Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

人生を共に走るパートナーのような存在 きらめく緑と穏やかな風薫る祖師谷公園女優・タレント秋野暢子さん

自分をみつめ直す大切な場所


外でも家でも、ぼーっと過ごしてしまうことはない。常に何かを見つけては新しいことに挑戦し続けている秋野さん。なんと、9月には油絵の個展も準備中。「マラソンをすると自分の枠はつくらない、まだできる、と思えるの」

初夏の日差しが眩しい午後、その明るさに負けない笑顔で現れた秋野暢子さん。すらりとした、まるでアスリートのような無駄のないスタイルにため息が出るほど。「今朝も10キロ、走ってきました」と、はじける笑顔の秋野さん。
日課のジョギングはたいてい午前中、ほぼ毎日のペースで続けている。自宅から2キロほどのところにある祖師谷公園は、秋野さんのお気に入りの場所だ。仙川を挟んで東西に敷地が広がり、テニスコートや緑地、植物園などの施設がある。祖師谷や成城の高級住宅地の中にある静かな公園だ。


なだらかな丘陵が広がり、地元の人たちがのんびりと午後を過ごす。桜の季節には、ソメイヨシノをはじめ、オオシマザクラ、サトザクラ、シダレザクラなどが楽しめる。季節ごとに手入れされた花壇の花々も美しい。

「仙川に沿って走り、運動場を何周かしてから幹線道路へ抜けていきます。緑の豊かな祖師谷公園を走っていると、季節の移ろいを感じるし、仕事のことや家族のこと、いろいろと考え事をしますね」。走り始めてから、秋野さんの人生にも様々なことがあった。うれしいこと、楽しいことに悲しいこと、出会いも別れもあった。そんな心模様を抱えながら走る秋野さんを、いつも受けとめてくれる、安心できるパートナーのような存在なのだ。「それに、常にたくさんの人に囲まれているでしょう。だから、走っているときは、一人になれる時間、自分だけの時間なんです」。秋野さんが自分をみつめ直す、大切な時間になっている。

マラソン教の普及活動中?!


仙川を挟んで東西に広がる敷地は約89,000㎡。テニスコートやゲートボールコートなどの施設や数種の桜や季節の花が咲く、地域住民の憩いの場。
住所:東京都世田谷区上祖師谷3丁目
TEL:03-5384-1693
(祖師谷公園サービスセンター)

27歳から走り始め、すでにフルマラソン10本を走った実力派だが、きっかけは元芸人の上岡龍太郎さんの影響だった。「まるで上岡教よ!」というほど、影響された芸能人仲間が走り出したという。今では、ママ友でグループをつくるなど、マラソンの輪を広げている。今まで運動したこともなかった人やどうしても続かなかった人など、メンバーは様々。秋野さんはたいてい初マラソンの人に伴走して、ペースメーカーとして完走を目指す。「マラソンのスタート地点に立った皆が勝者だと思うのです。非日常に身を置く、マラソンをしよう、という気持ちになった、そのことがとても大事。こうして、まさに普及活動中よ」。今では、祖師谷公園近辺では知らない人はいないベテランランナー秋野さん。これからも、祖師谷公園をベースにトレーニングし続けるだろう。
一方、35歳の時に改築したという、ご自宅で過ごす時は?「リビングにお気に入りのイタリア製の赤い革のソファがあるの。そこで、もっぱら書き物をしたり、本を読んだり」。くつろぎながらも、もう次の挑戦を模索中に違いない。

秋野暢子 (あきの ようこ)

1957年、大阪府生まれ。1974年にNHKの銀河テレビ小説で女優デビュー、翌年NHKの朝の連続テレビ小説のヒロインに抜擢され、注目を集める。その後、映画、ドラマで演技派女優として、また、バラエティやワイドショーなどでタレントとしても活躍。現在では、マラソンランナーとしても日々トレーニングを積み、健康、美容、環境などマルチな分野に幅を広げて活動している。4月からNHK朝ドラ「とと姉ちゃん」に森田まつ役で出演する。

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP