Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

津軽の城下町に江戸時代から佇む商家「石場家」を訪ねて 石場家十八代当主夫人 石場敏子


津軽・弘前城の前に佇む「石場家」は、江戸中期に建てられた商家だ。
十八代当主の夫人、石場敏子さんは、幾星霜、風雪に耐えてきたこの家を慈しみながら、昔と変わらない店先で今も酒屋を営む。

津軽の貴重な遺構として昭和48年、重要文化財に

切妻破風が映える豪壮な外観。

津軽平野の南部に位置する弘前は、弘前城を中心に開けた古い城下町だ。お城の北側、亀甲門に面した外堀端の四つ辻に、歴史を感じさせる大きな切妻屋根の商家が佇んでいる。正面約37.9メートル、奥行き約39.6メートルの堂々たる構え。江戸時代中期に建てられた石場家住宅である。

石場家は古くからの津軽藩出入りの御用商人で、縄や筵(むしろ)など主にわら製品を扱う雑貨荒物商だった。後には米、肥料を扱うようになり、現在は亡き十八代目当主の夫人である石場敏子さんが、通りに面した店で酒屋を営みながら家を守り続けている。
「石場家がこの地に来たのがいつ頃かは不明ですが、菩提寺に元禄以来の墓碑が残されているので、おそらく300年以上昔から弘前に住んでいたのでしょう」と敏子さんは語る。

板の間の「台所」。その右側が「常居」の間。

この豪壮な構えの建物は、津軽地方の数少ない商家の遺構として、昭和48年に国の重要文化財に指定されている。水害などで土台が腐食していたため、昭和55年から2年かけて大々的な修復工事が行われたが、その際の調査で、構造手法からみて18世紀前半の建築物だと判明。また、主屋部分は19世紀の初めに他から移築されたものだと推定された。
「私が嫁いできたときは今のような状態ではなく、建具で仕切って暖房が効く部屋がつくられるなど、すでにかなり改築されていました。でも、修復工事を行うことになったとき、主人の意向で文化財として後世に残そうと決め、昔の姿に復元したのです。それを機に私たちは隣家に暮らしを移し、現在は文化財として一般公開しています」

手斧(ちょうな)削りの豪壮な梁組み積雪に耐える頑強なつくり

表の通路「コミセ」は雪国のアーケード。

こうして蘇った主屋は、家の表から奥まで土間が通る「通り庭」のつくりだ。屋根は、元は石置きの柾板葺(まさいたぶ)きだったが、現在は鉄板葺きになっている。
特徴的なのが、家の表に軒から庇を長く張り出し、その下を通路にした「コミセ」があることだ。冬の間はコミセの柱と柱の間に板を落とし込んで、雪や風から身を守る歩行空間にする。かつてこの通りに商家が軒を連ねていた頃は、人々が買い物がてら行き来する、いわばアーケードのような役割を果たしていたという。

昔ながらの「ミセ」で今も酒屋を営む。

玄関を入ると右手に「店(ミセ)」があり、表から裏まで三和土(たたき)の土間が走っている。土間に沿って、店の奥に囲炉裏が切られた板の間の「台所(ダイドコロ)」と、居間の役目を果たす畳敷きの「常居(ジョイ)」が並び、東奥には客人を迎える「上座敷」もある。

店に祀られた恵比寿様。

建物は積雪の重みに耐えられる頑強なつくりで、天井を見上げると手斧(ちょうな)で角材に仕上げたカツラの大きな梁組みが圧巻だ。黒光りする台所の床の両端に、どっしりと構える一対のヒバの太柱が、家を支える大黒柱である。
「縁起を担いで、この二本の柱を石場家では恵比寿大黒と呼び、昔から御幣(ごへい)をつけてお祀りする慣わしです」と敏子さん。

通り土間に井戸があり、土蔵ともつながる。

通り庭の土間の奥には土蔵があり、屋内から直接出入りできるのも雪深い東北ならではの知恵だろう。現在は使われていないが、井戸も土間の中央にあり、戸外に出ることなく水汲みができる。
それにしても、こんな広い間仕切りで通り庭が貫く開放的なつくりでは、冬はさぞ寒いことだろう。
「縁の下も素通しですから、冬の寒さは尋常じゃありません。でも、風通しを良くしないと木造建築は長持ちしませんから、江戸時代からそこは我慢してしのいできたのでしょうね。昔の人は囲炉裏だけじゃなく、あちこちに置き炉や火鉢を置いて炭をおこし、暖を取っていたようです」

江戸時代から残る家に感じる深い愛着と安らぎ

明治時代の茶箪笥に年代物のこけしが並ぶ。

今も津軽の冬の寒さは厳しく、敏子さんは「目いっぱい着込み、背中にファンヒーターを背負って店番をしています」と笑う。毎朝、1時間かけて行う店先の雪かきも重労働だ。それでもこの家にいると、なぜか心が安らぐという。
「江戸時代から十八代に渡って大切に住み継がれてきた家だから、目に見えない大きなものに守られているような気がするのです」
昭和40年に石場家に嫁いできた敏子さん。当時はお舅(しゅうと)さんとご主人が靴の卸業を営み、お姑さんと義姉様のご家族が酒屋を切り盛りしていたそうだ。

藁の「弁慶」に川魚を刺して燻製に。

「商売柄、従業員もたくさんいて、人の出入りも多く、大人数の食事を用意するのが大変でした」と懐かしそうに振り返る。
平成元年に仕事をリタイアし、酒屋を継いだご主人は、地元の蔵元に発破を掛けておいしい地酒をつくらせ、店に置くようにした。そして地酒の会を主催し、自分で釣ってきた鮎や岩魚を肴に、囲炉裏端で大勢の仲間とお酒を飲むのが何よりの楽しみだったという。

昔の商家を偲ばせる法被。

昔の姿に修復後、石場さん一家は隣家で暮らすようになったが、ご主人は病に伏すまでずっとこの家で寝泊まりしていたそうだ。
「ご先祖代々の想いが宿ったこの家が、自分の一番落ち着く居場所だと思っていたのでしょうね」と在りし日を偲ぶ敏子さん。江戸時代から今に生き続ける婚家への深い愛着を感じながら、亡きご主人に代わって淡々と商いを続け、凜と背筋を伸ばして一日一日を丁寧に生きている。津軽の石場家は、家も、人も、情緒豊かで我慢強い。

石場敏子(いしば・としこ)

故・18代当主・石場屋清兵衛氏の夫人。昭和40年、石場家に嫁ぎ、一男一女を育てる。現在、ご長男の奥さまと共に酒屋を営みつつ、重要文化財の石場家住宅を守っている。石場家住宅は一般公開されている。

自然の恵みと、働く人々に感謝し家族みんなで秋の味覚を堪能する

どんな過ごし方が正解?イメージが湧きにくい「勤労感謝の日」

11月23日は「勤労感謝の日」。"勤労を尊び、生産を祝い、国民が互いに感謝しあう日"とされていますが、「敬老の日」や「体育の日」に比べ、いまひとつピンとこない人が多いのではないでしょうか?今回は、均等感謝の日にふさわしい過ごし方とはどんなものか、少し考えてみましょう。

元々は収穫祭。秋の実りに感謝し、お互いの労をねぎらう日

元々11月23日は、「新嘗祭(にいなめのまつり/しんじょうさい)」を行う日でした。新嘗祭とは、天皇が秋にとれた新穀を神々に進め、自らも食す、いわば収穫祭のようなものです。一般民衆もそれぞれの地方で神に新穀を捧げ、収穫を感謝しお祝いしてきました。春から続いた労働が実を結んだことを喜び、家族みんなで秋の実りを味わったことでしょう。

このように、元来この祝日における「勤労」とは、農作業を意味していたと思われます。一方、農業中心の昔と違い、現代は様々な種類の労働が社会を支えています。そんな意味も込めて、戦後は「勤労感謝の日」が制定されました。

ほんのひと手間、ちょっとした贅沢で秋を感じさせる食卓に

それでは、どんな風に勤労感謝の日を過ごすか?働いてくれるお父さんやお母さんにプレゼントをする、というお子さんもいるようです。それも素敵ですね。
でもせっかくですから、由来である新嘗祭の意味合いを組み入れてみてはいかがでしょう?"収穫の秋""実りの秋"...新米を始め、美味しいものがたくさん出回る季節です。家族みんなで食卓を囲み、秋の味覚をゆっくりと味わうというのもいいのではないでしょうか。

たとえばひと手間かけるだけで、いつもの食事もワンランクアップします。新米を土鍋で炊いてみたり、栗ご飯やきのこの炊き込みご飯をつくったり。さんまをちょっと豪華な皿に盛って、モミジの葉を添えるのもいいですね。いつもはなかなか手の出ない、お高めの日本酒を飲むのもいいかもしれません。
そうしてゆったりとした時間を過ごすことは、普段の働きの疲れを癒し、英気を養うことにもなるでしょう。その時は、秋の恵みをもたらしてくれた自然と人々、そして目の前の家族に感謝することをわすれないようにしたいですね。

伸びやかな吹き抜けのある平屋、「蔵」の上のスキップフロアが楽しい

[愛媛県 Tさま邸]

Tさま邸は白いタイル張りに黒目地を効かせた外壁が瀟洒な平屋のお住まい。「マンション生活でワンフロアの暮らしに慣れていましたし、いずれ子どもたちは巣立っていくので大きな家はいらないと思い、平屋にしました」とTさま。

木の温もりに満ちたLDKは屋根勾配を生かした吹き抜けの設計で、最高約4mを超える天井が気持ちまで伸びやかにしてくれます。また、全館空調で夏も冬も暑すぎず寒すぎず、自然でちょうどいい温度感。家中どこにいても寒暖差を感じることなく快適に過ごせます。

リビングにある一見飾り棚に見える扉は、大収納空間「蔵」への出入り口となる引戸で、「蔵」の上はスキップフロアでモダンな畳スペースになっています。ここはお子さまたちの大好きな遊び場所。ガラスの腰壁越しにリビングにいるパパやママの姿が見えるから、手を振ったり、声を掛けたりと楽しそう。

「子どもの友だちも、遊びに来るとみんな必ず上がってはしゃいでいます」と笑顔の奥さま。天井にはロールスクリーンが収納されていて、下ろせば畳スペースが個室感覚で使える客間に早変わりします。

「ふだん使わない和室を別に設けるのはもったいないと思って、スキップフロアを畳の間にしました。両親や友人が泊まりに来たときも、下の『蔵』から布団を出して寝てもらえるので便利ですね」
寝室は雰囲気を変えて、カーペットとウォールナットのベッドでホテルのような落ち着いた空間に。広いクロゼットも備え、洋服類をすっきりと収納しています。

誰がどこにいても気配がわかる平屋の暮らしは、仲良しご家族にとって理想のスタイル。「シンプルな空間でどの部屋も明るいから、気持ちも自然と明るくなります」と笑顔で語るTさまです。

照明の選び方 ー補助照明のテクニック&ECO照明ー

やわらかな灯りでホテルのような寛ぎ空間を

ホテルや雰囲気のあるレストランやバーで、落ち着いた非日常の印象を受けるのは、フロアスタンドやブラケットなどの補助照明による灯りで明るさを抑え、空間を演出しているからです。明るさを抑えることは、陰影を深め、部屋全体に奥行きを出す効果もあります。補助照明のテクニックをマスターし、家庭でもホテルのような寛ぎの空間を作り出してみましょう。

いくつかの照明を組み合わせる

照明を上手に使うことで、同じ部屋でありながら、さまざまな表情を演出することができます。そのポイントは、一部屋に一つのあかりではなく、シーリングライトなどを主照明に、ダウンライトやペンダントライト、ブラケット、スタンドなど複数の照明を補助照明として組み合わせることです。

例えば、リビング・ダイニングは、家族が寛いだり食事をしたり、ときにお客様を招くこともある多目的空間です。食事のときは主照明で全体を明るくし、寛ぐときは主照明を消して、フロアスタンドで天井や壁を照らしてみたり、ダウンライトやブラケットのみというように、ライフシーンに合わせ、複数の照明を自由に組み合わせることで、同じ部屋でもさまざまな雰囲気を楽しむことができます。

大人の雰囲気を演出するあかり

リラックスしたいときや大人の雰囲気を楽しみたいときにおすすめなのが、床面使いのテクニックです。スタンドのあかりを床に照らしたり、低いフロアスタンドを床に置いて床からの照明だけにしてみましょう。いつもと違う光の広がりが大人の時間を演出します。また、室内にグリーンがある場合は、床からグリーンにライトを当てると壁に陰ができ、幻想的な雰囲気になります。

アートを感じるあかり

壁に飾られた絵画や写真をスポットライトで照らすことで、ギャラリーのようなライティングも楽しめます。小物やディスプレイ品にスポットを当ててみるのもよいでしょう。どの角度にも自由に光を当てられる照明器具を選ぶと便利です。

ホームシアターを楽しむあかり

テレビを見るときの室内のあかりも工夫してみましょう。映画を楽しむときなどは、部屋の明かりを暗くして映画館さながらの環境で鑑賞される方も多いかと思います。ただ、暗い中で長時間画面を見ていると、画面との明るさの差がありすぎて目が疲れてしまうことも。快適に鑑賞するには、テレビの両側から壁に向けて照らしてみることをおすすめします。やわらかな光が輝度の強い画面の光を和らげてくれます。

ベッドサイドを照らすやわらかなあかり

ホテルの照明使いで最も参考にしたいのは、ベッドサイドの照明でしょう。光源が直接目に入らないためにはシェード型のスタンドまたはブラケットが適しています。光を拡散し、部屋全般を包む柔らかな光が安眠を誘います。

照明もエコの時代

家庭におけるエネルギー消費量でも大きな部分を占める照明。温暖化防止が急務の今、照明の省エネは家庭でできる二酸化炭素(CO2)排出削減策として期待が高まっています。白熱灯に変わるものとして、消費電力の少ない蛍光灯などいろいろなタイプの照明が開発されて種類も増えています。

電球型蛍光灯

蛍光灯の特長を活かしつつ、白熱電球と同じように使えるように改良されたのが「電球形蛍光灯」です。一般用照明の場合、白熱電球を消費電力の少ない蛍光灯(白熱球の1/5)に替えるのが手軽に出来る温暖化対策といえます。現在の白熱電球のソケットも使うことができます。

LEDの特徴を活かした照明プラン

LED単体での使用はもちろん、コンパクトで発熱が少ないLEDの特徴を活かして、壁や天井に照明を埋め込むなどデザイン性の高い照明が実現します。

廊下や階段の夜間照明として

省エネルギーでコンパクトな性質を利用して、廊下や階段の照明、足元灯など、夜間つけておきたい照明器具へ採用するのもよいでしょう。

キッチンや収納に

システムキッチンのユニット下部にLEDが組み込まれ、手元灯として用いられたり、システム収納にLEDが組み込まれているものもあります。

バス・サニタリー

コンパクトなLEDは、バスルームやサニタリーにも適しています。一日の疲れを取るバスルームは、はどこよりも寛ぎの時間を大切にしたいもの。小型タイプの照明をいくつか組み合わせることで、明るさを抑え、癒し感をアップさせます。

屋外での使用も

表参道のイルミネーションの例にもあるように、発熱量の少ないLEDは、植物にダメージを与えにくいので、樹木にスポットを当てるなどガーデン照明にも向いています。また、エクステリアメーカーから、門柱や門扉、手すりなどにあらかじめLEDを取り込んだ商品も発売されているので、屋外でのLEDの活用も期待できます。

補助照明としてのLED

メインの照明に蛍光灯や白熱灯を選び、補助照明としてダウンライト等を組み合わせる方法は、先にも述べましたが、この補助照明としてLEDを組み合わせることも可能です。
まだ家庭用の照明器具としては馴染みのないLEDですが、今後、需要が増えることでバリエーションも増え、価格帯も手ごろになるなど、より身近な照明になることでしょう。

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP