Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

子どもたちに「愛」を伝え続けるミッフィーの世界ディック・ブルーナ・ジャパン代表取締役社長鐵田昭吾さん

ディック・ブルーナ・ジャパンは、ミッフィーの版権を管理する日本の拠点。
ブルーナ氏が託した想いを大切にしながら、日本での展開に意欲的に取り組んでいる社長の鐵田さんに、昨年、誕生 60周年を迎えたミッフィーについて伺いました。

フォルムの魅力


ブルーナさんはもともとグラフィックデザイナーで、自分のお子さんに聞かせるためにお話をつくっていました。そのキャラクターの一つがミッフィーで、1955年に本国オランダで「ナインチェ」という名前で絵本デビューしました。日本には64年に「うさこちゃん」として紹介されましたが、海外での翻訳はイギリスとともに世界で一番早かったと記録されています。
ミッフィーの人気は、フォルムの愛らしさと扱うテーマの普遍性にあるのではないでしょうか。たとえば、おばあちゃんが亡くなり、家族でお墓へ行って、そこでおばあちゃんと心をつなぐ。あるいは片耳がたれているクラスメイトに対し、本人が嫌がる呼び方をするのをやめようと友だちに訴える。そうした誰にでも起こりうる出来事をやさしく展開していますから、親御さんが最初にお子さんに読み聞かせる絵本として、とても安心できるのでしょうね。

初期のミッフィーは耳もとんがっていて、現在とは異なる姿をしていました。マチスといった画家から影響を受けたブルーナさんは、「シンプルなものほど心に訴えかける」という哲学を育み、ミッフィーのフォルムもできるだけ線を省くことで生まれました。見る人の想像の余白を残す、ということですね。色も同様で、赤・黄・青・緑のブルーナカラーが基本。たとえば背景色は、室内は赤、室外は緑。うれしいときは赤や黄、悩んだり反省しているときは青と、ミッフィーの心情や環境を色で巧みに表しています。
また、ブルーナさんは「読み聞かせ」をとても大事にしており、それが一番好きな時間だと語っています。本人が読み聞かせをした際、子どもたちが目をじっと見つめたり、絵本に釘付けになっている様子を見て、ミッフィーの目を正面向きに描くようになりました。目にも、読者としっかり向き合いたいという想いが込められているのです。

愛情あふれる家庭


ブルーナさんは両親から愛情豊かに育てられたことが、大人になるにつれ、勇気となり、力になったと語っています。お父さんは出版社を経営するやり手のビジネスマンで、長男としてディック少年に厳しく接することもあったでしょう。一方で、お母さんは絵を描きたい彼の心を理解し、やさしく見守ってくれた。そんな幼少期の環境が原体験として後に影響することを実感し、その想いを絵本にも託しているのだと思います。


ミッフィーのキャラクターライセンスを結ぶ際、大事にしていることの一つは、お互いの理念への共感と、一過性ではない取り組みです。ミサワホームさんは、一貫して「住まいは子育てのために」としての住まいを追求し続け、長きにわたって大切にしてくださっています。住まいというハードと家庭というソフトは、子どもの成長にとっての両輪ですから、ミッフィーが少しでもそのお手伝いができたらと思っています。
大人のミッフィーファンも多いのが日本の特長です。60周年を機に、できるだけ多くの方にミッフィーの魅力と、そのキャラクターを活かした商品のよさが伝わるよう、これからも努めていきたいですね。

Illustrations Dick Bruna © copyright Mercis bv, 1953-2016 wwww.miffy.com

鐵田昭吾 (てつだ・しょうご)

1963年、大阪生まれ。外資系商社を経て、ディック・ブルーナ・ジャパンへ。2005年に代表取締役社長に就任、現在に至る。

早起きして朝時間を活用する -快眠環境-

生活習慣を改めて質の良い睡眠環境づくり

早起きをして、心身ともにすっきりした状態で一日をスタートさせるには、早めに就寝して質のよい睡眠を確保することがとても重要です。快眠のためには、食事、運動、入浴といった一日の過ごし方や、寝室の照明や温度・湿度なども関係してきます。
夏は早起きしやすい季節ですが、日の出が早いため起きたい時間よりも早く目が覚めたり、熱帯夜でなかなか寝つけない、夜中に目が覚めてしまうなどの悩みもつきものです。質のよい睡眠のために、生活習慣と睡眠環境を見直してみましょう。

夕方の適度な運動が効果的

一日を活動的に過ごしていれば自然と夜には疲れて眠くなるものですが、夕方に30分程度の有酸素運動をするとより眠りにつきやすく、眠りも深く安定するようです。

夕食は軽めに

遅い時間に食事を摂ると、消化にエネルギーを使ってしまい寝つきにくくなります。夕食は軽めを心がけ、就寝3時間前にはすませるようにしましょう。

ゆったり入浴でリラックス

運動ができないときは、入浴することで同様の効果を得られます。夏場や疲れて眠いときなど、ついシャワーだけですませたくなりますが、5分だけでもいいので湯船に浸かってみましょう。疲れているときこそ、湯船に浸かることで血行がよくなり眠りやすい状態になり、疲労回復につながります。リラックスするには、40度前後のぬるめのお湯が適温です。就寝1時間前までに入ると、寝るときには体温が下がるので、深い眠りにつきやすくなります。

快眠のための寝室環境

理想的な寝室の室温は夏が25℃前後、冬は15℃前後、湿度は年間を通して50~60%に保つことが目安とされています。最近のエアコンは、節電機能はもちろん、温度コントロールもしっかりしているので、一晩中つけていても冷えすぎることはありません。一晩中つけることに抵抗があるなら、深い眠りに入ったころに切れるようタイマーを2~3時間セットしてから眠るとよいでしょう。節電も大事ですが、我慢しすぎると熱中症を起こす危険があるので注意が必要です。
冬場の乾燥対策として、湿度コントロール機能付きのエアコンは加湿器がなくてもエアコン一台で温度・湿度管理が可能です。

寝室の位置

寝室が西向きにあると、西陽によって室内に熱がこもってしまい、夜寝苦しい原因になります。夏の間だけでも東や北の部屋で眠るのが理想ですが、難しい場合は、遮光カーテンやすだれ、緑のカーテンなどで防ぎましょう。寝室に陽が入り込まないように2階建ての家なら、夏の間だけ1階に眠るようにするとよいでしょう。

騒音対策

寝室での音のレベルが40デジベルを超えると眠りに影響を与えると言われています。静まりかえった夜間、家庭内から出る音は意外と大きいので、電化製品の音の大きさにも配慮する必要があります。人の話し声や車のアイドリングなど外からの騒音には、二重サッシや防音効果のある窓ガラス、厚手のカーテンなどが防音対策として有効です。

騒音レベルの例
エアコン 40~60デジベル
テレビ 55~70デジベル
風呂・給排水音 55~75デジベル

就寝1時間前に光を落とす

朝は目覚めるために強い光を必要としますが、夜の強い光は睡眠の妨げになります。体は眠ろうとしているのに、遅くまでテレビを見るなど脳に刺激を与えてしまっていませんか?
眠りに着く前の室内の照明は300~500ルクス程度がおすすめです。就寝前の1時間ほど前から、光を落とし、眠るときは、真っ暗にするよりも10ルクス(豆電球1つ分)程度のほのぐらい環境のほうが適しているとされています。間接照明などで、眠りへ誘う環境を工夫してみましょう。

なかなか寝付けないときは

ヒーリングミュージックや静かなクラシック音楽、自然の調べなどを聴いてリラックスすることで自律神経が整い、気持ちよく眠ることができます。
ラベンダーやカモミール、マジョラム、ネロリなどの神経沈静効果がある精油(アロマエッセンス)をお風呂に数滴入れたり、アロマポットで香りを楽しむほか、精油を数滴垂らしたハンカチを枕元に置いても効果的です。

多彩な庭を創り、四季の移ろいを潤い豊かに楽しむ二世帯の暮らし

[石川県 Yさま邸]

和の趣を生かした間口23メートルの風格ある佇まい。長く伸びる下屋の水平ラインが美しいYさま邸は、1階が親世帯、2階が子世帯の二世帯住宅です。

石タイル壁のアプローチを歩いて玄関に入ると、地窓から坪庭の眺めが目に入り、つくばいに落ちる水音が心地よく響きます。

さらにリビング、ダイニング、和室と移動する度、異なる風情の庭が現れて目を楽しませてくれます。

「能登の山採りの樹木を植えた6つの庭が、四季折々、それぞれの味わいを見せてくれるので、見飽きることがありません」とYさま。

なかでも伝統工芸の建具やアカマツの床柱など、しつらえに凝った和室はYさまのお気に入り。「輪島塗の座卓で、和庭の景色を愛でながらくつろいでいると、心が自然に和みますね」と目を細めます。

一方、2階・子世帯はワンルームの開放的なLDKをつくり、リビングは平織りのテキスタイルフロアにしてくつろぎ感を。「北欧風のナチュラルモダンな雰囲気にこだわりました」と息子さまご夫妻。

完全分離型の二世帯住宅ながら、仲の良いご一家はいつもご一緒。夕食は1階のダイニングに集まって、毎日家族みんなで賑やかに。ダイニングの外には広いテラスがあり、アウトドアリビングとしても活躍しています。

「家族でバーベキューをしますし、夏はビニールプールを置いて孫たちに水遊びをさせました。
キッチンからも目が届くから安心ですね」と奥さま。3世代6人家族の潤い豊かな暮らしを満喫されています。

和のある暮らし ー和室の魅力ー

和室は日本の家屋に特有のものですが、最近ではライフスタイルの欧米化にともない、畳や和室のない住宅もみられるようになりました。その一方で、あえて古い一軒家を探して、現代風にアレンジするなど、和の暮らしを見直そうとする人たちも増えています。和室はさまざまに活用できる機能性と伝統美を兼ね備えた空間のはずなのに、その魅力については意外と知らないことが多いのではないでしょうか。和室の居心地のよさを再確認してみましょう。

和室は自然素材の温もりある「和み」の空間

和室の畳や障子、襖などの役割と素材の特徴を知り、そのよさを見直してみましょう。
和室の空間には、高温多湿の日本の気候風土を快適に過ごすための先人の知恵が活かされています。それぞれの役割と素材の特徴を知り、現代の暮らしにも有効に活用したいものです。

床の間

床の間は、掛け軸や美術品、草花や季節のしつらえなどを飾るためもので、来客におもてなしの気持ちを伝える意味合いもあります。床の間は、部屋の一部を一段高くした床を南向きまたは東向きにとります。

畳は、吸湿性、吸音性、断熱効果に優れた素材で、高温多湿の日本において、1年を通じ室内の湿度を調節する役割のほか、結露やカビを防ぐ効果もあります。また畳のイグサの香りには、森林浴同様の効果があるとされ、香りや天然素材ならではの手触りが、五感に働きかける心地よさもあります。畳は床に比べ弾力性があるので、小さなお子さまが転んでも衝撃が少なく、遊び場所としても活用できます。そのほかにも、畳には、和室の美しさを引き立てる重要な役割があります。床の間の前の畳を、床の間に対して目が並行になるよう敷くことで水平な線が安定感を生み、床の間を落ち着いて鑑賞できるようになります。

障子

床の間と畳を引き立てるのが、外と中をやさしくつなぐ障子です。障子は、和紙を通したやわらかな光を室内に取り入れる日本独自の文化といえます。障子からのやわらかな光は、床の間に飾られた絵や草花を一層引き立ててくれるでしょう。

襖は、部屋の間仕切りや押入れ、戸棚の戸などに用いられます。素材が紙や布のため、吸湿性、吸音性に優れ、ドアに比べて軽いため簡単に外すことができるので、現代の住宅にも取り入れやすいものの一つです。

和室は「和み」の空間

日本人の暮らしが、椅子やソファに座るスタイルになったとはいえ、やはり、畳に座ったり、ごろんと寝転がったときの安堵感は独特のものです。木、布、紙といった自然素材の優しい手触りや素朴な温もりが和室空間に安らぎを与えてくれるのでしょう。現代のライフスタイルに合わせて、もっと気軽に和室を活用してみることで、和室のよさを見直してみましょう。

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP