Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

暮らしのなかに心地よい「風景」をつくる 建築家 東利恵


「心地よさ」を考えるとき、その一つとして「利便性」があげられる。人は便利なモノやプロセスを通じて、その機能や効率をうれしいと感じる。
「機能性は、日々の暮らしにとって重要な要素ですが、それだけを追求すると、心地よさが失われることもあるのです。たとえば、お茶を淹れるという行為を考えてみてください」と東さん。

「星のや 軽井沢」は自然の地形を徹底的に活かし、4.2haという谷間に建てられたリゾート施設。施設東側に流れる川から引いてできた2つの池を軸に、集いの館、スパ棟、宿泊棟を配置。日本の原風景に彩られた敷地内を散策したり、源泉かけ流しの温泉を楽しむことができる。 撮影/藤塚光政

沸騰したポットのお湯を急須に入れ、それを湯飲みに注ぎ......。
「確かにその方法は便利で速いですね。それをあえて、やかんで湯を沸かし、湯冷ましに注いで適温まで冷ましてから急須に入れ、最後の一滴まで丁寧に湯飲みに注ぐ。もしお母さんがそんなお茶の淹れ方をしたら、その所作を美しいと思うのではないでしょうか。それがゆとりであり、暮らしの豊かさにつながる。日本には歴史に育まれた作法がたくさんあり、それらをなくしてしまうのはとてももったいないことです」

部屋は一人ひとりが思い思いくつろぐことができるよう、「快適性」にこだわったつくりとなっている。 撮影/藤塚光政

つまり、美しい所作が暮らしのなかに「風景」をつくると東さん。その風景を含めた空間にこそ、「心地よさ」があるという。
「自分が何を大切にし、何を美しいと感じるのか、それを見つけることができれば、不便のなかにある快適さを楽しむことができるのではないでしょうか」」

家族のつながりを育んだ狭小住宅「塔の家」

1966年に竣工した「塔の家」は、都心に建てられた東孝光氏の自宅兼事務所。約6坪(約20㎡)という敷地に地上5階・地下1階を棟状に積み立てた鉄筋コンクリート構造で、建築士に残る作品の一つだ。 撮影:村井修

そんな東さんは、一見、「不便でたいへん」そうな「塔の家」に暮らす。約6坪の敷地に建つ「塔の家」は、地下1階、地上5階建て。亡き父、建築家・東孝光氏の傑作の一つだ。各フロアがリビング、水廻り、主寝室、寝室などに分かれ、一切の扉がない。上に伸びる階段を通して、建物全体が一体となっている。
「ここに家族3人で暮らしていました。よく『不便でしょう?』と聞かれましたが、私にとってはこれが普通。今思うとそこでの暮らしから得たものがたくさんあると思っています」
その一つが家族との関わりだという。扉がないため、それぞれの空間で家族が何をしているのかが、気配でわかる。 「気配を察して自分の行動を考え、必要なときには声を掛け合う。自分を主張しつつ、互いを理解しなくては暮らしていけませんでした。反抗期もそうやって乗り越えました(笑)。ほどよく家族を感じ、それが安心感へとつながる。それが『塔の家』なのです」

住まい方に合った有効空間と大切で美しい風景

玄関を除けば、トイレも浴室も含め扉がなく、吹き抜けで開放的な空間設計が狭さを感じさせない。これら都市型住宅群を対象に東孝光氏は1994年に日本建築学会賞を受賞している。 撮影:村井修

実は一時、東さんは広い80㎡ほどの2LDKのマンションに住んでいた。ところが、「塔の家」よりむしろ狭く感じたという。
「それは『個室』の存在が大きかったですね。扉のない住まいで暮らした家族にとって、扉によって仕切られていると、互いに個室で何が起こっているのかがわからず、ストレスになりました。空間の途切れは、家族のつながりも切れるような気がしたのです」
日本人は障子や襖で仕切られた、声や音が聞こえる空間で暮らしてきた。もともと、気配を察するのが上手だったはずだ。
「以前は欧米型のプライバシーを重視した個室が必須と考えられていましたが、今は個室感を減らして家族のつながりを大切にした住まいが増えています。最近では、リビングに階段を設けることで吹き抜けをつくり、そこを通じて1階と2階の気配が伝わるような仕掛けも多くなりました。要するに、家族が共有できる空間をどうつくるかなのです」
空間はタテもヨコも有効に活用できれば、それに越したことはない。しかしながら有効かどうかは、家族の住まい方次第。家族にとって何が大切なのかを見つけ、そこに気持ちのよい「風景」があれば、人は空間のなかに快適さを感じることができるのである。

東利恵(あずま・りえ)

1959年大阪生まれ。86年にコーネル大学建築学科大学院修了後、父で建築家の東孝光氏のパートナーに。現在、東環境・建築研究所代表取締役。住宅のほか、「星のや 軽井沢」「星のや 竹富島」などリゾート施設も手がける。

"心を解き放つ住空間"アウトリビングを愉しむ

アウトリビングとは、文字通り戸外にリビング空間を作ってしまおうという発想。居間から庭側へデッキやバルコニーを広げていくことで、そこに光や風や緑に抱かれた開放的なスペースが生まれます。室内と外を一つの空間として活用すれば、使い勝手も大きく広がっていきます。リビングでのなにげない日常も、戸外の空気の中では、くつろぎに満ちあふれたかけがえのない時間となることでしょう。

アウトリビングは、心を解き放つ住空間といえるかもしれません。同じ食事をするのでも、家の中より外で食べた方がなぜか美味しいと感じますね。それは、食事を五感で味わえるからだと思います。舌で味わいながら、目で風にそよぐ葉を見、耳で小鳥のさえずりを聞き、肌で光や風を感じる。体全体で美味しい時間が共有できれば、おのずと味も変わっていくのでしょう。もちろん、食事だけではありません。一人で本を読む時も、家族や友人たちとくつろぐ時も、アウトリビングでのひと時は室内とは違った新鮮な時間を作ってくれます。

自然を楽しむ

アウトリビングではガーデニングも気軽に楽しめます。例えばコンテナを使い、デッキの上で草花を育ててみましょう。そこに咲く花や集まる蝶や蜜蜂を見ていると、小さな命の大切さに気づいたり、季節の移り変わりが実感できるはずです。ハーブや野菜を育ててみるのも楽しい発見につながります。子供たちの手でパセリやバジルなどを摘んでもらい、そのまま食卓のサラダに添えてもらえば、家族にとってもかけがえのない食卓になると思います。

雨の日のアウトリビングもまたよいものです。小雨なら、パラソルの下で雨を眺めるのもいいでしょう。雨の音や匂いなど、室内では気付かない発見があるはずです。四季を通して自然を感じる暮らしを愉しんでください。

食を楽しむ

家族でバーベキュー、友だちを招いてガーデンパーティ。考えただけでもワクワクしてきます。その楽しさを日常の中にも広げてみましょう。 例えばキッチンで作ったお料理をデッキなどに運んできたり、ホットプレートを使って空の下でのクレープづくり、ブランチや午後のティータイムなど、自然の中でゆっくりと食を楽しむライフスタイルは、家族の会話を弾ませてくれるでしょう。

家族の集う空間が緩やかにつながり、光と温かさが溢れる二世帯住宅

[大阪府 Tさま邸]

やさしい色調の端正な外観が印象的なTさま邸は、二世帯住宅。1階がお母さまの居室、2階と3階がTさまご家族の居室となっています。

以前、ここには古い4階建のビルがあり、そこを二世帯で居室用として利用していたとのこと。 「とにかく夏は暑く、冬は寒かったんです。しかも日中でも電気をつけていたほど暗くて」とご主人。当然ながら、ご希望は「夏涼しく冬暖かく、明るく広い住まい」でした。

「今は、夏も冬も快適です。また全館空調でどこにいても室温の差がなく、母もとても喜んでいます」とご主人もうれしそう。

そして、2階と3階の居室は、主に奥さまのご希望を叶えたもの。 「家族が集まる場所は、仕切りが少なく空間全体がつながっている。そんな住まいにしたかったんです」と奥さま。雁行型に連続したダイニングとリビングは、「立つ位置で空間の見え方が異なる」とご主人もお気に入りです。

3階には吹き抜けに開いた窓も設置し、ご家族の気配が感じられるよう、上下階でのつながりも実現しました。

また、奥さまがこだわったのが収納とインテリアでした。たとえば、玄関に隣接したシューズクロゼット。靴や屋外で使用するものなどが大量に収納できるため、玄関がいつもすっきりと使えると好評です。

インテリアは白を基調としながらも、モダンすぎず、ナチュラルすぎない、暖かみのある色調でまとめられ、空間にやさしさを添えています。

「担当のインテリアコーディネーターの方とは、毎回楽しく打ち合わせができました。プロの知恵を借りながら、私なりのインテリアにできたのがうれしいですね」

元気な3人の息子さんを微笑みながら見守るご夫妻。明るい住まいに、明るい笑顔が溢れていました。

照明の選び方 ー照明選びの基本ー

冬の北欧では、太陽が顔を出すのは日に3時間ほど。一日のほとんどが暗闇に包まれています。その長い夜を快適に過ごすため、北欧の人々は照明やインテリアに様々な工夫を施してきました。事実、名作と呼ばれる多くの照明が北欧から誕生しています。照明は明るければ何でもいいと思われるかもしれませんが、あかりの明暗や照らし方などちょっとした工夫で、お部屋の印象がガラリと変わるものです。照明を上手に取り入れ、ワンランク上の空間づくりを楽しんでみませんか。

あかりの特徴を知り空間にあった照明を選びましょう

照明は明るさや光の色によって印象が大きく変わります。また、電球や照明器具には様々なタイプがあるので、あかりや照明器具の種類や特徴を理解し、空間に適した照明プランづくりに役立てましょう。

明るさと光の色の種類

明るいあかりには活動的な開放感をもたらす効果がありますが、明るすぎると、交感神経が働いて緊張感が高まることもあります。一方、ほのぐらいあかりは、副交感神経が働いてリラックスする効果があると言われています。
また、光の色にも大きく分けて2種類あり、白熱灯はやわらかくあたたかみのある黄色い光で、蛍光灯の青い光は快活な印象を与えます。

照明器具の種類

主照明
1.シーリングライト

天井に直付けする照明器具。部屋全体を均一に照らすので、主照明として用いられます。

2.ペンダント

吊り下げ型の照明器具。ダイニングや和室、吹き抜けなどに。

3.ダウンライト

天井内に光源を埋め込むタイプのため、天井がすっきりした印象になります。

補助照明
4.シャンデリア

華やかに装飾された照明器具。リビングの主照明として、天井の高い空間、吹き抜けなどに。

5.スポットライト

絵や観葉植物など、対象物に集中的に光を当てる照明。

6.ブラケット

壁面に取り付けるタイプの照明器具。補助照明としてインテリアのアクセントなどに。

7.フロアスタンド

床に置くタイプのスタンド。部屋のコーナーやテーブルサイドなどに置いて間接照明に。

8.テーブルスタンド

ベッドサイドや机上に置いて手元灯に。

9.デスクライト

机上に置いて手元灯に。

10.フットライト

足元を照らす照明器具。廊下や階段などに。

シーンに合った照明選び

照明を選ぶ際は、その空間の持つ役割を考えることからはじめてみましょう。例えば、ダイニングルームでは、料理をおいしく見せる照明が必要、子ども部屋では、勉強する際、目に負担の少ない照明が必要...というように照明を考えていくと、シーンに相応しいライティングができるようになります。部屋別にどんな照明が適しているか考えてみましょう。


ダイニングルーム

家族の集まるダイニングルームには、白熱灯の暖色系の光が適しています。暖色系の光はテーブルに並ぶ料理を美味しく見せる効果もあります。

寝室

眠る前のくつろぎのひとときには、あたたかい光を得られるよう工夫しましょう。部屋全体を照らす主照明は蛍光灯で、手元の補助照明にはやわらかな白熱灯がおすすめです。寝室に適した明るさは、物の形がおぼろげに見える程度の20~30ルクスがよいとされていますが、明るさには個人差があるので、自分に適したあかりで眠りにつくのがよいでしょう。

子供部屋

蛍光灯のシーリングライトを主照明に部屋隅々まで明るくし、机にはスタンドを置いて、机上面すべてに光が行き渡るようにしましょう。子供部屋の照明選びは、目の負担を軽減することを最優先に考えましょう。

階段・廊下

夜間にトイレに起きたときのためにフットライト(足元灯)を設置しておくと安心です。足元をしっかり照らし、階段の踏み外しや転倒を防止します。

キッチン

包丁や火を使って作業をするキッチンでは、周囲のものがよく見えるよう、影のできにくい蛍光灯を主照明にし、シンクやコンロ部分に手元灯をつけるなど、明るさを確保しましょう。

照明器具のデザインや電球の色、照明を置く場所によっても光の広がり方は異なるので、ショールームなどで実際に確認してみるのがよいでしょう。光の色や明るさを確認することでよりイメージしやすくなり、照明プランを立てやすくなります。

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP