Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

「母の日」の定番プレゼント カーネーションに迫る

基本の意味や花言葉を考慮に入れつつ、最後はお母さんの好みに合わせて

5月の第2日曜日は「母の日」。母の日のプレゼントといえば、カーネーションが定番ですね。定番すぎてつまらないという意見も聞こえてきそうですが、最近は一口にカーネーションと言っても、本当にバリエーションが豊富です。再度、カーネーションの魅力に着目してみましょう。

赤いカーネーションを母の日に贈るようになったワケ

「母の日」と呼ばれるものは世界中にありますが、現在の日本の「母の日」はアメリカがモデルといわれています。
南北戦争時代の有名な社会運動家、アン・ジャービスの追悼式において、娘のアンナが白いカーネーションを参加者に配ったのが始まりとされています。
やがてアンナは、自分の母親と同様に社会へ貢献している世の母親達を讃える「母の日」を提唱します。その際、母が存命なら赤いカーネーションを、亡くなっているなら白いカーネーションを胸につけることが提唱され、やがて花を贈る形で定着していきました。
カーネーションという花が選ばれたのは、アン・ジャービスの好きな花という事もありますが、カーネーションが"母と子""母性愛"を象徴する花とされていたことが大きいです。

豊富なカラーバリエーション嗅覚や味覚に訴える品種も登場

さて、そんなアメリカの習慣が日本に導入され、時代が下ってくると、カーネーションの色の意味合いはそれほど厳密には意識されなくなりました。市場を見ても、赤、ピンク、オレンジ、黄色、紫など色とりどりです。
色によって花言葉が違うので、それを選ぶ基準にするのもいいですね。ただ、単色でなく複色の品種も多いですし、中には時間の経過で色が変わるというものもあります。また、色でなく香りを売りにしているカーネーション、食べられるカーネーションなどもあります。
花言葉は気にしないという人もいますから、最終的には贈る相手の好み。定番を選ぶか、サプライズを選ぶか...。しっかりリサーチして、最も喜ばれるカーネーションをプレゼントしたいですね。

真実の愛、愛情、情熱、母への愛
濃い赤 私の心に哀しみを
尊敬、純潔の愛、亡き母を偲ぶ
ピンク 感謝、上品、気品、暖かい心
オレンジ 集団美、純粋な愛、清らかな慕情
黄色 軽蔑、嫉妬、愛情の揺らぎ、友情
誇り、気品
永遠の幸福

那須の自然と共存する暮らしで見つけたものタレント高木美保さん


1998年に栃木県の那須高原に移住し、現在は那須と東京を行き来する生活を送る高木美保さん。
都会を離れたことで何が見えてきたのだろう。自然の木立ちの中でどんな暮らしを楽しんでいるのだろう。
気候風土に適した家づくりの工夫や、愛猫のための部屋づくり、お気に入りの寛ぎ方などをお伺いした。

自然に迷惑をかけない家づくりにこだわった


ご両親と過ごすリビング。手前が高木さんのソファ。

高木美保さんが生まれ育った東京から栃木県の那須高原に移り住んだのは18年前のことだ。
「仕事に追われ、心身共に限界だったとき、自然の中で暮らせば絶対に元気に生き返ることができると本能的に感じたのです。それで雑木林に囲まれた那須高原の別荘地を購入して家を建て、田舎暮らしを始めました」
家づくりにあたっては、「自然にご迷惑をおかけしない」をコンセプトにしたという高木さん。建てるときはもちろん、老朽化して壊さなければならないときも汚染物質を出さない建材や塗料を選び、当時はまだ珍しかった太陽光発電システムも装備して、エネルギーを自給できる暮らしを目指した。


冬は和室の掘り炬燵で家族団らん。足下で愛猫のみゅー君も丸くなる。

また、那須特有の厳しい気候風土とうまく付き合うための工夫も怠りなく採り入れている。
「我が家の玄関は北側にあるのですが、この地域では冬になると北から強烈な風が吹くので、開け閉めする際にドアがあおられて危険です。だから勝手口を東側に設け、その北側に風よけの壁を造ってもらいました」
雑木林に面した南側に和室を設けたのは、冬は落葉樹の葉が落ちて陽光が燦々と入り、畳に熱が蓄えられるから。夏は葉が生い茂って日射しを遮るので涼しく過ごせる。これも自然と幸せに共存するための知恵である。

日当たりのよい和室を愛猫のプレイルームに


和室の壁にキャットステップを付けて愛猫のプレイルームに。

もうひとつこだわったのは、ペットが快適に暮らせることだ。南側のいちばんいい場所にある和室は、愛猫が楽しく過ごせるプレイルーム。壁には高さを変えたいくつものキャットステップを取り付け、電動で昇降する掘り炬燵もしつらえている。
「日当たりの良い場所で好きなだけ寝たり、高いところに登って遊んだり。冬になると炬燵でぬくぬくと丸くなってホントに気持ちよさそう。外のデッキで日向ぼっこもできますから、猫にとっては天国でしょう。私はそこにお邪魔して畳でゴロンとするのが好きで。いわば猫ハウスに人間が間借りさせてもらっている感じですね(笑)」


2階は高木さんの専用フロア。書斎のソファで読書にふけるのが至福のひととき。

1階には和室の他に同居するご両親の部屋やリビング、ダイニングキッチンがあり、2階に高木さんの寝室や書斎がある。現在、東京都内の家との二重生活を送る多忙な高木さんにとって、書斎の南側に置いたソファで静かに読書にふけるひとときは誰にも邪魔されたくない充電時間だ。顔を上げると窓から四季折々の美しい自然が広がり、疲れた目を癒してくれるという。さらに高木さんは、茶目っ気たっぷりにこんな憩い方も教えてくれた。


アイアン製のベッドがエレガントな寝室。

「2階に洗面所とワンルームになった私専用のトイレがあるのですが、ある寒い朝、便座を椅子がわりに足湯を始めたら、気持ちがよくて和んじゃったんです。それで漫画やDVDを持ち込み、ついには冷蔵庫も置いてトイレで寛ぐようになりました。『ちっちゃいリビング』と呼んでいます(笑)」


書斎の出窓から四季折々の雑木林の風景が眺められる。

人間関係で物事が進む東京で生きていくにはときに自己主張が必要だが、那須では自然が相手。なによりも謙虚になることがうまく暮らすコツだ。
「那須おろしの強風に屋根が吹き飛ばされそうになったり、雷が落ちて停電したり。自然の力は脅威ですが、それを当然のことと受け止め、逆らわないで生きていく生活をしていると、いろんな執着がなくなって、足るを知り、心が軽くなります」
那須の暮らしでありのままの自分の姿を取り戻した高木さん。住むほどに自然への愛着を増し、本来の居場所に還ったような安堵を覚えている。

高木美保 (たかぎ みほ)

1984年、映画『Wの悲劇』で女優デビュー後、ドラマ『華の嵐』の主役を務め、NHK大河ドラマ等にも出演。1998年、栃木県那須高原に住まいを移し、農業にも取り組む。テレビ番組のコメンテーター、講演、執筆業など幅広く活躍中。

4世代が温かくふれあいながら暮らす、こだわりの多世帯住宅

[奈良県 Sさま邸]

古都・奈良の伝統が息づく純和風の家並みに、タイル外壁の陰影豊かな佇まいがしっくりと溶け込むSさま邸。

1階にご両親、妹さま、お祖母さま、2階にSさまご夫妻とお子さまの7人家族が暮らす二世帯住宅で、北側と南側にそれぞれの玄関を設けて独立感を出し、内部ドアで行き来できるようにしています。

親世帯の住空間は濃い色調で和モダンに。

玄関ホールはお母さまが丹精された草花の鉢植えで彩られ、正面壁の窓から広がる坪庭の眺めが訪れた客人の目を楽しませます。

一方、2階の子世帯はナチュラルな北欧テイストの住空間に。階段上のホールはご夫妻のセンスが感じられるミニギャラリー。イームズシェルチェアやインテリアポスターを飾って楽しまれています。「この椅子は、私の誕生日に妻がプレゼントしてくれた記念の一脚なんです」とSさまはうれしそう。

LDKはアイランドキッチンを中心に、ダイニングとリビングがL字につながる設計。南側のダイニングは日当たりが良く、東側のリビングからは大和三山が望めます。

「二人ともインテリアが趣味なので、北欧の家具や照明が似合う住まいにしたかったんです」とSさま。その言葉通り、温かみのあるチェリー色のフローリングにYチェアなど木の名作家具が調和し、ルイスポールセンのランプがアクセントとなって空間を引き立てています。

休日は1階のLDKで一家揃ってお母さまの手料理を楽しまれることも多いというSさまご家族。昨年の秋にご夫妻に初のお子さまも誕生し、ご両親もお祖母さまも大喜びです。

「みんなから愛情をたっぷりと注がれて娘もすくすく育っています」と奥さまはにっこり。4世代が温かくふれあいながら気兼ねなく暮らす理想の家族の姿がありました。

広がり演出テクニック - 素材などの演出-

内装の素材、間仕切りなど視覚的な工夫をすることで空間にゆとりを感じさせ、広々とした印象の住まいにすることが可能です。たとえば、各部屋を隔てている壁を、鏡や透明ガラスに変更することで空間に奥行きが生まれます。鏡の映りこみ効果は奥行き感をもたらし、透明ガラスは空間を延長させて広がりをもたらします。上手に取り入れて、同じ面積でも広く見せる工夫をしてみましょう。

鏡の映りこみ効果を利用する

レストランなどを訪れると、鏡を上手に使っているのを見かけます。それほど広くない場所でも鏡の映り込みによって広々と豪華な雰囲気に演出できるのです。この効果をわが家に利用することで狭さを克服することができます。例えばどの家も限られた小さな空間である洗面室や玄関。

ひとつの面に鏡を取り付けることで、空間が映し出されて奥行き感を出すことができます。ダイニングやリビングなど大きな空間でも、壁の一部を鏡貼りにすることで思いがけない広さが演出できます。

POINT

鏡に映りこむ風景を考慮して設置場所を決めましょう。鏡に人物が映りこむと落ち着かないので、座った目線よりも高めの位置に設置するのがおすすめです。

壁をガラスに変える

機能別に分かれた狭い部屋、例えばトイレと洗面室、浴室と脱衣室などの間仕切りをガラスにすることで空間が延長され、広く見せることができます。ガラスは透明ガラスでだけでなく、上半分が透明で下半分は曇りガラス、あるいはグラデーション模様などを選べば適度な区切り感も出すことができます。家族構成やライフスタイルに十分配慮して、どこに採用するか考えるとよいでしょう。

POINT

大きな面積を取りがちなテーブルも、天板をガラス素材にすることで、空間をゆったり見せてくれます。テーブルの脚部は、部屋とのバランスを考慮して、木、スチールなどの素材を選ぶとよいでしょう。床がフローリングの場合は、脚部を木にすると床との調和が取れます。ガラスとスチールは組み合わせやすいので、さまざまな空間に対応できます。

カーテンで天井を高く見せる

天井が高いと圧迫感がなくゆとりを感じられるものです。天井を高く見せるには、部屋の中でも広い面積を占める窓辺がポイントです。縦に伸びる線は高さを強調するので、縦方向に伸びるデザインのカーテンにすることで、窓や天井を高く見せることができます。

間仕切りをなくしてオープンに

機能別に分けた部屋を見直してみることも、方法のひとつ。たとえば、リビングとダイニング・キッチンに分かれている部屋は、仕切りがないと一体の大きな空間となります。家族の顔を見ながら料理ができたり、気軽に家族が料理に参加でき、食を通して家族のコミュニケーションがスムーズになる効果も期待できます。また、トイレと洗面室、浴室と、バスルームを欧米方式のスリー・イン・ワンにするのもひとつの方法です。総面積は変わらず、ゆったりした水廻りスペースが実現します。

スケルトンで存在感を省く

通常壁で囲われている階段を、蹴込み板を省いたスケルトン階段にして、リビングなどに取り込んでしまうのも効果的な方法です。光や風を通すスケルトン階段は、空間が実際よりも広く見えるのが大きなメリット。デザイン次第では空間のオブジェにもなります。そればかりか、2階の個室にいく家族と自然に会話が交わせることも可能です。

前後のスペースを活かせる引き戸

ドア(開き戸)は開閉の際に開く方向にスペースが必要になります。これに比べて横に引くだけの引き戸は、開閉の際のスペースはほとんど必要ありません。かつては、気密性が損なわれるなどのマイナス点もありましたが、最近では気密・断熱性に優れた玄関引き戸も登場しています。玄関ドアをはじめ、室内ドアなども引き戸に変えることで前後の空間を有効に生かすことができ、広がりも得られるメリットがあります。

屋外空間をセカンドリビングに

居間から庭へとデッキやバルコニーを広げていくことで開放的なスペースが生まれます。実際に外に出なくても、バルコニーの床が木に変わるだけで、視覚的に床面積が広がったように感じられます。

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP