Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

広がり演出テクニック - 素材などの演出-

内装の素材、間仕切りなど視覚的な工夫をすることで空間にゆとりを感じさせ、広々とした印象の住まいにすることが可能です。たとえば、各部屋を隔てている壁を、鏡や透明ガラスに変更することで空間に奥行きが生まれます。鏡の映りこみ効果は奥行き感をもたらし、透明ガラスは空間を延長させて広がりをもたらします。上手に取り入れて、同じ面積でも広く見せる工夫をしてみましょう。

鏡の映りこみ効果を利用する

レストランなどを訪れると、鏡を上手に使っているのを見かけます。それほど広くない場所でも鏡の映り込みによって広々と豪華な雰囲気に演出できるのです。この効果をわが家に利用することで狭さを克服することができます。例えばどの家も限られた小さな空間である洗面室や玄関。

ひとつの面に鏡を取り付けることで、空間が映し出されて奥行き感を出すことができます。ダイニングやリビングなど大きな空間でも、壁の一部を鏡貼りにすることで思いがけない広さが演出できます。

POINT

鏡に映りこむ風景を考慮して設置場所を決めましょう。鏡に人物が映りこむと落ち着かないので、座った目線よりも高めの位置に設置するのがおすすめです。

壁をガラスに変える

機能別に分かれた狭い部屋、例えばトイレと洗面室、浴室と脱衣室などの間仕切りをガラスにすることで空間が延長され、広く見せることができます。ガラスは透明ガラスでだけでなく、上半分が透明で下半分は曇りガラス、あるいはグラデーション模様などを選べば適度な区切り感も出すことができます。家族構成やライフスタイルに十分配慮して、どこに採用するか考えるとよいでしょう。

POINT

大きな面積を取りがちなテーブルも、天板をガラス素材にすることで、空間をゆったり見せてくれます。テーブルの脚部は、部屋とのバランスを考慮して、木、スチールなどの素材を選ぶとよいでしょう。床がフローリングの場合は、脚部を木にすると床との調和が取れます。ガラスとスチールは組み合わせやすいので、さまざまな空間に対応できます。

カーテンで天井を高く見せる

天井が高いと圧迫感がなくゆとりを感じられるものです。天井を高く見せるには、部屋の中でも広い面積を占める窓辺がポイントです。縦に伸びる線は高さを強調するので、縦方向に伸びるデザインのカーテンにすることで、窓や天井を高く見せることができます。

間仕切りをなくしてオープンに

機能別に分けた部屋を見直してみることも、方法のひとつ。たとえば、リビングとダイニング・キッチンに分かれている部屋は、仕切りがないと一体の大きな空間となります。家族の顔を見ながら料理ができたり、気軽に家族が料理に参加でき、食を通して家族のコミュニケーションがスムーズになる効果も期待できます。また、トイレと洗面室、浴室と、バスルームを欧米方式のスリー・イン・ワンにするのもひとつの方法です。総面積は変わらず、ゆったりした水廻りスペースが実現します。

スケルトンで存在感を省く

通常壁で囲われている階段を、蹴込み板を省いたスケルトン階段にして、リビングなどに取り込んでしまうのも効果的な方法です。光や風を通すスケルトン階段は、空間が実際よりも広く見えるのが大きなメリット。デザイン次第では空間のオブジェにもなります。そればかりか、2階の個室にいく家族と自然に会話が交わせることも可能です。

前後のスペースを活かせる引き戸

ドア(開き戸)は開閉の際に開く方向にスペースが必要になります。これに比べて横に引くだけの引き戸は、開閉の際のスペースはほとんど必要ありません。かつては、気密性が損なわれるなどのマイナス点もありましたが、最近では気密・断熱性に優れた玄関引き戸も登場しています。玄関ドアをはじめ、室内ドアなども引き戸に変えることで前後の空間を有効に生かすことができ、広がりも得られるメリットがあります。

屋外空間をセカンドリビングに

居間から庭へとデッキやバルコニーを広げていくことで開放的なスペースが生まれます。実際に外に出なくても、バルコニーの床が木に変わるだけで、視覚的に床面積が広がったように感じられます。

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP