Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

理想のキッチンの作り方 - キッチンのスタイル -

ライフスタイルから生まれる 新しいキッチンの形

かつて、キッチンは食材に直射日光が当らないよう北側に配置しがちでした。最近では、冷蔵庫をはじめ、断熱、冷暖房などの住宅性能が向上したほか、高性能なレンジフードや静音機能に優れた水栓やシンクが登場するなど、表舞台に置いても違和感がなくなりました。
また、ライフスタイルの変化により、夫婦で料理をしたり、友人を招いて一緒に料理を楽しむなど、今やキッチンは主婦だけのものではなくなってきています。まずは、家族のライフスタイルを見極めたうえで、どのようなキッチンにしたいのか希望を固めていくのがよいでしょう。

キッチンの基本スタイル

キッチンの基本スタイルには、クローズド型とオープン型があります。クローズド型はリビングダイニングから分離され、リビングダイニングからキッチン内が見えにくい、従来のキッチンに多く見られたタイプです。オープン型はリビングダイニングと一体化したものです。

一人で調理を楽しむならクローズドキッチンが最適

誰にも邪魔されず一人で調理に集中したい場合は、ダイニングとは独立したクローズドスタイルのキッチンが向いています。シンク、加熱調理機、ワークトップが一列に並ぶⅠ型キッチンは、シンプルでデッドスペースもないのでおすすめです。キャビネットや調理家電の位置を工夫することで、自分だけの使いやすさを追求したスペースが実現します。

子育て期にはオープンキッチンがおすすめ

奥まったキッチンだと、家族の気配に気づきにくいことがあります。そこで、キッチンをリビング空間とオープンにつなげ、キッチンを中心に放射状に空間をデザインしていくことで、調理中もリビングにまで目が届き、開放感のある子育てのしやすい家になります。一緒に調理ができるプランにすることで、お子さまの食育にも貢献します。

みんなで調理にはアイランド型やペニンシュラ型も

ホームパーティを開くことが多かったり、家族で調理をする機会が多い場合は、アイランド型やペニンシュラ型のキッチンが適しています。開放的な間取りで、複数人での調理が楽しめます。ご自宅で料理教室を開くなどという場合にはアイランド型が最適です。

アイランド型

キッチンセットが壁のどの面にも接しない独立したタイプ。

ペニンシュラ型

ユニットの再度部分が部屋に突き出ていたり、ワークトップの一部が突き出ていたりするので「半島(ペニンシュラ)」と呼ばれます。

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP