Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

京町家に暮らす知恵、ひと手間かけて暑い夏に涼を呼ぶ「京町家再生研究会」理事長小島冨佐江さん

暑い夏、薄暗い座敷から眺める庭の美しさは格別。軒の簾が日差しを遮り、葦戸の素材感も夏の風情。

うだるように蒸し暑い京都の夏。
昔ながらの町家には、涼しさを招く先達の知恵が宿っている。築百年を超える町家に暮らす小島冨佐江さんの夏の過ごし方は、現代にあっても理にかなっていて心地よい。

「通り庭」と呼ぶ土間が夏は風の通り道になる

京町家は吉田兼好が徒然草に「家のつくりようは夏をもって旨とすべし」と記したように、夏の過ごしやすさを意識した工夫が多い。元呉服商だった古い町家に嫁いで28年になる小島冨佐江さんは、暑さ厳しい京都の夏をどんなふうに過ごしているのだろうか。
「真夏でも家の中はひんやりと涼しくて気持ちがいいですよ。日盛りに表を歩いて帰ってくると、家に入ったとたん、すっと体感温度が下がってホッとします」と小島さん。その秘密は風通しにあった。

建具を替えて目にも涼やかになった夏座敷。

京町家の間取りは「ウナギの寝床」と言われ、間口が狭く奥に細長い。表通りに面した側は商いの場で、その先に家族の住空間があり、敷地には通風や採光のために中庭が作られている。そして表通りから奥まで「通り庭」と呼ばれる吹き抜けの土間が続くのが特長だ。ここは人が通り抜けるのに便利なだけでなく、風の通り道にもなる。
表通り側の窓には格子がはめられ、開けていても外から中が見えにくいのも町家の知恵。また、奥へと続いていく部屋の仕切りは壁でなく、すべて襖や障子など取り外しのきく建具が使われている。これらを開放すると、表から奥まで爽やかに風が通り抜け、中庭の緑や風にそよぐ木の葉の音が目や耳に涼を誘う。

葦戸は町家の夏に欠かせない建具。閉めていても風が通り、庭の緑が透けて見える。

「縁の下も空洞になっていますから、下からも冷たい空気が通るんです。夕方、中庭と奥の座敷庭に水をまくと気化熱で気温が下がり、その温度差で空気が動いて、そよ風が家の中を循環するのがわかります」と小島さんは微笑む。  真夏になると2階は熱がこもって暑いが、その空気層が断熱効果を上げるバッファゾーンとなり、1階には暑さが伝わらない。だから小島家では、暑くなると寝室を1階に移動する。
「猫のように寒くなったら温かい部屋、暑くなったら涼しい部屋を求めて動きます(笑)。部屋の役割を固定しないですむ間取りやから、そんなふうに柔軟に使えるんです」

涼やかな夏座敷の室礼 目でも舌でも涼を味わう

座敷と座敷の間に設けられた中庭は通風と採光の役割も果たす。夕方、打ち水をすれば、心地よい微風が生まれる。

空に夏の光が差し込み始め、梅雨が明ける頃、小島家では天気の良い日を見計らって家中の建具を替え、夏の室礼にするのが毎年の習慣だ。襖や障子は外して葦戸に入れ替え、座敷簾を掛け、畳の上にさらりとした足触りの網代や籐筵を敷くと、目にも涼やかな夏座敷に生まれ変わる。
「葦の簾をはめ込んだ葦戸は風を通しながら、きつい日射しを遮ってくれる優れものの建具です。昼下がり、葦戸から庭の緑がうっすらと透けて見える様子は美しいですし、陽光が細いストライプとなってお座敷にくっきりと差し込むと、ああ夏の光やなあと思います」

中庭にはつくばいもあり、水音が涼しげ。

夏が来ると建具を替えるだけではない。小島さんは床の間の掛け軸や置物も夏のものに替えて季節感を楽しむ。そして、お茶受けには夏の冷たい和菓子を用意して、目で舌で涼を味わう。
「青竹に入った水羊羹は見た目も瑞々しいですし、口当たりも良いので、ほどよく冷やしてお煎茶やお抹茶といただきます。寒天やわらび餅をガラスの器に盛っていただくのも夏の楽しみですね。それと祇園祭のときのお客さんには、いつも決まって『葛焼き』という和菓子でおもてなしをします。我が家の夏のお菓子の定番です」
ふだんの食生活においても、季節感を大切にしている小島さん。夏はトマトや胡瓜、茄子など旬の地野菜を積極的に使い、食欲をそそるおばんざいに仕立てる。
「夏野菜には体の熱を取ってくれる働きがあるので、旬のものを口にするのは体のバランスを整える上でもええことやと思います。特に便利に使うのがお茄子ですね。お揚げや身欠きニシンを足して炊いたり、焼き茄子にしたり、蒸してお浸しにしてもおいしいので、つい出番が多くなります」

季節の移ろいを愛で 日々を丁寧に暮らす

欄間障子も開けて通風できる。

京町家の造りや生活には、自然を制覇するのではなく、自然に寄り添って暮らす知恵や心がけが深く根付いている。
「町家に住んでいると気候の変化を肌で感じますから、暑い盛りは水分をようけ取らなあかんとか、バタバタ動かんように過ごそうというふうに、行動にも気をつけますし、体も気候にきちんと順応するからか、あんまり風邪も引きません」と小島さん。むしろ季節の移ろいを身近に感じ、五感が研ぎ澄まされるようだ。
「雨が降っても風情がありますし、風が吹いて木の葉が揺れても何かを感じます。こうした感覚を大事にして、自然と対話しながら日々を丁寧に生きていきたいですね」

小島冨佐江(こじま・ふさえ)

京都市伏見区生まれ。同志社大学卒業。1985年の結婚を機に、百足屋町の元呉服商の町家で暮らす。2012年より、特定非営利活動法人「京町家再生研究会」理事長となり、現在、町家の再生活用、周知など精力的な活動を続けている。主な著書に『京の町家 丁寧な暮らし』(大和出版)、『京町家の春夏秋冬』(文英堂)など。

早起きして朝時間を活用する -朝時間活用術-

朝食でエネルギーを補給し活動的な一日のスタート

睡眠中にエネルギーが消費され、朝の脳はエネルギー不足の状態にあります。目が覚めて、お腹が空いているのは健康的な証拠です。朝食は単に空腹を満たすだけではなく、脳を目覚めさせ、活動的に過ごすために不可欠なもの。朝日の入る明るいダイニングで朝食をとれば、「今日も一日がんばろう!」という気持ちになるでしょう。すがすがしい朝、いつもより1時間自由な時間ができたら、あなたなら何をしますか?

朝日の入る明るいダイニング

北側に配置するのが一般的だったキッチンも、最近では、リビング、ダイニングと一体化したLDKとして、奥まった場所から、家の中心に配置されることが多くなりました。キッチンとダイニングとの間仕切り壁を取り払いオープンにすることで、開放感のある明るい空間が生まれます。

アウトリビングで朝食

晴れた日は外に出て朝食を食べてみては。ウッドデッキを設置して、リビングに連続した「アウトリビング」をつくれば、室内から室外への移動がスムーズになり、気軽に外の空間を楽しむことでできます。

朝の時間をサポートする暮らしの設備

「朝、時間ができたら何をしますか?」との質問には、勉強、読書、散歩、ウォーキング、ジョギング、ヨガなどの運動、趣味の時間、家事、掃除、お弁当づくり、など、さまざまな答えが返ってきます。早起きすることで生まれる基調な朝の自由時間をより快適にしてくれる、便利な設備をご紹介します。

浴室でホットヨガ

女性の間で人気の健康法「ヨガ」。暖かい場所で行う「ホットヨガ」も人気です。暖かい場所では筋肉がほぐれやすく、発汗にも効果があります。近年、家庭用の浴室設備として注目されている浴室暖房乾燥機のミストサウナ機能を活用して、ご家庭のお風呂でもホットヨガを楽しむことができます。ミストサウナは、細かい霧状のやわらかいミストがしっとりと全身を包み込むので、湯船につかるよりも短時間で体の芯から温まり、発汗を促します。浴室の床に、バスマットかバスタオルを敷いてヨガマットの代わりに。キャンドルを灯したり、音楽を流すことでリラックスできる環境が整います。

ガーデニング

広いスペースが無くても、庭の一角やテラスのプランター、バルコニーなどを利用して収穫の楽しみを味わえます。庭やテラスサイドに、収穫したものを水洗いする「洗い場」や、保存する「収納」といったワークスペースがあると、より快適にガーデニングを楽しむことができます。

「洗い場」は建築廃材などをリサイクルした外構素材「M-Wood2」なら、水に強く腐りにくいので、エクステリアに最適です。

朝のうちの家事を済ませる

家事の手間を減らす家電を活用して、家事を朝のうちに済ませてしまえば、午後の時間を有意義に使うことができます。
電力会社の契約内容によっては、午前7時までの深夜電力を有効活用できるものがあり、朝のうちに洗濯や炊事など、電気を使う作業を済ませるのがお得なことも。起きるころに仕上がるよう洗濯機のタイマーをセットして寝て、朝日を浴びながら洗濯物を干せば、体を動かすこともでき、頭も体もすっきり目覚めます。ライフスタイルに合わせて、契約内容の見直しをしてみてはいかがですか。

食器洗い乾燥機

手洗いよりも、水や洗剤の使用量が少なく、負担も軽減されるお助け家電です。食器を洗っている間にほかのことができ、時間の節約にもなります。

ご自慢の愛車が並ぶこだわりのガレージハウス

[埼玉県さいたま市 Mさま邸]

「この住まいは、あくまでもガレージがメインです」といかにもうれしそうに語るMさまご夫妻。ご主人が営む歯科医院とご家族の住居が一体となった建物に隣接し、もう一つのお住まいとして建てられているのがMさま邸です。

なるほど、1階の広いスペースはガレージで占められ、愛車3台とバイク2台が心地よさそうに並んでいます。天井には愛車を照らすダウンライトやスポットライトが数多く設置され、まるでショールームのよう。

また、ガレージ専用の排気ガス排出システムも備えるなど、そのこだわり具合には目を見張ります。

「ガレージ前にカフェコーナーをつくって、仲間と一緒にくつろぎながら車談議に興じるのが目下の夢なんです」とご主人。

その際に簡単なおもてなしができるよう、ガレージの奥にはミニキッチンと冷蔵庫も設置されていました。

一方、ご夫妻に「サブ」と位置づけられている2階の居室には、現在二人の息子さんがお住まい中です。

オープンなLDKに個室が隣接し、屋根勾配を活かした広いロフトや大収納空間「蔵」が設置されているなど、コンパクトながら使い勝手のよい空間になっています。

「将来的には主人の両親や、現役引退後の私たち夫婦が住むことも想定して、設計していただきました。たとえば、洗面、トイレ、浴室は同じスペースに配置したり、LDKと個室を連続させて動線を短くしたり。

ほかにも、防災対策として太陽光発電システムや蓄電池も備えています」と奥さま。

ご趣味を楽しむだけでなく、将来をもしっかりと視野に入れているMさま邸。住まう人の年齢やライフスタイルに合わせて寄り添ってくれる、やさしさ溢れるお住まいとなっていました。

和室のある暮らし ー和室の活用術ー

以前の住まいに比べ、和室が少なくなっているのは、薄暗いイメージがあることが理由の一つかもしれません。それには、窓の位置や障子などが関係しています。現代の住宅スタイルに馴染む、居心地のよい和室を作るには、「和室はこうでなければならない」という固定観念をなくし、思い切って障子を外してみるなど、変化を加えてみるのも一つの方法です。和室作りのポイントを押さえていきましょう。

光を取り入れ明るい和室に

和室では畳に座ることが多いため、座った目線から外の風景が見えるよう、床から40cm程度のところに窓が作られるのが一般的でした。それが、椅子とテーブルのある生活へと変化したことで、椅子に座った目線で90cm程度の高さに窓が作られるようになりました。和室の窓までも90cmの高さになってしまっては、畳に座ると、もはや外の景色は遮られ、視線の先にあるのは壁ということになり、薄暗く、圧迫感のある空間になってしまうのです。光の入る明るい和室にするには、畳に座ったときの視点で、高さ40cm程度のところに開口部をつくることです。家具や飾り物などを置く際も、目線が低くなるよう、なるべく背の高いものを置かないことがポイントです。

もう一つ、和室の薄暗さの原因となっているのが、障子です。障子は引き違いのため、常に一部が閉まっている状態で、全面から光を取り入れることができません。そこで、思い切って障子を外し、リビングとつながりを持たせたり、ロールカーテンやブラインドを取り付けるなど、全面から光が入るようにする工夫で、和室のイメージは大きく変わるでしょう。

開放感を持たせる

リビングと和室につながりを持たせることで、開放感のある空間ができあがります。和室を広く取れない場合も、こうすることで空間に開放感をもたせることができます。リビング・ダイニングで食事をし、食後はごろりと横になれる和室でくつろぐ、といったふうに、洋室と和室を連続した一つのリビングと考えるとよいでしょう。

この際、リビング・ダイニングにあわせ、和室の天井材や壁を洋風に統一することで、部屋に自然なつながりが生まれ、広さを感じることができます。開放感を持たせる洋室と和室との仕切りに変化をつけたい場合は、和室の床の高さを変えてみるのがよいでしょう。つまずくことがないよう、12cm~20cm程度の段差にすると、行き来がしやすくなります。

用途の多様さが和室の魅力

和室は、用途の多様さが大きな特徴です。居間や寝室など日常空間としての活用はもちろん、来客をもてなす客間として、その広さを利用して作業空間や趣味の空間にするなど、多目的に活用することができます。

たまには、ダイニングから和室に食卓を移し、いつもと違う雰囲気を楽しんでみるのもよいでしょう。思いがけない話題が広がるかも知れません。週末には、ご夫婦水入らずで、ワインを楽しみながら、ゆっくり語り合うのもよいものです。また、和室の広さを利用して、着物の片付けや写真の整理など、テーブルの上ではやりづらい作業を広げてできるので便利です。

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP