Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

和室のある暮らし ー和室の活用術ー

以前の住まいに比べ、和室が少なくなっているのは、薄暗いイメージがあることが理由の一つかもしれません。それには、窓の位置や障子などが関係しています。現代の住宅スタイルに馴染む、居心地のよい和室を作るには、「和室はこうでなければならない」という固定観念をなくし、思い切って障子を外してみるなど、変化を加えてみるのも一つの方法です。和室作りのポイントを押さえていきましょう。

光を取り入れ明るい和室に

和室では畳に座ることが多いため、座った目線から外の風景が見えるよう、床から40cm程度のところに窓が作られるのが一般的でした。それが、椅子とテーブルのある生活へと変化したことで、椅子に座った目線で90cm程度の高さに窓が作られるようになりました。和室の窓までも90cmの高さになってしまっては、畳に座ると、もはや外の景色は遮られ、視線の先にあるのは壁ということになり、薄暗く、圧迫感のある空間になってしまうのです。光の入る明るい和室にするには、畳に座ったときの視点で、高さ40cm程度のところに開口部をつくることです。家具や飾り物などを置く際も、目線が低くなるよう、なるべく背の高いものを置かないことがポイントです。

もう一つ、和室の薄暗さの原因となっているのが、障子です。障子は引き違いのため、常に一部が閉まっている状態で、全面から光を取り入れることができません。そこで、思い切って障子を外し、リビングとつながりを持たせたり、ロールカーテンやブラインドを取り付けるなど、全面から光が入るようにする工夫で、和室のイメージは大きく変わるでしょう。

開放感を持たせる

リビングと和室につながりを持たせることで、開放感のある空間ができあがります。和室を広く取れない場合も、こうすることで空間に開放感をもたせることができます。リビング・ダイニングで食事をし、食後はごろりと横になれる和室でくつろぐ、といったふうに、洋室と和室を連続した一つのリビングと考えるとよいでしょう。

この際、リビング・ダイニングにあわせ、和室の天井材や壁を洋風に統一することで、部屋に自然なつながりが生まれ、広さを感じることができます。開放感を持たせる洋室と和室との仕切りに変化をつけたい場合は、和室の床の高さを変えてみるのがよいでしょう。つまずくことがないよう、12cm~20cm程度の段差にすると、行き来がしやすくなります。

用途の多様さが和室の魅力

和室は、用途の多様さが大きな特徴です。居間や寝室など日常空間としての活用はもちろん、来客をもてなす客間として、その広さを利用して作業空間や趣味の空間にするなど、多目的に活用することができます。

たまには、ダイニングから和室に食卓を移し、いつもと違う雰囲気を楽しんでみるのもよいでしょう。思いがけない話題が広がるかも知れません。週末には、ご夫婦水入らずで、ワインを楽しみながら、ゆっくり語り合うのもよいものです。また、和室の広さを利用して、着物の片付けや写真の整理など、テーブルの上ではやりづらい作業を広げてできるので便利です。

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP