Column│新しいライフスタイルのご提案や、子育て、オーナーさまのこだわりのお宅拝見、
著名人によるコラムなど、毎月厳選した住まいに関する情報をお届けいたします。

決断、対応力、発想が求められる日々。心を癒やしてくれたかけがえのない仲間との絆第53次 日本南極地域観測隊員堀川秀昭

オーロラをバックに記念撮影。見るもの、聞くもの、触れるもの、それらすべてが初めての体験だという。それが南極での暮らしだ。

冬季はマイナス40℃を下回ることもある寒さ、そして吹き荒れるブリザード。そんな過酷な自然環境に建つ昭和基地で建物を建設するには、日本の現場にはないさまざまな苦労がある。
「やはり、一番厳しいのは寒さです。たとえばマイナス40℃では、屋外作業は15分が限度です。完全に体が凍え切ってしまいます。室内で30分くらい温まらないと体が復活しないんです」

堀川元隊員が1年4ヶ月過ごした昭和基地。建設という主たる作業はもちろん、ここではあらゆる活動を限られた人数でこなさなくてはならない。

そう語るのは、ミサワホームの大工職・堀川秀昭元南極地域観測隊員(以降元隊員)だ。第53次南極地域観測隊の一員として、1年4カ月もの南極生活を経験した。
「屋外作業中に、うっかり釘を口にくわえてしまうなんて失敗もありました。あっという間に凍って、唇に釘がくっついてしまうんです。無理に取ろうとすると唇まで剥がれてしまいますから、室内で自然に融けるのを待つしかないんです」
昭和基地よりも1000㎞ほど内陸にある「ドームふじ基地」にも随行。そこでは、空気の薄さにも悩まされたそうだ。
「富士山よりも高い3810mという高所ですから、空気がとても薄いんです。はしごに上っただけで息苦しくなるほど。高山病にも似た症状に悩まされる隊員もいましたね」

そうした数々の厳しい作業を経験してきた堀川元隊員だが、彼にとってもっとも辛かったのは、帰国することだったという。
「帰りたくなかったからです(笑)。まだまだ南極にいたかったですね」
限られた物資と、限られた人数で、あらゆる問題に立ち向かわねばならない南極での生活。だが堀川元隊員にとっては、人生観を一変させてしまうほどの素晴らしい体験だった。
「南極では自分自身が決断を下さなければならない場面が非常に多い。臨機応変な対応力や発想力も求められます。また、同じ苦労を分かち合った仲間との絆も、かけがえのないものです」

帰国後の堀川元隊員は、本業である大工職の合間を縫って、「南極クラス」の先生として全国の小中学校を飛び回っている。南極クラスは、東日本大震災をきっかけに被災地支援の一環としてスタートし、未知なる世界である南極での活動を、未来を担う子どもたちに伝え、夢や希望を届ける出張教室の名称だ。現在は全国的な活動として、各地の学校や病院などでも展開している。
「私は子どもの頃に自分の『夢』を見つけることができませんでした。そのまま大人になってしまったけれど、38歳になって突然南極行きが決まり、素晴らしい経験をすることができました。今の子どもたちのなかにも、かつての私同様、夢を見つけられずにいる子どもは大勢いると思います。南極クラスを通じて、そんな子どもたちへメッセージを届けたい。興味があれば、何でも臆せずチャレンジして欲しい。その経験はいつか夢が見つかったとき、必ずつながっていくはずです」
南極での貴重な体験は、堀川元隊員にとっての大切な財産として今も輝いている。

堀川秀昭(ほりかわ・ひであき)

1972年生まれ。1997年より東京ミサワ建設(株)にて大工として住宅の施工に従事。2011年「第53次日本南極地域観測隊 越冬隊 建築・土木部門」に参加。夏期は自然エネルギー棟建設工事等の建築工事に携わる。越冬期後半には日本最南端の基地「ドームふじ基地」の内陸旅行に同行して、天文観測架台建設工事の指揮をとる。2013年3月に帰国後、ミサワホーム(株)MRD・法人推進部にて「南極クラス」の南極先生として南極講演活動を行う。同年7月より現場復帰して大工をしながら南極先生として全国を飛び回る。

カタログ「南極のミサワホーム」
南極の歩き方

犬との快適な暮らし方 -お悩み解消-

愛犬を自由にさせながら自宅もきれいに保ちたい

犬・猫などペットに関する悩みについてのアンケート調査によると、「旅行など長期の外出ができない」を筆頭に、「臭いが気になる」「近所への気配り」「家具や壁、襖などに傷をつける」など、家庭内での悩みが続きました。お互いがストレスなく暮らすためにも、愛犬を自由にさせながら、自宅もきれいに保ちたいものです。最近では汚れやキズがつきにくく、消臭機能のあるペット対応建材が増えているので、臭いやキズのお悩みを解決することが可能です。

Q. 気になる臭いには?

●換気設備で常にクリーンな空気
▶24時間フロアセントラル熱交換換気システム

室内の汚れた空気を排出し、クリーンで新鮮な空気を家中に供給するシステム。ミサワホームの住宅では、愛犬の専用スペースに吹出口を設置することで、臭いがこもるのを防ぎます。

●汚れが染み込みにくい床材

リアルマルチガードフロア

ミサワオリジナルのフローリング。表面を特殊加工しているため、汚れやオシッコが下地に染み込むことなく、水拭きで簡単に掃除できます。

タイル床

オシッコなどの汚れが染みにくく落としやすいので、臭いも残りにくくなっています。

●脱臭効果のある壁材

消臭壁紙

犬から発生する臭いの主成分、アンモニア、メチルメルカプタンなどを効率よく除去。

消臭・調湿タイル

脱臭効果とダニ・カビの抑制効果を持つ壁材。犬がいても室内の臭いが気になりません。

ティオケナフ

木材パルプにかわる非枯渇化資源「ケナフ」を用いた壁紙に光触媒を用いたもの。犬の気になる臭いを光触媒の効果で半永久的に除去します。

Q. 壁や床の傷を防ぐには?

●キズがつきにくい壁
腰壁

表面に特殊樹脂化粧シートを施し、耐傷性、耐汚性をアップさせた腰壁用壁材。汚れや傷に強く、ツメで引っかいても傷がつきにくい。体をこすりつけても臭いや汚れをガードします。

表面強化壁紙

特殊加工により一般壁紙に比べ表面強度が高く、犬が足を掛けても傷がつきにくいのが特徴。マーキングや体の擦り付けによる汚れも洗剤で楽にふき取れます。

●キズに強い床

タイル床

タイル床は、ツメのひっかき傷もつきにくく、メンテナンスのしやすさも特徴です。

Q. 家をきれいに清潔に保つには?

●洗い場&シャンプースペースを設置

雨の日のお散歩や、遊んで泥だらけになったときなど、入り口付近にシャワー設備があると便利です。お湯も使えるようにすることで、バスルームに連れていかなくてもその場でシャンプーができます。犬の洗い場としてだけでなく、庭への水撒きやガーデニングにと日常で多目的に使えます。

●洗面化粧台の設備を充実させる

小型犬なら、バスルームの洗面化粧台まで抱えて行って足を洗うのでもよいでしょう。シャワー付き、温水機能付きが便利です。また、水はね板の設置など、犬を意識した設備を整えると毎日の世話がより楽になります。

住宅密集地でも、間取りの工夫で明るく開放的な暮らし

[宮城県 Oさま邸]

Oさま邸は住宅街の旗竿地を生かした奥行き感のある佇まい。植栽に美しく彩られた路地風のアプローチを進むと玄関ポーチが見えてきます。リビングのドアを開ければ、思いがけないほどのダイナミックな吹き抜け空間が現れ、開放感もひとしお。上下の窓から自然光が明るく差し込み、ここが住宅密集地であることを忘れそうです。床から天井までひと続きに見える縦型ブラインドがより天井を高く感じさせます。

「ソファでくつろいでいるときも、吹き抜けの窓を介して2階にいる家族と笑顔がつながり、おしゃべりができるので楽しいですね」とOさま。

東西南北に窓を設けた風通しの良い設計もご夫妻のお気に入りです。西側の窓からは遠くの森の緑が目に入り、開けると川風が涼しく吹き抜けるので、夏も冷房を使わない日が多いそうです。

ダイニングの南側に設けたキッチンはリビングから丸見えにならないよう、セミオープンの独立型に。キッチンに立つと中庭や玄関ポーチまで目が届き、お子さまの帰宅や中庭で遊ぶ様子もわかります。

「門扉から続く長いタイル貼りのアプローチは、息子の格好の遊び場になりました。週に一度、幼稚園帰りに息子のお友達が寄り道して、ここでみんなでボール遊びをして帰ります。そんなときはクッキーを焼いてふるまい、ママ友と子ども達の様子を見守りながら、おしゃべりを楽しんでいます」と奥さま。
旗竿地を上手に生かして思い通りの明るく開放的な暮らしを実現されたOさま。ご近所のママたちとの楽しい交流の輪も広がりました。

近所で野草採り?遠出して山菜取り?食べて、出掛けて、春を堪能

舌で味わう春の風物詩"山菜"と"食べられる野草"

春は様々な植物が芽吹く季節。様々な山菜や食用となる野草もいっせいに姿を現します。山菜とは山野に自生する食用の植物をいい、土手や畔道に自生するものがありますが、それは自然のままの証拠。野菜に季節感が乏しくなったからこそ際立つ、春の山菜・野草の魅力をご紹介します。

フキノトウ

山菜の中で最も早く採れるのが、フキの蕾であるフキノトウ。雪が解け始める頃に出てくる、春の訪れを感じる山菜の代表格です。アクが強く苦みがあるので、天ぷらが定番の食べ方です。"ふきのとう味噌"も、ご飯にあう一品です。

タラの芽

タラの木の新芽で、こちらも天ぷらが定番です。ほのかな苦みともっちりした食感が人気の"山菜の王様"。採取時期が桜の開花時期と重なることでも知られています。

ワラビ・ゼンマイ・コゴミ

"山菜"と言われて思い浮かぶ姿は、先がくるんと丸まった芽ではないでしょうか?そういった外見を持っているのが、ワラビ・ゼンマイ・コゴミです。

ワラビは先の丸まっている部分が3つなのに対し、ゼンマイ・コゴミは1つ。ゼンマイは産毛のようなものに覆われているのが特徴です。

ワラビ・ゼンマイはかなりアクが強く、特にワラビは微量の発癌成分が含まれていますが、伝統的なアク抜きをすれば分解・無毒化します。一方、コゴミはアク抜きの必要が無いので、手間がかからず食べやすい山菜です。

ツクシ

暖かくなると土手や畔道に顔を出すツクシは春の季語にもなっています。茎の節々についている袴を取り、湯がいてアクを取った後、おひたしや和え物、卵とじ等にして食べると美味しいです。

ヨモギ

ヨモギは繁殖力が強く、稀に市街地などでも見ることができます。春に採れる新芽を茹でておひたしや和え物に、また下茹でなしで天ぷらにすることもできます。しかしなんといっても一番はよもぎ餅(草餅)ではないでしょうか。春の和菓子の定番ですね。

ここでご紹介したのはほんの一部。現在食べられている山菜は、約300種類と言われています。自然の植物には毒を持つものもありますから、むやみやたらと食べるのは危険です。山菜・野草取りの際は、きちんと知識を身に付けて行きましょう!

  • 連載「住まいとお金」ファイナンシャルプランナー 久谷真理子
  • わが家の建てどきガイド
  • 資金計画タイプ別診断 あなたの資金の傾向をタイプ別で診断!

PAGE TOP