Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

自然が織りなすアートな世界第47次・50次・52次・53次日本南極地域観測隊員井熊英治

南極と聞くと、おそらく激しい風と雪が吹きすさび、外へ出ようものなら一瞬にして凍りついてしまうとてつもなく厳しい自然を思い浮かべることでしょう。もちろん、そうした瞬間もたくさんありますが、澄んだ大気のなかで穏やかな表情を見せる季節もあります。それが、南極の夏。私が初めて降り立ったときも、そんな夏の時季で、眼前には広大で岩盤に囲まれたごつごつした世界が広がっていました。隊員同士では、「まるで火星のようだね」とよく話します。もちろん、誰も火星に行ったことはないのですが。

日々発生するブリザードなど過酷な自然環境の中での作業が行われる。

そうした夏の時季は、隊員にとってはまさに働きどき。気温も比較的穏やかで、戸外での作業をこなしていきます。私の場合は、管理棟や隊員の住居のメンテナンス、当時新たな建設が計画されていた自然エネルギー棟のための地盤調査などが主な仕事でした。昭和基地で働く30数名の隊員は、観測から医療、食事の準備に至るまで、さまざまな任務を課されたそれぞれの分野の専門家集団です。自分の仕事をこなすことが最も重要なことですが、とにかく30数名しかいませんから、必要に応じてお互いに協力し合うこともとても大切になります。つまりチームワークなくして、南極での任務を果たすことはできません。

朝から夕方まで働いた後の楽しみは、やはり食事。そこでの、創意工夫によってつくられた食事は美味しく、明日への活力となるのはもちろんですが、美味をさらに味わい深くしてくれるのが、仲間達との会話です。とにかく周囲にいるのは専門家ばかり。気候や地質など専門的分野の話をプロ中のプロから聞くことができる。そして「すごい仲間と出会ったんだ!」といううれしい思い。これもまた、南極でしか味わうことのできない醍醐味のひとつかもしれません。

 そうした日々の繰り返しですが、自然には何一つとして同じものはありません。たとえば、オーロラ。風にそよぐカーテンのような光がよく紹介されますが、他にも、光が放射状に広がるもの、渦状のものなど形はさまざまです。その美しさは、まさに自然がつくり出したアートといえます。また、足下を見るとガーネットやルビーといった宝石の小さな原石がたくさん転がっています。それらは、地球がとてつもなく長く生きてきた片鱗を垣間見るようで、改めて地球とは何かということを考えさせられます。

井熊英治(いくま・えいじ)

1969年生まれ。1997年、ミサワホーム近畿建設入社。ミサワホーム直施工会社の社員として住宅の施工管理に従事。2005年11月より、「第47次南極地域観測隊(越冬)」に参加。以降、第50次南極地域観測隊 越冬隊、第52次南極地域観測隊 夏隊、第53次南極地域観測隊 夏隊に参加。現地設営部門、建築担当として活躍、2007年3月帰国。2012年4月よりミサワホーム(株)MRD・法人営業部に所属し、全国各地で「南極クラス」を実施している。

カタログ「南極のミサワホーム」
南極の歩き方

お子さまを健やかに育てるための住まい(3)

住まいはお子さまの未来を育むゆりかごのようなもの。教育やしつけ、感性を養うことに役立つ住まいをご紹介します。

●マルチスペース(教育・しつけ・感性)

ベビーコーナー、キッズコーナー、勉強コーナーという風に、お子さまの成長段階に合わせて変化する空間です。おもちゃを思いきり広げてもいい場所を決めると、他の部屋を散らかさないことに気を配れるようになると言われています。リビングの一部など大人の目の届く場所につくると安心ですね。

●ファミリークローゼット(しつけ)

家族全員で共有する収納スペースです。一緒に使いながら整理整頓や洋服のたたみ方を自然に教えることができます。また、お子さまの持ち物から好みの変化や成長を見てとることができます。

●Kプラスカウンター(教育・しつけ)

テーブル側にも収納スペースをプラスしたキッチンカウンター。小皿や箸を収納しておけば、キッチンで料理をしているママの後ろを通ることなく、お手伝いができます。また、新聞や雑誌を置けば社会勉強のきっかけになるかもしれません。

●トップライト(教育・感性)

屋根に設置されるトップライト(天窓)は採光が難しい立地でも明るい子ども部屋を実現できます。

●アクセントクロス(教育・感性)

例えば青色は集中力を高めたり、黄色は元気になれたり。色は人に様々な影響を与えます。お子さまの性格や成長段階に合わせて壁紙の色を選んではいかがでしょうか。

●お風呂で深める家族の絆

お風呂は家族の絆を深める絶好の場所です。いろいろ工夫して、よりいっそう理解し合える場にしていきましょう。

▶裸のつき合いでじっくり話す

お風呂はパソコンやゲームなど普段お子さまが楽しんでいるものが何もない空間です。時にはじっくり裸のつき合いで語り合ってはいかがでしょうか。意外な本音が引き出せるかもしれません。お子さまと同じ目線の高さで向かい合って座れるので、親子の会話が弾みます。

▶素朴な遊びでコミュニケーション

手の水鉄砲、タオルのブクブク遊びに、のど自慢。懐かしいお風呂遊びを通じて、道具がなくても楽しさが生み出せることを教えるいい機会になります。浴槽が小さい...という方にはお子さまと一緒に伸び伸び入浴できる、お風呂のサイズアップリフォームもおすすめです。

さらに、二世帯の間取りと実例を知りたい方はこちら

高天井のリビングで森を眺めて憩う 変化に富んだスキップフロアの住まい

[千葉県 Tさま邸]

ブナやナラの樹木が豊かに茂る公園の森と向き合うTさまのお住まい。ウォールナット色の床や建具で統一されたLDKは、シンプルながら木の温もりを感じるデザインで、リビングは天井高3.5mの吹き抜けになっています。上下に設けられた二面の窓から陽光がたっぷりと入り、窓に目をやると庭の植栽と森の樹木がひとつに溶け合って一面の緑の眺め。駅から遠くない立地でありながら、まるでリゾート地の別荘にいるかのようです。

「ロケーションが気に入って、ここに土地を求めました。朝はダイニングに東側の窓から光が木漏れ日のようにやさしく差し込むので、朝食タイムがすごく気持ち良くて」とTさまは微笑みます。

共働きで子育て中のご夫妻が特にこだわったのは収納プランでした。リビングには玄関ホールから続く土間の大収納空間「蔵」があり、生活用品やお子さまの玩具はもちろん、ベビーカーやガーデニングの道具など外まわりの用具も手軽にしまえて便利です。また、リビングやダイニングにはベンチソファを造り付けて、くつろぎやすさと片付けやすさを両立させています。

「蔵の上のスキップフロアは子どものお気に入りの遊び場になっています。高いところからリビングにいる私たちを見下ろすのが楽しいみたい。ソファでくつろぎながら見守れるから親としても安心ですね」

お仕事、子育てとお互いに多忙ながらも、憩いの時間を大切にされているTさまご夫妻。住空間を美しく保ち、四季の自然に癒やされる心豊かな暮らしを満喫されています。

新旧の"年明け"と厄を払う節分の豆まき

節分と厄年の深い関係?

2月3日は「節分の日」、節分といえば、厄年の人が厄払いをしたり、豆まきで特別な役割を担ったりします。また、厄払いをするのは、松の内から節分までが適しているなどとも言われますね。節分と厄年には深い関係があるようですが、どうしてでしょうか?厄年と節分の関係に迫ります。

そもそも厄年とは?

厄年とは、文字通り災厄に遭いやすいとされる年齢のこと。由来や根拠ははっきりしませんが、平安の昔から根強く伝わる風習です。
厄年とされる年齢は地域や寺社によって違いますが、一般的に男性が数え年で25歳・42歳・61歳、女性が19歳・33歳・37歳と言われています。厄年を「本厄」、厄年の影響が出る前後一年を「前厄・後厄」と呼び、厄払いの祈祷を受け付けている寺社が多くあります。
では、どのタイミングで厄払いをしたらいいのでしょう。基本的にはいつでも構わないし、寺社でも通年受付けているようですが、よく言われるのが「元日から節分までの間」です。

厄年が始まるのはいつからか?

「元日から」というのは、年が明けて厄年に突入したら、ということですね。初詣と一緒に厄払いもしてしまおうという人は多いでしょう。
ただ、この元日とは新暦の元日なので、伝統的な元日とは日にちが違います。月の満ち欠けをベースとした旧暦では、元日は立春に一番近い新月の日。しかし、太陽の動きを元に季節を分ける二十四節気では、立春が一年の始めとなります。

そして「節分」ですが、これは季節の分かれ目という意味。実は、立春・立夏、立秋、立冬、の前日をすべて節分と呼んでいましたが、年が改まる立春が特に重要視され、立春の前日だけが「節分の日」として残りました。
昔からこうした"節目"には、厄払いをしてその後の安泰を願いました。節分の豆まきも、鬼を災厄に見立てたまさに厄払いです。そこで、厄年の人が節分に厄払いをする風習が生まれたのでしょう。
元々の節分の性格に加え、新旧の"年明け"の存在が、「じゃあその間に厄払いをするのが適当かな」という考えを生んだのではないかと思います。とはいえ、厄年に関しては地域や寺社でいろいろと考え方が違います。厄払いに行って当日戸惑わないように、事前によく調べておいた方がよいですね。

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP