Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

似ているようで結構違う?春を代表する花木たち

梅・桃・桜、見分けられる?

ひなまつりは別名「桃の節句」。桃の花は春の到来を感じさせますが、同じく春を告げる木の花に梅・桜があります。この梅・桃・桜の見分けはつきますか?写真は左から梅・桃・桜です。いかがでしょう、なかなか難しいのではないでしょうか。見分け方のポイントを紹介します。

花弁の形と花柄(かへい)の長さ

梅・桃・桜はいずれもバラ科サクラ属。どうりで似ているわけですね。開花時期である程度区別がつきますが、北に行く程その差は縮まり、東北や北海道では3つの花が同時に咲くのだとか。できれば花そのもので判別したいところです。そこで注目したいのが花弁の形。梅の花弁は先が丸く、桃は先が尖っていて、桜は先が割れているのだそうです。

次に注目したいのが、花柄(かへい)・・・要は花を支える茎の事です。桜はこの花柄が長く、こぼれるような花の付き方。一方桃は花柄が非常に短く、花が枝に沿うような形です。そして梅は花柄がほぼないので、枝にくっつくように花が咲いています。

1節に付く花の数

桜の長い花柄は特徴的なのですぐにわかると思いますが、梅と桃の花柄はあまり区別がつかないかもしれません。そこで着目したいのが、1つの節にいくつ花が付いているかです。
梅は1節に1つの花で、ポツンポツンと花が付く感じです。桃は1節に2つの花が付いて、梅より密集した感じに、開花と同時に葉も出る品種が多いようです。なお、梅は花と葉が同時に出ることはありませんので、ここも判断の基準になりますね。

梅・桃・桜は今も昔も日本人に愛され、改良が加えられてきました。それゆえ様々な品種があり、上記の判別法が適用できない場合もあります。一筋縄ではいかないからこそ、色々な面から違いを見つけ、それぞれの花をよく知る事もまた、愛で方のひとつなのではないでしょうか。花が咲き始めたら、是非じっくり観察してみてくださいね。

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP