを一体に造り付け、さらに掘り座卓のように足が下ろせる小上がりの畳コーナーも設けて、椅子でも畳でも、好きな方に座って食事ができるようにしました。

「朝は東面の大きな窓から光が入るから気持ちが良くて。カウンターで趣味の手芸をしたり、畳コーナーはヨガにも重宝しています。このダイニングは友人たちにも大好評で、よく集まって、みんなでランチやお茶をするようになりました」と奥さま。

一方、ご主人は「畳に座ってカウンターで晩酌するのが私の楽しみ。小洒落た居酒屋のような雰囲気が気に入っています」と満面の笑み。お二人の幸せな時間がゆったりと紡がれています。

理想のキッチンの作り方 - キッチンのスタイル -

ライフスタイルから生まれる 新しいキッチンの形

かつて、キッチンは食材に直射日光が当らないよう北側に配置しがちでした。最近では、冷蔵庫をはじめ、断熱、冷暖房などの住宅性能が向上したほか、高性能なレンジフードや静音機能に優れた水栓やシンクが登場するなど、表舞台に置いても違和感がなくなりました。
また、ライフスタイルの変化により、夫婦で料理をしたり、友人を招いて一緒に料理を楽しむなど、今やキッチンは主婦だけのものではなくなってきています。まずは、家族のライフスタイルを見極めたうえで、どのようなキッチンにしたいのか希望を固めていくのがよいでしょう。

キッチンの基本スタイル

キッチンの基本スタイルには、クローズド型とオープン型があります。クローズド型はリビングダイニングから分離され、リビングダイニングからキッチン内が見えにくい、従来のキッチンに多く見られたタイプです。オープン型はリビングダイニングと一体化したものです。

一人で調理を楽しむならクローズドキッチンが最適

誰にも邪魔されず一人で調理に集中したい場合は、ダイニングとは独立したクローズドスタイルのキッチンが向いています。シンク、加熱調理機、ワークトップが一列に並ぶⅠ型キッチンは、シンプルでデッドスペースもないのでおすすめです。キャビネットや調理家電の位置を工夫することで、自分だけの使いやすさを追求したスペースが実現します。

子育て期にはオープンキッチンがおすすめ

奥まったキッチンだと、家族の気配に気づきにくいことがあります。そこで、キッチンをリビング空間とオープンにつなげ、キッチンを中心に放射状に空間をデザインしていくことで、調理中もリビングにまで目が届き、開放感のある子育てのしやすい家になります。一緒に調理ができるプランにすることで、お子さまの食育にも貢献します。

みんなで調理にはアイランド型やペニンシュラ型も

ホームパーティを開くことが多かったり、家族で調理をする機会が多い場合は、アイランド型やペニンシュラ型のキッチンが適しています。開放的な間取りで、複数人での調理が楽しめます。ご自宅で料理教室を開くなどという場合にはアイランド型が最適です。

アイランド型

キッチンセットが壁のどの面にも接しない独立したタイプ。

ペニンシュラ型

ユニットの再度部分が部屋に突き出ていたり、ワークトップの一部が突き出ていたりするので「半島(ペニンシュラ)」と呼ばれます。

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP