Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

マイナス45℃の過酷な自然環境 南極の建物に求められる性能とは第58次日本南極地域観測隊長本吉洋一

夕暮れの南極昭和基地。写真中央の建物が管理棟。 撮影/第55次南極観測地域隊 鯉田隊員

第1次南極地域観測隊が観測船「宗谷」で日本を旅立ったのが、1956年11月のこと。 今年60周年を迎えた南極観測は、その長い歴史のなかで数多くの成果を上げてきた。 活動拠点である昭和基地の建物と暮らしについて、3度の隊長経験を持つ本吉洋一さんに伺った。

1957年の昭和基地建設によって、本格的な幕開けを迎えた日本の南極地域観測。その前年に始まった観測隊の派遣は、2016年11月に出発した隊で第58次を数えるまでになっている。
「南極は、わずかな油断で、あっという間に命を落としてしまう場所なんです」
南極の自然環境の過酷さを語ってくださるのは、8回もの南極観測隊の参加経験を持つ本吉洋一さんだ。

隊長が暮らす「居住棟」。秒速60mのブリザードが吹き荒れると、風向きによっては56tの凄まじい力がかかる計算になる。3日以上も続く暴風雪にも耐えるためには、強靭な構造と高い施工精度が不可欠だ。 撮影/中山由美 写真提供/朝日新聞社

「とりわけ厳しいのは、気温と風です。昭和基地では、最も下がったときの気温がマイナス45℃。ブリザード(暴風雪)では、ひどいときで秒速60mもの強風が吹き荒れます。視界が奪われ、ときには自分の手の指すら見えないほどです。もちろん外出は不可能。建物内でブリザードが過ぎ去るのを待つしかありません。そこでは建物が命綱です。建物が壊れてしまったら命を守るすべがないのですから」
3~4日間ほどは続くというブリザード。その間、隊員たちは、かなりの恐怖感と戦わなければならないのではなかろうか。
「いいえ、意外とふつうに暮らしていますよ。建物が非常に頑丈にできていますから。室温も20℃以上に保たれて、とても快適です」

第10居住棟(1968年建設)の120mm木質パネル。室内と室外の温度差が最大70℃にもなる過酷な環境で快適に暮らせる断熱性能を備える。

快適性を実現しているのは、優れた断熱性・気密性をそなえた木質パネルと、高い強度が得られるモノコック構造だ。
木質パネル工法による南極基地の建物は、耐久性にも優れている。場所が場所だけに簡単には建て替えられない。最も古いのは、第1次の観測隊が建てたもの。築60年になるが、今も現存している。

南極で隊員が暮らす約4畳の個室。室温が常に快適に保たれているため、Tシャツなどの軽装で過ごす隊員もいる。

こうした南極の建物は、日本で一度仮組をして強度などを検証し、その後、解体して現地へ運ばれる。現地での施工は、専門家の指揮のもと、研究者など職種に関係なく、多くの隊員が手伝って行うという。
「建築の素人である隊員が施工しても、高い精度で組み立てられるようによく考えられています」

本吉さんは、最後にこう付け加えてくださった。
「南極の生活は、建物への信頼があるから成り立っています。屋外での活動を終えて建物に入った瞬間、心からホッとします。まさに我が家という感じですね」
安心と快適を実現している南極の建物。高断熱、高気密、高耐久、高精度など、ここで鍛え上げられた技術は、日本での高度工業化住宅の発展に活かされている。

本吉洋一(もとよし・よういち)

1954年生まれ。大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構 国立極地研究所教授。極域科学資源センター長、極地工学研究グループ長、広報室長を務める。専門分野は地質学。2016年11月に出発した第58次南極地域観測隊の隊長。南極地域観測隊に参加するのは、1981年から2009年の間に計7回、今回で8回目となる。

カタログ「南極のミサワホーム」
南極の歩き方

南極をもっと知ることができる!

国立極地研究所 南極・北極科学館
住所/東京都立川市緑町10-3
http://www.nipr.ac.jp/science-museum

南極や北極ではどんな観測や研究がおこなわれているかを紹介する広報展示施設として、2010年にオープン。南極観測で実際に使用された数多くの「実物」が展示された館内では、南極の氷や隕石をはじめ、南極点まで走破した雪上車などの実物に触れることができる。入館無料で、撮影も自由だ。

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP