Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

新旧の"年明け"と厄を払う節分の豆まき

節分と厄年の深い関係?

2月3日は「節分の日」、節分といえば、厄年の人が厄払いをしたり、豆まきで特別な役割を担ったりします。また、厄払いをするのは、松の内から節分までが適しているなどとも言われますね。節分と厄年には深い関係があるようですが、どうしてでしょうか?厄年と節分の関係に迫ります。

そもそも厄年とは?

厄年とは、文字通り災厄に遭いやすいとされる年齢のこと。由来や根拠ははっきりしませんが、平安の昔から根強く伝わる風習です。
厄年とされる年齢は地域や寺社によって違いますが、一般的に男性が数え年で25歳・42歳・61歳、女性が19歳・33歳・37歳と言われています。厄年を「本厄」、厄年の影響が出る前後一年を「前厄・後厄」と呼び、厄払いの祈祷を受け付けている寺社が多くあります。
では、どのタイミングで厄払いをしたらいいのでしょう。基本的にはいつでも構わないし、寺社でも通年受付けているようですが、よく言われるのが「元日から節分までの間」です。

厄年が始まるのはいつからか?

「元日から」というのは、年が明けて厄年に突入したら、ということですね。初詣と一緒に厄払いもしてしまおうという人は多いでしょう。
ただ、この元日とは新暦の元日なので、伝統的な元日とは日にちが違います。月の満ち欠けをベースとした旧暦では、元日は立春に一番近い新月の日。しかし、太陽の動きを元に季節を分ける二十四節気では、立春が一年の始めとなります。

そして「節分」ですが、これは季節の分かれ目という意味。実は、立春・立夏、立秋、立冬、の前日をすべて節分と呼んでいましたが、年が改まる立春が特に重要視され、立春の前日だけが「節分の日」として残りました。
昔からこうした"節目"には、厄払いをしてその後の安泰を願いました。節分の豆まきも、鬼を災厄に見立てたまさに厄払いです。そこで、厄年の人が節分に厄払いをする風習が生まれたのでしょう。
元々の節分の性格に加え、新旧の"年明け"の存在が、「じゃあその間に厄払いをするのが適当かな」という考えを生んだのではないかと思います。とはいえ、厄年に関しては地域や寺社でいろいろと考え方が違います。厄払いに行って当日戸惑わないように、事前によく調べておいた方がよいですね。

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP