Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

照明の選び方 ー補助照明のテクニック&ECO照明ー

やわらかな灯りでホテルのような寛ぎ空間を

ホテルや雰囲気のあるレストランやバーで、落ち着いた非日常の印象を受けるのは、フロアスタンドやブラケットなどの補助照明による灯りで明るさを抑え、空間を演出しているからです。明るさを抑えることは、陰影を深め、部屋全体に奥行きを出す効果もあります。補助照明のテクニックをマスターし、家庭でもホテルのような寛ぎの空間を作り出してみましょう。

いくつかの照明を組み合わせる

照明を上手に使うことで、同じ部屋でありながら、さまざまな表情を演出することができます。そのポイントは、一部屋に一つのあかりではなく、シーリングライトなどを主照明に、ダウンライトやペンダントライト、ブラケット、スタンドなど複数の照明を補助照明として組み合わせることです。

例えば、リビング・ダイニングは、家族が寛いだり食事をしたり、ときにお客様を招くこともある多目的空間です。食事のときは主照明で全体を明るくし、寛ぐときは主照明を消して、フロアスタンドで天井や壁を照らしてみたり、ダウンライトやブラケットのみというように、ライフシーンに合わせ、複数の照明を自由に組み合わせることで、同じ部屋でもさまざまな雰囲気を楽しむことができます。

大人の雰囲気を演出するあかり

リラックスしたいときや大人の雰囲気を楽しみたいときにおすすめなのが、床面使いのテクニックです。スタンドのあかりを床に照らしたり、低いフロアスタンドを床に置いて床からの照明だけにしてみましょう。いつもと違う光の広がりが大人の時間を演出します。また、室内にグリーンがある場合は、床からグリーンにライトを当てると壁に陰ができ、幻想的な雰囲気になります。

アートを感じるあかり

壁に飾られた絵画や写真をスポットライトで照らすことで、ギャラリーのようなライティングも楽しめます。小物やディスプレイ品にスポットを当ててみるのもよいでしょう。どの角度にも自由に光を当てられる照明器具を選ぶと便利です。

ホームシアターを楽しむあかり

テレビを見るときの室内のあかりも工夫してみましょう。映画を楽しむときなどは、部屋の明かりを暗くして映画館さながらの環境で鑑賞される方も多いかと思います。ただ、暗い中で長時間画面を見ていると、画面との明るさの差がありすぎて目が疲れてしまうことも。快適に鑑賞するには、テレビの両側から壁に向けて照らしてみることをおすすめします。やわらかな光が輝度の強い画面の光を和らげてくれます。

ベッドサイドを照らすやわらかなあかり

ホテルの照明使いで最も参考にしたいのは、ベッドサイドの照明でしょう。光源が直接目に入らないためにはシェード型のスタンドまたはブラケットが適しています。光を拡散し、部屋全般を包む柔らかな光が安眠を誘います。

照明もエコの時代

家庭におけるエネルギー消費量でも大きな部分を占める照明。温暖化防止が急務の今、照明の省エネは家庭でできる二酸化炭素(CO2)排出削減策として期待が高まっています。白熱灯に変わるものとして、消費電力の少ない蛍光灯などいろいろなタイプの照明が開発されて種類も増えています。

電球型蛍光灯

蛍光灯の特長を活かしつつ、白熱電球と同じように使えるように改良されたのが「電球形蛍光灯」です。一般用照明の場合、白熱電球を消費電力の少ない蛍光灯(白熱球の1/5)に替えるのが手軽に出来る温暖化対策といえます。現在の白熱電球のソケットも使うことができます。

LEDの特徴を活かした照明プラン

LED単体での使用はもちろん、コンパクトで発熱が少ないLEDの特徴を活かして、壁や天井に照明を埋め込むなどデザイン性の高い照明が実現します。

廊下や階段の夜間照明として

省エネルギーでコンパクトな性質を利用して、廊下や階段の照明、足元灯など、夜間つけておきたい照明器具へ採用するのもよいでしょう。

キッチンや収納に

システムキッチンのユニット下部にLEDが組み込まれ、手元灯として用いられたり、システム収納にLEDが組み込まれているものもあります。

バス・サニタリー

コンパクトなLEDは、バスルームやサニタリーにも適しています。一日の疲れを取るバスルームは、はどこよりも寛ぎの時間を大切にしたいもの。小型タイプの照明をいくつか組み合わせることで、明るさを抑え、癒し感をアップさせます。

屋外での使用も

表参道のイルミネーションの例にもあるように、発熱量の少ないLEDは、植物にダメージを与えにくいので、樹木にスポットを当てるなどガーデン照明にも向いています。また、エクステリアメーカーから、門柱や門扉、手すりなどにあらかじめLEDを取り込んだ商品も発売されているので、屋外でのLEDの活用も期待できます。

補助照明としてのLED

メインの照明に蛍光灯や白熱灯を選び、補助照明としてダウンライト等を組み合わせる方法は、先にも述べましたが、この補助照明としてLEDを組み合わせることも可能です。
まだ家庭用の照明器具としては馴染みのないLEDですが、今後、需要が増えることでバリエーションも増え、価格帯も手ごろになるなど、より身近な照明になることでしょう。

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP